スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ予想 第583話 Part2

ワンピース ネタバレ予想 第583話 不確かな物の終着駅(グレイ・ターミナル)

表紙はホグバックとアブロサムの婚活

ルフィ「おれ 山賊大っっ嫌いなんだ!!」
ダダン「黙れクソガキ あたしらだっておめぇみたいの預けられて迷惑してんだ!!」
「ここに居たくなきゃ好都合!!出てってその辺で野垂れ死んじまえ!!」
手下「まーまーお頭」

大量の肉を食らうエースを見て腹の虫を鳴らすルフィ
ルフィ「メシ食い足りねェ おれもあの肉食いてェ!!」
ダダン「あの肉もこの肉もエースが獲って来た野牛の肉だ!!あたしらにも分け前を渡す事で食卓に並ぶんだ 山賊界は不況なのさ」
「明日からおめェ死ぬ気で働いて貰うぞ!!掃除・洗濯・クツ磨きに武器磨き!窃盗・略奪・サギ・人殺し!!!」
「いいな…!!ここでさせられた事は絶対にガープの奴にチクるんじゃねェ!!」
ムシャムシャ肉を食いながらルフィを怒鳴るダダン

茶碗とコップの絵
ダダン「1日1回茶碗一杯の米!!コップ一杯の水!! これだけは保障してやる」
「後は自分で調達するんだ!!そして勝手に育ちな!!」
ルフィ「わかった」
ダダン「んわかったんかいっ!!!泣いたりするトコだそこはァ!!!」
激しくツッコむダダン
ルフィ「昔じいちゃんにジャングルに投げ込まれた事もあるし ミミズもカエルもヘビもキノコもここが森なら腹一杯食える おれはいつか海賊になるんだ!!それくらいできなきゃな!!」

スタスタと部屋を出てくエースを見て
ルフィ「あいつ…どこ行くんだ?」
ダダン「おめェがどこ行くんだよっ!!!…それより海賊って言ったか 今!!?」

走って先を行くエースを追いかけるルフィ
ダダン「ホラ見ろ逞しすぎだよ!!!だからヤなんだよガープの孫なんて!!!」
手下「まーまーお頭」

ルフィが追いかけてくるのに気づくエース
エース「………」
ルフィ「おーい!!おれルフィって言うんだ!!ツバつけられた事おれはもう怒ってないぞ!!」
エース「………」

シャンクスとの酒場での回想
ルフィ「なんで笑ってんだよ!!あんなのかっこ悪いじゃないか!!」
シャンクス「ただ酒をかけられただけだ怒る程の事じゃないだろう?」

森に戻り
ルフィ「怒る程の事じゃない 友達になろう!! どっか行くのか~~?」

エース「………」
エース黙ったままルフィ目掛け大木を蹴り倒す
大木が転がり焦るルフィ
ルフィ「ん?」
ルフィ「うわああああああ!!!」
バキバキドゴゴォン!!
大木に押し潰されるルフィ
ルフィ「ああああああ」
エースは涼しい顔

やがて橋を渡るエース 追いついてきたルフィ
ルフィ「ハァ…ハァ…」
エース「!?」
気づくエース
ルフィ「………ハァ」

ルフィの方へ歩み寄るエース
持っていた棒でルフィをぶん殴るエース
ルフィ「ぎゃあ」
橋の下に谷底に殴り落とされるルフィ
ルフィ「ああああああ~~……」

場面は夜になりアジトに戻る
ターバン被った手下が話し掛ける
ターバン「エース…おめェ…一人で帰って来たのか」
エース「……………」
ターバン「あいつは? ルフィはどうした一緒じゃねェのか?」
エース「知るか」

ターバン「……初日から行方不明ってマズくにーっすかお頭っ!!」
ダダン「放っとけ!!死んだら死んだで仕方ねェ!!」
酒を飲みながら話すダダン

ダダン「だいたいこちとらエースの奴もとうに見離してんだ!! どこで野垂れ死んで貰ってもガープにゃ事故だと報告すりゃいいと思ってんのに 憎まれっ子世に憚るとはこの事だ!」

アジトの外に出てたエースがダダンの話を聞いてる
エース「…………」
ダダン「″鬼の子″だよ!!?万が一政府が嗅ぎ付けてみなよ あたしら一体どんな目にあうと思う!!?」

