お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

第1話 ROMANCE DAWN -冒険の夜明け-

富・名声・力

かつてこの世の全てを手に入れた男

"海賊王"

ゴールド・ロジャー

彼の死に際に放った一言は

全世界の人々を海へ駆り立てた

「おれの財宝か?欲しけりゃくれてやるぜ…」

「探してみろこの世の全てをそこに置いてきた」

世は大海賊時代を迎える





とある小さな港村。

ルフィは自分の左目下のまぶたにナイフを突き刺し、

自分を航海に連れて行けと、シャンクスにせがむ。

が、シャンクスは10年早いとルフィを相手にしない。

そんな中、山賊棟梁ヒグマがシャンクスに酒をぶちかましケンカをふっかける。

ケンカをふっかけられたシャンクスだが、ケンカは買わず笑って済ませる。

そんなシャンクスを見たルフィはどうも納得しない様子。



ある日、酒場で山賊と再び出くわしたルフィは、

シャンクスの悪口を言う山賊にけしかける。

しかし手も足も出ないルフィは山賊にボコボコにされ殺されそうに…

そこにシャンクス登場。

シャンクスに向かって銃を向ける山賊。

シャンクスは「銃を抜いたからには命を懸けろよ」

と同時にシャンクスの仲間が山賊を殺す。

赤髪海賊団VS山賊

戦闘勃発。

またたくまに、山賊を全滅させる赤髪海賊団。

が、山賊棟梁ヒグマは煙幕を使いルフィを連れさり逃げる。




ヒグマはルフィを連れ去ったまま小船で海に。

ルフィは小船から海に突き落とされる。

ゴムゴムの実を食べたルフィは泳げず、

「うわあああ、がば…ば、だれか…助け…」

そこに近海の主の怪物も現れの絶体絶命。

が、シャンクスが助けに来る。

溺れているルフィを助けたシャンクスは近海の主の怪物にするどい目つきで一言

「失せろ!!!」

近海の主の怪物は脅えて逃げ去る。




絶体絶命のピンチから助かったルフィだが、

なぜか泣きじゃくっている。

シャンクスは「おい泣くな、男だろ?」

ルフィは「…だってよ…、ジャングズ………腕が……」

シャンクスはルフィを助けるために、左腕を近海の主の怪物に食べられていたのだ。

「安いもんだ、腕の一本くらい…」



『海の過酷さ』『己の非力さ』

そしてなにより、

『シャンクスという男の偉大さ』

をルフィは知った。

そして、こんな男にいつかなりたいと・・・




それから数日後、シャンクスとルフィの別れの日が来る。

ルフィは「いつか海賊王になってみせる」と宣言。

それを聞いたシャンクスは、自分の麦わら帽子をルフィに預ける。

「いつかきっと返しに来い。立派な海賊になってな」

と言葉をそえて。






時は過ぎ10年後、ルフィ船出の日。

10年前の近海の主の怪物をぶっ飛ばしルフィは一言

「海賊王におれはなる!!!!」

かくして大いなる旅は始まったのだ!!!



第2話 その男"麦わらのルフィ"
東の海編  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。