スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第615話 "マトマトの呪い"

第615話 "マトマトの呪い"

扉絵 世界の甲板から「コルボ山」

ブルック「ちょっとちょっとルフィさん!!」

右大臣「おい待てメガロ!!」

「どこへ行くのだああああああ!!!!」

しらほし(お父様・・お兄様・・・お城の皆様お許しくださいませ・・)

(無断で外出致します!お夕食までには帰ります!!)

ルフィ「いくぞ散歩!!」

右大臣「何だというのだメガロ!」

「硬殻塔の扉を開け放って行くとは姫に何かあったら・・・」

「ガイコツ急げ姫の安全確認を!!」

ブルック「ちょっとホネ使いが荒いですよ!」

右大臣「!!?いなーーーーーーーい!!しらほし姫がいない!!!!」

ブルック「え!?人魚姫さんいないんですか!!?」

右大臣「おおお!!大変だ!!国家的一大事だ!一体いつ!何者の仕業だ!これは誘拐事件に他な らん!」

海賊「魚人島と竜宮城をつなぐ連絡廊・・・その開閉スイッチはどこにある・・・」

ブルック「え!?スイッチ!!?」

右大臣「ガイコツ!とにかくネプチューン様の下へ急げ!この事態をすぐに報告せねば!」

海賊「やるしかねぇんだおれ達は・・・・命令通り・・・ヤツらの言う事を聞く他・・・生き残る術がねぇ・・ 」

「早く教えろ・・・・」

「でなきゃ殺されちまうんだよ!!!」

ブルック「何の話ですかあああ!!?」



【魚人島「サンゴが丘」】

チョッパー「おいサンジ!!なんで結局兵士全員やっつけちゃうんだよー!」

サンジ「くっそー竜宮城へ行くチャンスだったのにコイツら手錠するなんて言い出すから・・」

チョッパー「みろ周りのやつらがおれ達を白い目で見てるぞ!深海魚のような白目で!」

サンジ「ガタガタいうな!やっちまったモンはしょうがねぇだろ!」

チョッパー「やっちまう前に考えろよ!」

サンジ「おめぇも半分やっちまったろ!カンフーで!!」

「アレ・・中々強かったな・・」

チョッパー「そ!そんな事言われても嬉しくねーぞコノヤロー」

キャー!!

海岸から血まみれの人が!!

お前確か魚人街の奴じゃないか!どうした!?

すぐに医者を!!!