手下「まーまーお頭……」
エースは黙って聞いている

場面変わり一週間後の夜

手下「お頭っ!!ダダンのお頭っ!!」
「ルフィの奴帰って来やがったぜ!!!」
ダダン「コイツ…生きてやがったのかいっ!!」
手下「まーまーお頭」
ダダン「おめェ一体どこ行ってたんだよ!!!」
服が破けボロボロのルフィ

ターバン「まーまーお前どこで何してたんだ」
ルフィ「…谷の下で狼に…追いかけられてた…」
ターバン「谷底!?何しに行っティたんだ!?」

場面は寝床に移りルフィは寝床に投げられる
ダダン「今日はもう寝ちまいな!!明日からキッチリ働くんだぞ!!」
エース「…………」
後ろに投げられたルフィを片目を開けて気づくが喋らない

ルフィは爆睡しやがて朝になる
アジトを先に出るエースをまたルフィが追う
ルフィ「今日もどっか行くのか!?エース!!」
エース「!」
ルフィに気づく
ルフィ「おれも連れてってくれよ!!友達になろう!!」
エース「……………」

何も言わず走るエースを追いかけるルフィ
ルフィ「待てよーー!!今日は見失わねェぞ!!」

ターバン「お頭っ!!あいつまたエースを追って!!」
ダダン「コラルフィ~!!お前はウチの雑用をやるんだよ!!!クソガキ言う事聞きゃしねェ!!」
怒鳴るダダン

場面変わり8日目
巨大ワニの川に落ちるルフィと岩場にエース

10日過ぎ
エースは崖上から岩を大量にルフィ目掛け落とし逃げる絵

大きいヘビを背にエースを探すルフィの絵

追いかけては見失い
しかし毎日毎日
1ヵ月2ヵ月
巨大な鳥に捕まりかけるルフィの絵

雨の日も風の日も―
ルフィは必死にエースを追いかけ続けた
滝に落とされたルフィをターバンが救い口から水を吹くルフィの絵

生傷絶えぬ追跡が3ヵ月を越えた頃―
巨大な虎や熊に囲まれたルフィを上から見下ろすエースの絵

ルフィ「ハァ… ……………ハァ」
森を抜ける
ルフィ「あ…森を抜けた……」

―ダダン一家の住むコルボ山を北へ抜けるとこんな場所がある―
ここはいつも悪臭が漂う場所―
捨てられた大量のゴミ山は日光による自然発火でいつも煙を上げている―
ルフィ「おえっ!!くっせ~~~何だここ」
巨大ゴミ山の絵

不要になったものがここに集まる
物もそうだが―
人間もそう―

ルフィね前に刃物を持った男
男「オウ…どけ小僧…」
ゴミ山住人「殺しだァ~~!!」
他の住人「そっちへ逃げたぞ――!!」

当然″無法地帯″……医者もなく犯罪と病気が蔓延している―
―ここは「不確かな物の終着駅」グレイターミナル

何かに気づくルフィ
ルフィ「あ!!」
ゴミ山をこそこそ登るエース
エース「サボ!!サボいるか!!」
凍えで問い掛けるエース

サボ「おお エース」
エース「悪ィ遅くなった」
サボ「遅かったな おれはもう町で一仕事してきたぞ」
ニッと笑うサボ
エース「そうか 実はおれもだ!!」

エースが大金を持っきて驚くサボ

シルクハットにゴーグルを着けた少年
サボ【10歳】グレイターミナルに住む少年 どん!!

札束を掴むサボ
サボ「うわ!!すげェ!!おれよりすげェ!!大金だぞどうした!?」
エース「大門のそばでよ チンピラ達から奪ってやった!!どっかの商船の運び屋かもな」

サボ「くっそ~~今日も敗けたなー」
地面にある隠し金庫の扉を開けて話す二人
中身はお金や宝石や貴金属

それを見ながら話す
エース「どっちが勝ってもいいだろ いつか二人で使う海賊貯金」
エース「貯め始めて もう5年になるな…苦労した」
サボ「そうだなー「海賊船」なんていくらあれば買えんのかな」
エース「さァ…何千万か何億か…まだまださ 早くしまえよ誰かに見られるかわからねェ…」

