お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース 簡易ネタバレ 第586話 "悪臭のする町"

ワンピース 簡易ネタバレ 第586話 "悪臭のする町"

エース:-この”ゴミ山”を燃やす!!?何でそんな事すんだよ!!!
ブルージャム:バカ野郎大粉声出すんじゃねぇ・・・”ゴミ山”の連中に聞こえちまうだろ
ルフィー:大変だゴミ山のおっさん達に知らせないと!!コイツやっぱ悪ィ奴だ!!!
ブルージャム:皿愚なと言ったろう・・・オイ抑えろ!!・・・別に黒幕はおれじゃねェ
エース&ルフィー:!?
ブルージャム:おめェらが昨日今日と運んだのは油と爆薬 人間が逃げきれねェ程の火事が起きる
流石の悪ガキ共も腰が引けたか・・・
だか作戦を知っちまったんだ・・・おめェらを解放するわけにゃあいかねェ
エース&ルフィー:!?
ブルージャム:火事の前に・・・一つ聞きてェ事があるんだか・・・
-なァ おめェら・・・どこかに財宝をタメ込んでやしねェか?
エース&ルフィー:・・・・・・・・・!!?

ブルージャム:ゴミ山は全て燃やしちまえ野郎共!!!
ハハハ この仕事が完了すりゃあおれの長年の夢が叶う!!!
おれたちは国王から称号を受け 貴族となって「高町」にすめるんだァ!!!
ギャハハハ
-もうボチボチおれ達も危ねェな・・・!!
大門へ非難するぞ軍の奴らが持ってる
ブルージャムの部下:ブルージャム船長!!・・・それが!!
コレ・・・!! 船長まさか・・・!!
おい!!てめェらどういうつもりだ!!?
門を開けろォ!!!軍隊!!!

門を叩いてる ドンドンドン!!
ブルージャムがめっちゃあせってる

ブルージャム:ここからおれ達は非難できる手ハズだろ!!?
約束はどうした!!?国王!!この仕事を終えたら・・・おれ達を貴族に・・・!!!
てめェらハメやがったのかァ~~~!!?
国王~~~!!!

エース:よし!!切れたぞ!!
エースがロープ切ってる ルフィーは口を開けて泣いてる
ルフィー:熱ィ!!熱いよォ!!!もう逃げられねェ!!
エース:くそっ!!とんでもねェモンに巻き込まれた!!
泣き言言う奴は置いてくぞ!!!
ルフィー:ウ!!あつくねェ!!

エースとルフィー非難してる
ルフィー:うわ!!熱ィ!!熱くねェ
エース:ハァ・・・外はもう火の海だ!!
ルフィー:ゲホ・・・息が苦しい・・・苦しくねェ
空気が・・・熱い!!熱くねェ・・・!!
エース:何とかなる!!おれがついてる
町人:聞いたか・・・!?この火事の犯人かゴミ山のブルージャム海族団だそうだ
やっぱりか奴ら以外に考えれねェ・・・!!
世界政府の視察団が来られねェ様に事件わ起こした様だ・・・

サボ:エース~~~~~!!ルフィー~~~~~!!逃げろォ~~~~~!!
ドラゴン:おいあのガキまだいるぞ!!放り出せ!!!
サボ:ウ・・・
サボ投げられる ドサッ!!
謎の男:・・・どうした少年
サボ:・・・・・・
おっさん・・・ハァ この火事の犯人は・・・・ハァ・・・
ドラゴン:・・・・・・!!
サボ:"王族"と”貴族”なんだ・・・!!ハァ・・・本当なんだ
この町はイヤな匂いがする・・・!!! ハァ
人間のイヤな匂いがする!!!
・・・ここにいても・・・!!
おれは自由になれない・・・!!!
-おれは・・・貴族に生まれて恥ずかしい!!!
ドラゴン:-(とうとう子供にコレをいわせるのか・・・!!!) { ゴア王国!!}
・・・・・・・わかるとも・・・・・
おれもこの国に生まれた・・・・・!!
-しかしまだおれにはこの国を変えられる程の力がない・・・!!!
サボ:おっさん・・・おれの話聞いてくれるのか
ドラゴン:ああ・・・わすれない
エース:走れルフィー!!!
イワンコフ:ドラゴン・・・!!準備が出来ティブルわよっ!!!
ドラゴン:・・・ああ