チョッパー「ん?おれ医者だぞ!?」

サンジ「え!?ハチ!?」

「どうしたお前!!!」

はっちゃんの体に無数の矢が刺さって血まみれで倒れている

チョッパー「おいハチ!!なんだそのケガ!何があったんだよお!」

ハチ「・・・おお・・お前らか・・・会えてよかった・・麦わらはいるか・・?」

チョッパー「ここにはいねぇよ!ちょっと待ってろすぐ手当するから!」

ハチ「仲間達を集めろ・・急げ・・ハァ・・ハァ・・」

「お前ら・・もうこの島にかかわらねぇ方がいい・・魚人島をでろ・・・」

「今からこの島に新魚人海賊団が攻め込んでくる・・・」

「リュウグウ王国は崩壊するんだ・・・」



【数時間前 魚人街「ノア」】

デッケン「いいかホーディジョーンズの傘下の海賊達よ!お前達は幸せ者だ!この歴史的作戦の協力者となれる のだからな!」

海賊「バンダーデッケンってあのフライングダッチマン号の・・・!?」

デッケン「バホホホ!安心しろ!その子孫だ!ゴーストじゃねぇ」

「だがおれもまた呪われている」

「魚人にして泳げねぇ・・・おれがそのマトマトの呪いと共に引き受けた悪魔の力!見せておこう !」

ハチ「ホーディ!!!」

「ニューおまえら本気でやるのか!バカなマネはやめろ!」

ホーディ「ハチさん・・・」

ハチ「ESなんて身を滅ぼすだけの薬だ」

「魚人が魚人島を潰してどうする、大騎士ネプチューンを甘く見るな!」

ホーディ「ハチさん・・・勘弁してくれませんか・・・」

「もうアンタの意見は聞きたくねぇんだ、とてもおれの憧れたアーロン一味の幹部とは思えねぇ」

「アンタはフヌけちまった・・もう世代替えですよ・・・」

「人間達に思い知らる為には魚人島が必要でネプチューンは邪魔なんだ!」

「至高の種族が我らだってのはアンタらの教えだぜ!!?」

ハチ「だけどアーロンさんは負けた!デッケン!ヒョウゾウ!お前らまで何だ!当時アーロンさんの呼びかけに も応じなかったおめーらが!!」

「なんで今若ぇコイツらに手を貸してんだ!」

ヒョウゾウ「手を貸す?・・雇われたんだおれは金でなぁ」

「アーロンの奴は金離れが悪くおれを雇いきれなかった・・・」

「ガキのころからお前はおれに手も足もでなかった」

「お前止まりの剣士しか連れて行けなかったアーロンは気の毒だったなぁ」

デッケン「バホホホ!!アーロン一味のハチか!こりゃ懐かしい!」

「おめぇんとこの船長は当時このおれさえも手下にしようとしたんだバキャ言っちゃいけねぇ!」

「おれは人の下にはつかねぇ男よ!ホーディはその返をわかってる!!」

ホーディ「・・・アーロンさんには尊敬すべき野心と行動力があった・・だが同時に彼は粗暴で器用さに欠けて た」

「あんたらが海で暴れ回ってた頃おれ達は海賊になりたくても歳のたらねぇガキだった」

「その世代が成長した集まりだ・・・だから用意は周到前車の轍は踏まねぇ」

「おれはアーロン一味の意思を継ぐ男だ・・・その憧れの一味の元幹部が」

「このおれの計画に異論を唱えるなんて気が萎えるじゃないですか」

「くしくも今魚人島にはアンタの野望を打ち砕いた」

「麦わらのルフィってのが来てるってのに・・アンタは何ともおもわねぇのか?」

ハチ「あいつは元アーロン一味のおれに友達と言ってくれた・・・」

「命の恩人でもある!すぐに会いにいきてぇけど!!」

「アーロンの意思がここに生きている限りおれはあいつらに合わせる顔がねぇ!」

ホーディ「人間が友達なんてクソかネプチューンみてぇな事言いやがって」

「アンタにゃもう幻滅だよ」

デッケン「ロックオンだハチ・・・」

デッケンがハチに触れる

デッケン「バホホホ・・海賊の流儀を忘れちまったのか?」

「言いたいことがあるんなら暴力で解決しなきゃダメだぜ、のハズだ!!」

デッケンのナイフがハチに刺さる

ハチ「ぎゃあ!!」

デッケン「ついさっきおれがお前に触れた時からお前はおれの的になった」

「おれが何をどこへ飛ばそうともそれはまるで生きた鳥の様に」

「まっしぐらにお前という的を目指す」

「勿論それを防ぐ方法はいくつかある」

「試してみるがいい」

ハチ「よせ!そんなに矢を!!」

「おめーの能力なら噂で知ってる!おいホーディ!これじゃ死んじまう!」

「デッケンを止めてくれ!」

ホーディ「言ったでしょうハチさん」

「バンダーデッケンはおれの部下じゃねぇ」

「これは対等な海賊同盟なんです」

「第一、お前はもう目障りなんだよ!腰抜け野郎!!!」

ハチ「くそ!!!」

デッケン「そら!!いけ!!!!」

矢をはなつ

ハチが逃げる

デッケン「バホホホホホ!!いいぞ!逃げろ!逃げろ!だがどこまでも追撃するぞ!」

ハチ「くるなあ!くそお!水中でも関係ねぇのか!?」

「ぎゃあああああああああああ!!!!」

デッケン「バホホホ・・・メモリーできるの的は手のひらの数・・・二か所だ」

「10年前から洗ってもいねぇこの右手はリュウグウ王国王女しらほし姫本人に触れた時のメモリ ー」

「おわかりか!?おれの投げかける愛も凶器も!標的を地獄の底まで追い詰める!これがおれの能力だ!」

ホーディ「さて人間の海賊達!デッケンの能力はよくわかったろう」

「そこで作戦の第一段階だ・・・」

「侵入不可能と言われる竜宮城だが・・・」

「10年間そこへ侵入物を投げ込み続けた男こそ・・・」

「あのバンダーデッケンだ!」

「つまりお前らが侵入物となりデッケンに投げられ・・竜宮城の人魚姫に向かって飛べ!」

「実際行きつく先は強固な塔の壁だが・・」

「そして内部から門を開きおれ達を迎え入れるのがお前らの任務」

海賊「バカな・・そんなことしたら・・おれ達その壁にぶつかって死んじまう!」

ホーディ「そうだとも」

「だからお前ら人間の軽い命を使うんだよ!!」

「お前らはここじゃ奴隷以下の価値だ!」


「ぶつかって生きてた奴が任務を果たせ!うまく行ったら自由の身にしてやろう!」

「任務を事態するなら今シャボンの外へ出してやる下等種族共!!」



【竜宮城北東「硬殻塔」への通路】

右大臣「急げガイコツ!王の元へ!」

海賊「待て・・通路を開かねぇとおれ達はホーディに殺される・・・」

右大臣「ネプチューン様!!!!!!!!」

「誘拐事件であります!!姫が何者かに連れ去られました!!」

ブルック「あと塔の方に海賊さんが降ってきまして!とにかく敵襲ですよ!!」

ネプチューン「誘拐じゃとおおお!!!しらほし・・!?どこの誰にじゃああああ!」

ゾロ「こんな時に敵襲か・・どうしろってんだ・・」

ウソップ「なんで今なんだ!おれ達も籠城中の敵襲だぞ!ど・・ど・・どうする!?いや!やっぱ答えなくてい い!」

ゾロ「斬ろう」

ウソップ「答えなくていいっつったろおおお!!」



場面かわり

ルフィ「もうサメから出てもいいんじゃねぇか?」

しらほし「い・・いえわたくしまだこの中の方が・・」

ルフィ「どうだ?10年降りの外!」

しらほし「ドキドキします・・わたくしとても悪いことを・・・」

ルフィ「悪いわけねぇだろ外に出るだけでよー変なやつだなお前ー」

しらほし「この様な事を・・冒険というのでしょうか?」

ルフィ「あはははうん・・・ドキドキするならそりゃ冒険だな」

「そんで海の森っつったか・・それなんだ?おもしれぇもんあるのか?」

しらほし「お墓です!建ってからまだ一度も訪れてないお墓があるんです・・・」

「10年間ずっと・・・一番行きたかった場所です・・・」



【深海〝海の森〟】

ジンベエ「もう10年か・・魚人島を騒然とさせた・・・」

「あの白昼の暗殺事件から・・・早いものだ・・・」

「王子達は今や屈強な戦士に成長された・・・・しらほし姫は未だ塔の中じゃが・・・」

「しかし皆あんたの理想を・・・忘れちゃあおりませんよ・・・・」
「オトヒメ王妃・・・!!!」


ワンピース ネタバレ 第614話 "やっちまったモンはしょうがねェ"
ワンピース ネタバレ 第616話 "復讐の記念日"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。