お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第602話 "下舵いっぱい!!"

第602話 "下舵いっぱい!!"

扉絵:ウソップとカワウソ

海兵「"麦わら"を討ち取れェェェ!!!」

ルフィ「おっとっと…じゃレイリー!!」

サンジ「急げルフィ!」

ゾロ「レイリー、世話んなった!!」

ルフィ「本当にありがとう!!行ってくる!!!」

ルフィとの修行の日々を思い返すレイリー…。

レイリー「………ああ……頂点まで行って来い!!!」

海軍「一味は42番GRへ向かった」

レイリーが海兵たちの前に現れ、刀で地面に線を引く…。

海兵「!!? 冥王レイリー!!」

レイリー「弟子の船出だ」

海兵「この線は……」

レイリー「超えない事を奨める…」

海兵「こっちだ!!!」

ルフィ「やべェ回りこまれた!……ん?」

ホロホロホロホロ

海兵「うわ!」

ペローナ「やっぱりお前らか、この大騒ぎ…まだここでぐずぐずしてたのか!?」

サンジ「はァ!君はスリラーバークの!!」

ゾロ「お前こそ何でまたここにいるんだ!」

ルフィ「誰だっけ」

ペローナ「この島へ送ってやった恩人に何だその言い草!私がいなきゃお前今頃…」

サンジ「本物の女本物の女……」

ペローナ「当たり前だろ!何の病気だてめェ!とにかく急いで出航しろ!島の側に軍艦が現れたぞ!」



【42番GR 海岸 "麦わらの一味" 集合場所】

ブルック「ヨホホホホホ!!!ウソップさん♪ナミさん♪ロビンさん♪フールァンキーさーん♪」

ウソップ「ブルック!!!」

フランキー「おめェよくスターの座を降りて来たな…あっぱれだ」

ブルック「なんとお懐かしい皆様ーーYEAH!!……ではナミさん…2年振りに……」

ナミ「!」

ウソップ「お…何か歌うのか?」

ブルック「…パンツ…見せて貰ってもよろしいで…」

ナミ「2年前も見せたことないわよ!!!」

ナミが本気で蹴りを入れる…。

ブルック「さ…再会の感動で…ホラ私、胸が震えてる……ガフッ!私…震える胸…無いんですけどー!!ヨホホゴフッ」

ウソップ「大スターが痙攣してるぞ」

ナミ「どいつもこいつも成長してないんだから…」

ブルック「まだ全員ではない様ですね…」

ナミ「今チョッパーが全員を迎えに…」

チョッパー「おーい!!」

トリノ王国の怪鳥に乗って現れるチョッパー達…。

ルフィ「うおーー!!!みんなーーー!!!!!」

全員「ルフィ!!ゾロ!!サンジ!!!」

チョッパー「連れてきたー!」

フランキー「男上げてんなァお前ら!」

ブルック「ルフィさん!お会いしたかった!!」

ウソップ「へへ!またみんな揃った!!」

ナミ「おーい!」

ナミとロビンの姿を見たサンジが鼻血を出してブッ飛ぶ…。

ルフィ「サンジー!?」

ルフィ「うわあーー!!フ…!フ…!フランキーお前ーー!!!」

ナミ「待ってルフィ!気持ちは分かんないけど後にして!軍艦がもうそこにいるって通信が!」

ウソップ「チョッパー!この流血止めてくれ!」

サンジ「…ビ…ビビ…美女が1匹…美女が2匹…美女が3匹…」

すると、サニー号のすぐ近くに砲弾が落ちて来る…。

ウソップ「しまった!もう撃ち込める距離に!反撃するか!やられちまうぞ!」

海兵「撃てー!!撃ち沈めろ!!」

そこに、ハンコックが登場…。

ハンコック「虜の矢!!」

砲弾を打ち落とす…。

海兵「待て!撃ち方止め!!…九蛇海賊団!そこで何をしてる!任務を妨害する気か!」

ハンコック「誰じゃ!わらわの通り道に軍艦を置いたのは!」

ロビン「あれは…九蛇のマーク…」

ナミ「くじゃ?」

ロビン「王下七武海"海賊女帝"の統べる屈強な女人海賊団よ」

ウソップ「七武海!?何じゃあの絶世の美女は!!」

ブルック「わ!眩しい!ひ…光ってます!美しさが留まる所を知らない!な…なぜ七武海が今ここに!?」

ルフィ「お!ハンコック達だ!」

ウソップ「え?」

ハンコック(ルフィ…今の内じゃ)