ワンピース 簡易ネタバレ 第586話 "悪臭のする町"

ルフィとエースがゴミの山に縛られる。

ブルージャム達が国王に頼まれてゴミ山を火事にし、火事の犯人をルフィとエースに仕立て上げようとする。

その火事の理由は天竜人を来させない為である。

成功すればブルージャム達は貴族にしてやると国王に言われているが、国王に騙されいて、火事現場のゴミ山に閉じ込められる。

ルフィとエース縄をといて火事から逃げようとする。

サボが門の裏から大声で叫ぶが届かない。

ドラゴン登場しサボがドラゴンに訴えかける(火事の真犯人は国王だと)。

イワンコフが「ドラゴン、準備完了」と言って完



ワンピース 簡易ネタバレ 第586話 "悪臭のする町"

サボを思うなら、ほっとけと。構うならおまえらをころすとブルージャム

警察署みたいなとこで
ルフィとエースについて聞かれるが話せないとサボ

家に帰ると養子の弟
数日後に天竜人が来るから町を綺麗にする。焼き尽くす。と弟


サボ脱走。
町の様子見

また自宅に帰り脱走。
町人に町を燃やすことを知ってるか?と問うサボ
だいたいの人(貴族)は知ってると答える。


サボ走りだす。父サボがいないことに気づく。


ブルージャム、ゴミ山を燃やすことをエースルフィに話す。
燃やす前に財宝のありかを聞き出そうとする



深夜 風も強く
火事が起きる
ゴミ山に住む人、高町以外に住む人が逃げ回る。

何もかもが燃えていく…


ブルージャムも高町に入れるはずだったが…


ルフィエースはゴミ山に縛られていた。


エースとルフィを心配し高町(門)ギリギリまで行くと兵に投げられる。


そこに黒装束の男
サボ火事の犯人を黒装束男に話す
泣きながら…今の気持ちを話す


何かの準備が終わり動き出す黒装束


火の海を逃げ回るエースとルフィ。



ワンピース 簡易ネタバレ 第586話 "悪臭のする町"

ブルージャムは貴族に生まれたかったよう。
サボが貴族だったことでお前ら見下されてたんじゃないのかと言われ、つっかかるルフィたち

サボに近づくならお前らを殺さないといけないだが、兄弟を思うなら放っといてやれとブルージャム。

ポルシェーミの一件で因縁があるが、強いやつは好きだから歳は関係ない。
人手が足りないから仕事を手伝えルフィたちを雇うブルージャム。

仕事は地図の×印に荷物をおくこと。サボがいねぇと嫌だとボヤくルフィだが、
サボの本当の幸せがわからない二人は本当に嫌なら戻ってくる、様子を見ようとブルージャムの仕事を手伝う。

ゴア王国検問所。前科があると高町には入れないので、二人に唆されて仕方なく暴力事件に巻き込まれていたという事実(嘘)を
いう様に父親に言われていたが、あいつらはそんな奴らじゃない、そんなこといえないと叫ぶサボ。
そんなサボにあいつらの命は海賊の手の中、私の采配ひとつだと耳打ちする父親。
盃を交わしたことを思い出しながら、あいつらには何もしないと約束したからここに戻ってきたんじゃないかと反論するサボ。
そんなサボに業を煮やし、検問所の職員に大金を渡す事で中に入る書類を手に入れ高町に入ることに。

