スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

第25話 "ウソ800"

ウソップにぶん殴られたクラハドールだが、まだ悪口をやめない。

もう一度殴ろうとするウソップだがカヤにとめられスタスタと屋敷を出ていく。



ウソップが出て行ったあと、カヤはひどく落ち込んでいる模様。

そこにクラハドールが食事を持ってくる。

しかし、カヤは食欲がないと食べない。

そんな落ち込んでいるカヤを見てクラハドールは、

「路頭に迷っていたとき、クラハドールはカヤのお父さんに救われた。

お嬢様のカヤの身に万が一何かあったら、

死んでしまったお父さんに顔向けができない。」

だからウソップにきつめの悪口を言ったと語りだす。

それを聞いてカヤは少し元気を取り戻す。




一方屋敷から追い出されたルフィとゾロとナミとウソップ海賊団。

ルフィはウソップのもとに向かった。

そこに後ろ向きで歩いてくる変な男。

催眠術師ジャンゴ登場。

ジャンゴは催眠術を披露し自分が寝てしまう。




場所が変わって村のハズレの崖の上。

1人たそがれるウソップのもとにルフィ現れる。

ルフィはウソップの親父ヤソップを知っていると語りだす。

ウソップの親父ヤソップは赤髪海賊団に所属し、射撃の腕は天下一品。

そんな話をしている中、崖の下でクラハドールと催眠術師ジャンゴが

なにやら怪しげな話をしているのを見つける。

聞き耳を立てるウソップとルフィ。

"お嬢様暗殺計画"

そんな言葉がウソップとルフィに聞こえる。



第24話 "偽れぬもの"
第26話 "キャプテン・クロの一計"
東の海編  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。