ウインクをするハンコック…。
ブルック「わあ!今こっちに目配せを!!」

ルフィ「助かった!今の内に出航だ!」

ナミ「あの七武海と知り合いなの?」

ルフィ「ああ…俺"女ヶ島"に飛ばされたからみんな友達なんだ」

ウソップ「女ヶ島って伝説の女だらけの夢の島!?ホントにあんのか!?」

サンジ「…あの女帝と…仲良し!?おめェちゃんと修行してたんだろうなー!!!」

ルフィ「おう!バッチリだぞ」

サンジ「お前!!俺なんかなァ!俺なんか……」

フランキー「バルブ開くぞ!船底のエアバッグから空気を入れる!」

チョッパー「お!!」

ウソップ「何だ!?ゼリーが膨らむ!!」

チョッパー「うわー!!シャボン玉の屋根ができた!!!…どうかしたか?ウソップ」

ウソップ「…お前ら海兵全部やっつけて来たのか?」

チョッパー「いや…まだいっぱい海兵の声聞こえてたぞ!」

ウソップ「それにしちゃ陸から追って来ねェな…」

フランキー「来ねェなら結構だ!来る前に出航しちまおうぜ!勝手にトラブル中ならラッキーだ」

通信をする海兵…。

海兵「こちら援軍第3小隊!!42番GRには到達できそうにありません!!」

海兵「なぜだ!?」

海兵「突如巨大な昆虫が立ち塞がり…!!」

海兵「昆虫!?」

海兵「ぎゃー!!」

ヘラクレス登場…。

ヘラクレス「武運を祈るん!ウソップン!!」

海兵「こちら第4小隊!!申し訳ありません!突然の雨で火薬をやられ武器が不能に」

海兵「…雨!?どこに雨が降っている!?シャボンティ諸島、本日全域快晴だぞ!!」

ハレダス登場…。

ハレダス「雷はやめとけー!!市民に当たったらどうするんじゃい!それにしてもいい風が吹いたなぁ…ちょうどシャボンティ諸島…ナミちゃんはええ娘じゃからよーそりゃー頑張れよー…ウェザリアは淋しくなるけどのー…」

海兵「こちら42番GR中央第5小隊!先行した第2小隊が全員ネガティブになっており!」

海兵「何の話だ!?ネガティブ!?」

海兵「彼らの証言によれば麦わらのルフィは巨大な鳥に乗って逃走!」

海兵「鳥!?お前たちはそこで何をしてる!!」

海兵「ノミになりたい…だめだ…もうコケになりたい…」

海兵「我々は今予想だにしない妨害に遭い…!」

ニューカマー登場…。

オカマ「あたすらの誘い断るってどういう事!?」

オカマ「照れ屋!?」

オカマ「一緒にお茶しましょうよーう!」

海兵「心が…!!折れそうです!!!」

オカマ(サンジキュン…今の内よ)

サンジ「ハウッ!!」

ウソップ「おい!どうしたサンジ!!」

サンジ「いや…わ…わからん!心臓を握り潰される感じが…」

ナミ「みんないい!?コーティング船は色々な圧力を軽減する力を持ってるの!つまり、コーティングした船の浮力が足りなくなり、今船底を支えている"浮き袋"を外すと船は海底へ沈んでいく……そういう仕組み」

ルフィ、ゾロ「なるほどー」

ナミ「分かんないわよね」

フランキー「浮き袋外したぞ!!」

ナミ「了解!!沈むわよ!みんなすぐに帆を張って!!」

ブルック「帆!?」

ロビン「コーティング帆船は海流を風の様に受けて動かすそうよ」

ウソップ「沈めば勝手に着くんじゃねェのか!」

ルフィ「出航か!?ナミ!!」

ナミ「ええ、どうぞ?船長」

ルフィ「ほんじゃ、野郎共!!ずっと話したかった事が山程あるんだけど…!!とにかく!!2年間も俺の我が儘に付き合ってくれてありがとう!!!」

サンジ「今に始まった我が儘かよ…」

ウソップ「まったくだ!お前はずっとそうなんだよ!」

海兵「少将殿!海賊船が海中へ逃げます!!」

少将「くそ!貴様ら奴らがどれほどの凶悪犯か分かっているのか!!」

ルフィ「出航だああああああああああああ!!!!!!」

全員「オオオオオオオオオオ!!!!!」

「行くぞォ!!!魚人島ォーーー!!!!!」


ワンピース ネタバレ 第601話 "ROMANCE DAWN for the new world"―新しい世界への冒険の幕開け―
ワンピース ネタバレ 第603話 "心に留めておけ"
スポンサーサイト
最新ネタバレ  
ホーム  次のページ »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。