家に帰ると母親とニコニコした小さな子供が。
子供は8歳のステリー、他の貴族の家系が育児放棄したのを養子として引きとった子ども。
サボが人生を失敗したときの代わり。

部屋にいるとステリーが。さっきとは打って変わった酷い態度で、サボをバカにしたり実子は戻ってこないほうがよかったのにと罵る。
さらに明日の夜は”可燃ごみの日”ゴミ山にいたら死んでたのに悪運が強いねと続ける。

その言葉に、可燃ごみの日について詳しく聞きだすサボ。このことは何ヶ月も前に決まっていたようで、世界政府の視察団が、東の海を回っていて、ゴアには3日後にくる。
今回はその船に天竜人が乗っているので、少しでも気に入られたい王族は、この国の汚点を全て焼き尽くす事に。

それが可燃ごみの日の詳細だったが、そんなことできるわけないあそこに人もいるし、住む場所も失うと激怒。

それに対して、汚点は全部燃やすって言ったろというステリーに、全ての中に人も入ってる事を悟ったサボは家を飛び出し、近くの民家?に。

そこでは明日の作戦を話し合っていて、ブルージャムが関わっていること、それが事実であることを知るサボ。
サボを心配しながら寝るルフィたちのカット。

翌日、サボの元へ家庭教師が挨拶しにくるが、何も異変がなく、普通すぎることに違和感を覚え、皆が知らないからだとこっそり抜け出す。

風が強い、火事などの事故も起きやすいから気をつけねばと国王が言うカット。(多分わざとそういってる)

抜け出したサボは近くの人に可燃ごみについてきくと、知ってるがそれがどうした、皆が黙認すべきことだと当たり前のように言われ、皆が知っている事に驚く。

サボを探す人達に見つかり走り去るサボ、走りながら、この町はイカれてる、これから人が死ぬと知っても飯をくい、勉強をしろと言う。ゴミ山から逃げろとルフィたちを思いながら自分もゴミ山へ向かう。

ルフィたち。今日になって初めてゴミ山を燃やす事をブルージャムから教えられたルフィたちは、他の人に知らせようとするが、取り押さえられる。

自分達が運んだのがその油と爆薬であることを教えられ、さらに財宝のありかを聞かれる。
そして深夜、端町の住民、コルボ山のダダンたち、中心街の住民達がゴミ山が燃えているのを見つける。

国の軍隊が市民は端町から中心街へ避難をと告げる。
ゴミ山では住民が逃げ惑っているが、海岸も森も火の海で逃げ場がない。

ブルージャムは国王から称号を受け、貴族となって高町に住む約束で仕事を引き受けたが、避難できるはずの門は開かない。ハメられたブルージャム。

縛られているエースとルフィ。縄を切り、逃げようとするが周りは火の海。泣き言をいうルフィになんとかなる、俺がついてるとエース。

街では、火事の犯人はブルージャムで、視察団がこれないように事件を起こしたんだという偽情報が流されていた。

ゴミ山の門の前でルフィたちに逃げろと叫ぶサボ。しかし軍隊に門の近くから放り出される。

そこへフードを被った男が。サボは男にこの火事の犯人は王族と貴族。

この街はゴミ山よりもイヤな匂いがする、人間の腐ったイヤな匂いがする、ここにいても俺は自由になれない!俺は貴族に生まれて恥ずかしいと泣きながら叫ぶサボ。

この言葉にとうとう子供にこれを言わせるのかゴア王国・・・と男。
そしてサボに"俺もこの国の生まれだ"。"だが今の私には変えられるほどの力はない"とサボに伝える。

俺の話し聞いてくれるのかときくサボに、ああ・・・忘れないとドラゴン。
火の海を走るエースとルフィ。
準備が出来ティブルわよ、と聞き覚えのある言葉つかいで男をドラゴン呼ぶ仲間。
ドラゴンがあぁと答え次号。



ワンピース586話画バレはこちら
簡易ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。