お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

第103話 "クジラ"

小島から花っぽい頭をした老人が出てきた。

このおちゃめな老人の名はクロッカス。

双子岬の灯台守をやっていて、71歳の双子座・AB型らしい。

今、クロッカス・ゾロ・ナミ・ウソップ・サンジがいる場所は

クジラの胃で下の海は胃酸らしい。


とその時、クジラが激しく暴れだした。

クロッカスいわく、クジラは赤い土の大陸に頭をぶつけ始めたらしい。



一方、ルフィ。

クジラが暴れだしクジラ内部でさまよい中。

そこに、謎の男Mr.9と謎の女ミス・ウェンズデーと遭遇。

暴れているクジラの勢いで、3人まとまって扉をぶち破り胃酸の海に転落。

それをみたゾロ・ナミ・ウソップ・サンジはとりあえず3人とも船に引きあげる。

また、クロッカスは鎮静剤を打ちクジラは大人しくなる。



船に引きあげられた謎の男Mr.9と謎の女ミス・ウェンズデー。

突如クジラに向かって砲弾を撃ち込む。

その砲弾を身をていして防ぐクロッカス。

事情が掴めないルフィはとりあえず、謎の男Mr.9と謎の女ミス・ウェンズデーを殴り倒す。



縛り上げられた謎の男Mr.9と謎の女ミス・ウェンズデー。

クロッカスいわく、この二人は捕鯨者のゴロツキ。

また、クジラは世界一でかい種のクジラで、名前はラブーン。

昔、気のいい海賊たちが偉大なる航路の出発地点の双子岬につれてきた。

しかし、偉大なる航路は危険極まりないので、

その海賊たちは


『必ず世界を一周しここへ戻る』


と言い残しラブーンを置いていった。


もう50年も前の話である・・・。


だがラブーンは赤い土の大陸に体をぶつけ、仲間の生還を待っているのである。



第102話 "さて、偉大なる航路"
第104話 "約束の岬"
アラバスタ編  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。