スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第597話 "3D2Y"

第597話 "3D2Y"

扉絵:ロジャー&白ひげ



【偉大なる航路 クライガナ島 シッケアール王国跡】


ゾロ「頼む……俺に剣を教えてくれ!!」


ゾロがミホークに土下座している…。


ミホーク「……見損なったぞロロノア……お前は敵に教えを乞おうというのか…恥を知れ」「出ていけ!つまらん男に用はない…」


ゾロ「…………」


ミホーク「俺はお前を過大評価していたようだ…何をしてる…見苦しいだけだ」


ゾロ「強くなりてぇ!!!」


ミホーク「…ヒヒにやられて海へも出られずノコノコと帰って来るような男に教える事は何もない」


ゾロ「ヒヒなら倒した…」


ミホーク「!?」


ミホーク(…あいつらを!?)


ゾロ「後はお前の首だけだ!だが今お前に勝てると付け上がるほど俺はバカじゃねぇ」


ミホーク「分からんな…俺をまだ敵と見定めて、なぜ俺に頭を下げ教えを乞う?何の為にだ!!」


ゾロ「お前を越える為…!!!」


ミホーク「くくっ……ワッハッハッハッハッハッハッハ!!!!俺の首を狙う剣士を俺の手で育てろと言うのか!?おかしな奴だ!!」「フフ…バカバカしい見映えのせん行為に変わりはないぞ」


ミホーク「どうやら野心に勝る物を見つけた様だな……おいゴースト娘!!アイツの手当をしろ!」


ペローナ「ムッ!おい私に命令するな!」


ミホーク「稽古は傷が治ってからだ」


ゾロ「!!!」


ミホーク(不器用な奴め…お前の様な男がプライドを捨てる時は必ず誰かの為だと決まっている)




ペローナ「3D(×)2Y?本当だ…"麦わら"の右肩にタトゥー」


ゾロ「俺達はある場所に3日後に集合する約束をしてた…それがこのザマ……」


ペローナ「3DAYSで"3D"ってことか…でも"3D"は×で"2Y"……2YEARS!!!」


ゾロ「2年……集合は3日後じゃなく2年後……他の行動は世間の注目を集める為のフェイクだ…これは俺達だけに向けられたメッセージ……そしてルフィの決断だ…焦っても今の俺達じゃ新世界は駆け上がれねぇ!立ち止まって力を付けるんだ…そしてまた必ず集結する!!」


ゾロ「2年後に!!!!シャボンティ諸島で!!!!」



【数日前 "凪の帯"海上】


ルフィ「ジンベエ…色々ありがとう!!!」


ジンベエ「…なんの…礼を言うのはこっちの方じゃ!インペルダウンでお前さんに死に場所をくれと頼んでおいて、みっともなくも生き残ってしもうたが…これから先またお前さんの力になれる事もあるじゃろう……ともあれ2年後、魚人島で会おう!お前さんと仲間達がやって来る日を楽しみにしておる!!」


ルフィ「うん!!!」


ジンベエザメに乗ったジンベエが魚人島に帰って行く…。



【"凪の帯" 女ヶ島より北西の無人島"ルスカイナ"】


レイリー「この島は打って付けだ!48季と言って…週に1回季節が変わる過酷な島だ」


ハンコック「ルフィ!わらわ…毎日毎日そなたの為に女ヶ島よりお食事を届けに参ります!! 」


ルフィ「えーっ!ホントかよハンコック!!じゃあ俺名物のゴルゴンなんとか頼む!あれ美味かったな!」


ハンコック「も…勿論!そなたの好きな物をいくらでも持参する!そして今ので名を呼ばれたのが10回目…こ…これが婚約…!?」


ニョン婆「違う!」


レイリー「ハンコック…そう甘やかして貰っては困る!ルフィ君の修行中、女達の出入りは厳禁だ」


ハンコック「何故そういう事をそなたに決める権利があるのじゃレイリー!!」


レイリー「食料ならば山に森に川に海にいくらでもある!それくらいサバイバルも出来ずに海賊などやっていけん!全てルフィ君の為だ!」


ハンコック「ルフィの為…なら我慢…しかしレイリー、この島は本当に危険なのじゃ!もし何かあったら…」


レイリー「何もなければ修行にならん…心配なら祈っていてくれ」

レイリー「さて…この島には人間はもはや我々2人だけ…見ろこの大自然!!」


レイリー「大昔…ここには国があったという…だが生存競争に人は敗れた…過酷な天険の地だ!!!」


ルフィ「大冒険の匂いがする!!!」


レイリー「猛獣の数が夥しいな…とても数え切れない…今の君では討ち取れん様な生物がざっと…500体以上…力を付けねば夜もオチオチ眠れんぞ」


ルフィ「なんで居るとか数とか分かんだ?」


レイリー「人ごとではない…君もこの力を身に付けるんだ……"覇気"という力を…」


そこに、突然巨大な象が現れる…。


ルフィ「出た!!出たぞレイリーのおっさん!!後ろ!!」


レイリー「いいかルフィ君…覇気とは全世界の全ての人間に潜在する力だ…"気配"、"気合"、"威圧"……それらを人として当たり前の感覚と何ら違いはない…ただし大半の人間はその力に気づかず、或いは」


