スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

第11話 "敗走"

斬り刻まれたバギー。

ゾロは「なんて手ごたえのねェ奴だ」と。

しかし、バギーが斬り刻まれたのをみたバギー海賊団の一味はヘラヘラ笑っている。

「・・・・?」なにかおかしい。

ゾロが斬り刻まれたバギーの死体に背を向けた瞬間。

ドスッ!!!

ルフィ「ゾロ!!??」

斬られたはずのバギーの手が勝手に動きゾロの脇腹を後ろから刺した。

なんと勝手にバギーの手が動いている!!!

斬り刻まれたバギーの体が勝手に動きバギーの体が元に戻る。

「バラバラの実、それがおれの食った悪魔の実の名だ!!!俺は斬っても斬れないバラバラ人間なのさ!!!」バギーは叫ぶ。

脇腹を刺されたゾロはかなりの重症だ。

それをみたルフィは「逃げろ!ゾロ!!!」

ゾロは「了解」

ゾロはルフィが入った鉄の檻を背負って逃げだす。



第10話 "酒場の一件"
第12話 "犬"
東の海編  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。