それを下から見て聞いたルフィ
ルフィ「海賊船~~!!?お前ら海賊になんのか!?」

ルフィに焦るエースとサボ
エースとサボ「……………!!」
ルフィ「おれも同じだよ!!!」

ルフィがエースのもとへ行くが縄で縛られる
ルフィ「エースお前毎日こんなとこまで来てたんだなァ」
エース「だまれ」

サボ「コイツかよ お前が言ってたルフィって奴」
エース「とうとうここまでついて来やがったのか 人が通れる様な道は通ってねェのに…」
ルフィ「お前エースの友達か?お前も友達になろう!」
笑うルフィ
サボ「だまれ」

サボ「だからお前もここに住めってのに…!!毎日往復″山道修業″がアダになったな!どうする」
エース「秘密を知られた…………放っといたら人に喋るぞコイツ…」

エース「殺そう」
サボ「よし そうしよう」
ルフィ驚き叫ぶ
ルフィ「え~~~~~~~~~っ!!?」

ルフィの顎を押さえつけるサボ
サボ「バカ 静かにしろ!!」
ルフィ「殺されるとは思わなかった~~~~~!!!助けてくれ~~~~~!!!死にたくねェよ~~~~~~!!!」
泣き叫ぶルフィ
エース「サボ!さっさと殺れ!!」
サボ「何言ってんだ お前が殺れよ!!」
エース「おれは人なんか殺した事ねェよ!!」
サボ「おれだってねェよ!!やり方わかんねェ」
ルフィ「助けてくれ~~~~~!!!」
エースとサボ「うるせェ~~~~~~~~!!!」

誰かが森の中に来る
「森の中から声が聞こえたぞ!! 子供の声だ…」
!!?
サボ「しまった誰か来るぞ!!」
エース「とりあえずこいつの縄を解け!!ここから離れねェと宝が見つかっちまう!!」
焦るエースとサボと人が来て喜ぶルフィの絵

刀をもった首なし大男が登場

ブルージャム海賊団 船員 ポルシェーミ どん!

ポルシェーミ「ここらじゃ有名なガキだ″エースとサボ″ お前らから金を奪ったのは…その″エース″で間違いねェんだな!!」
エースにやられた船員「はい…情けねェ話です 油断しました」
ポルシェーミ「呆れたガキだぜウチの海賊団の金に手ェつけるとは………!!」
「これがブルージャム船長の耳に入ったら…おれもおめェらも命はねェぞ」

陰から見るエース達が小声で話す
エース「…しまった あのチンピラブルージャムんとこの運び屋だったのか…やべェ金に手ェ出しちまった…!!」
サボ「本物の刀持ってんぞ 手下のポルシェーミだ あいつイカレてんだ!!知ってるか!?」

焦るサボ
サボ「戦って敗けた奴は生きたまま″頭の皮″を剥がされるんだ…!!」
エース「!!?」

横にいたルフィがいないのに気づくサボ
サボ「あれ?あいつは?」
エース「あ」

ルフィ捕まってる絵
ルフィ「離せ~~~~~!!コンニャロォ~~~~~~!!」
エースとサボ「何で捕まってんだよ―――!!!」
焦るエースとサボ

ルフィ「助けてくれ―エース~~!!!」
エース「!!?」
咄嗟に隠れるエースとサボ
エース「あのバカおれの名前を……!!」

ポルシェーミ「…………… エースって言ったか今… お前…………エースを知ってんのか…?」
ルフィ「友達だ!! あ…でもさっきおれ殺されかけた…」

隠れながら見てるエース
エース「あいつベラベラと……」

ポルシェーミ「一応聞くが今日エースの奴が…おれ達の金を奪って逃げたってんだよ…」
ルフィ「!」
ポルシェーミ「どこにあるか知らねェよな」
ルフィ「……………!!」

サボ「やべェ…宝全部持ってかれちまう!!」
エース「喋んじゃねェぞあのバカ………!!」
黙るルフィ

とぼけ顔で口笛 ガーン!!
ルフィ「し…し…知らねェ」
ポルシェーミ「ウソ下手っ!!!」
焦りツッコミ

ポルシェーミ「くくっ ……よしよし知らねェなら仕方ねェ…」
ルフィを掴んだまま連れて行くポルシェーミ
ポルシェーミ「くくくく!!思い出させてやるから 安心しろ…!!」
ルフィ「何だ おい!!離せよ!!どこ連れてくんだ!!!畜生ォ!!!」

エースとサボ「……………!!!」
再び焦る
ネタバレ予想  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。