ルフィ「象!?すげー象だ!!」


レイリー「引き出そうにも引き出せず一生を終える…疑わないこと……それが強さだ!!よく見ておけ…覇気は大きく2種類に分けられる」


ルフィ「危ねぇ!!!」


レイリー「大丈夫…象は鼻で私の頭を狙っている」


ルフィ「え……」


象の攻撃をかわすレイリー…。


レイリー「相手の気配をより強く感じる力…これが"見聞色の覇気"!!」


レイリー「これを高めれば視界に入らない敵の位置…その数…更には次の瞬間に相手が何をしようとしているかを読み取れる」


ルフィ「あ……」


サンダーソニアの(先読みできる)覇気と、エネルのマントラを思い出すルフィ…。


レイリー「空島スカイピアではこれを"心綱(マントラ)"と呼ぶ」


レイリー「次に"武装色の覇気"…これは見えない鎧を着る様なイメージを持て」


象がレイリーを踏み潰そうとしている…。
しかしそれを片手で弾き返すレイリー…。


ルフィ「あれは…!!知ってる!!」


マリーゴールドや戦桃丸に攻撃を弾かれた事を思い出すルフィ…。


レイリー「より固い鎧は当然攻撃力にも転じる」


レイリーがルフィにデコピンをする…。


ルフィ「痛てぇ!!!俺ゴム人間なのに!!!打撃がいてぇ!!!! 」


レイリー「この力の有効な点はここだ……悪魔の実の能力者に対して弱点を突く事を除いては、この"武装色の覇気"がこの世で唯一の対抗手段であると言うこと……ほぼ無敵にすら感じるロギア系の能力者の流動する体も実体として捕らえる事ができる」


ルフィ「おっさんが黄猿に触れたのはこれか…じゃあ海軍のケムリンにも青キジにも攻撃を当てられるんだな」


レイリー「九蛇の弓矢を見たことがあるか? この力は武器に纏わせることもできる」


ルフィ「ああ…鉄の矢かと思ったんだ」


レイリー「"見聞色"…"武装色"…この2種類が"覇気"だ!しかし、世界には極稀にこんな覇気を扱える者がいる……」

怒り狂った象が突進してくる…。


レイリー「!!!!」


レイリーの放った覇気に象が気を失って倒れる…。


レイリー「これが相手を威圧する力……"覇王色の覇気"……この世で大きく名を上げる様な人物はおよそこの力を秘めてる事が多い…ただしこの"覇王色"だけはコントロールはできても鍛え上げる事ができない…これは使用者の気迫そのもの…本人の成長でのみ強化する…」


ルフィ「オークション会場でおっさんがやったやつ…」


レイリー「もう体験しているハズだ…キミの覇王色の資質は既に目を醒ましている…完全にコントロールできるまでは多用してはならない…周りにいる関係ない人間まで威圧してしまうからな…………どうした?」


ルフィ「すげぇ………海賊王の船員はこんな怪物を手も触れずに倒すのか…?」


レイリー「…わはは!少しは尊敬したか!」


ルフィ「うん!でも俺この覇気っての…色んなとこで見たことがあった…」


レイリー「そうだろう…だが取得は容易ではない…本来短か過ぎるが君は資質が強い…何とか2年間で"見聞色"…"武装色"…"覇王色"まで基礎は叩き込んでやるつもりだ」


ルフィ「うん」


レイリー「だが大体の人間は得手不得手によって得意な色に力は片寄る…それを見極め…後は得意な色を伸ばすことだ…それぞれ強化すれば出来ることの幅が広がる」


ルフィ「うん!わかった!」


レイリー「さて鍛えるとなれば…私は甘くないぞルフィ…!!」


ルフィ「おう!望むところだ!!…あ!ちょっと待った!海賊"麦わらのルフィ"はちょっと休業だ」


ルフィは麦わら帽子を外す…。


ルフィ「ここだけ安全っておっさん言ってたな」


帽子をそこに置く…。


ルフィ「そうだ…これも」


レイリーのビブルカードを麦わら帽子に入れる…。


レイリー「おい急げ!始めるぞ!!」


ルフィ「わかったよ!よろしくおっさん!!」


レイリー「ダメだ!『お願いしますレイリーさん』だ…いやレイリー先生…師匠?」


ルフィ「よろしくお願いしますレイリー!!!」


レイリー「まぁ……何でもいい……」

ワンピース ネタバレ 第596話 "SPECTRUM"
ワンピース ネタバレ 第598話 "2年後"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。