お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース 簡易ネタバレ 第620話 憧れの遊園地

ワンピース 簡易ネタバレ 第620話 憧れの遊園地

扉絵 世界の甲板から 珍獣島 新住人 樽入り女サーファンクルー ガイモンさんに恋人が(笑 )

竜宮城下 連絡廊にて
城の兵士達は王一人を残し無事に脱出
戦力を整えて戻る様
ギョバリーヒルズではムッヒムッヒ言ってる魚人幹部が島民に対し踏み絵を強要
同じくお菓子工場の町ではキャッキャ言ってる幹部が、魚民文化会館前ではヒョウゾウが、
マリンショッピングモールでは縞模様の幹部が踏み絵を強要。島民達は踏み絵を踏むかこの島を出るかだと言わ れている
水車の町ではフカボシ王子が激怒。踏み絵の正体はフカボシの無き母上(オトヒメ)の写真だった ・・・

サンゴが丘でルフィ達が去った後話をしている。物陰からカリブーがシラホシ姫を見ていた。大きさが7~8倍 だから値段がとんでもないことになると悪だくみ。

一旦休憩します。幹部たちの名前が出てこない・・・(笑)

海の森にて
ジンベエがシラホシ姫に王はわしがお助けすると。
サンジがお茶を持ってくるがナミにバッサリ。
ナミがジンベエに話を聞こうとする。サンジもヨサクに聞いたから知っていた。
弐年前ルフィとジンベエが一緒にいるのを新聞で見た時サンジの頭には?マークだったと。
ジンベエがアーロンの様な黒幕だと思っていた様子。
サンジ『おいジンベエ・・何か言い訳してぇってんなら聞くが・・・言葉にゃ気をつけろよ・・・ ・・』
   『何を隠そうナミさんの故郷こそアーロンに支配された島。彼女自身耐えがたい苦渋を嘗めてきた一人だ ・・・』
   『話次第じゃお前を・・・俺はゆるさねぇ!!!』
ハチも許されねえ傷を与えてしまったことを認める。
ナミの回想が少しはいる。ナミの表情が曇る。2年前シャボンディーパークを見たときにナミは眼を疑っ た。
アーロンパークにそっくりだったため。
ハチが語り出す。(長い為省略するけど、アーロン達が人間の住む世界に憧れをもっていたと)
ジンベエも語り出す。『魚人と人間の差別体質をどうにかしようと二人の人物が立ち上がった。オトヒメ王 妃とフィッシャータイガー。
しかし政府に激しく盾付いたタイヨウの海賊団が海にいることは、同時に人間との友好を実現しようとするオト ヒメ王妃の首を絞める結果になった・・』
『今を耐え忍び未来を変えようとするオトヒメ王妃に対し未来を捨てて今苦しむ同族の奴隷たちを救いだしたタ イガー』
『どちらが正しいかなど・・・とても決められん。じゃがわしは・・・・』
回想に入り15年前のグランドライン
フィッシャータイガーを挟みアーロン、ジンベエが居る。



ワンピース 簡易ネタバレ 第620話 憧れの遊園地

扉絵は世界の甲板からVol.7「珍獣島 新住人 樽入り女サーファンクルー(ガイモンの恋人)」

竜宮城下の連絡廊で城の兵士らは王を残して無事に脱出し、戦力を整えた後また戻ることに。
ギョバリーヒルズでは、イカロスが魚人達に踏み絵を強要していた。
さらに、お菓子工場の町ではダルマが、魚民文化会館前ではヒョウゾウが、マリンショッピングモールではゼオが踏み絵を強要していた。
魚人達は「踏み絵を踏むか、この島を出るか」だと言われている。
水車の町では、フカボシがドスンを殴り、激怒していた。
ドスン達が使っていた踏み絵は、なんとオトヒメ王妃の写真だった。

サンゴが丘では、物陰からカリブーがしらほし姫を見ていた。
大きさが通常の人魚の7~8倍なので、捕まえて売ったら…と言って、悪だくみするカリブー。

ジンベエがネプチューンは自分が助けるとしらほし姫に言い、ジンベエが話し始める。
しかし、「話次第じゃお前を…俺はゆるさねぇ!」とサンジがジンベエに言い出す。
ハチも許されない傷を与えてしまったことを認める。

2年前、ナミはシャボンディパークを見たとき、アーロンパークとそっくりだったため、とても驚いた。
そして、アーロン達は人間の住む世界に憧れを持っていたとハチが語り始める。
さらに、ジンベエも語り始める。

白ひげが魚人島をナワバリにすると宣言し、魚人島に平和が戻った。
さらに、魚人と人間の差別体質をどうにかしようと、オトヒメ王妃とフィッシャータイガーが立ち上がった。
しかし、政府に盾付いたタイヨウの海賊団が海にいることは、人間との友好を実現しようとするオトヒメ王妃の首を絞める結果となってしまった。

ジンベエ「今を耐え忍び未来を変えようとするオトヒメ王妃に対し未来を捨てて今苦しむ同族の奴隷たちを救いだしたタイガー。どちらが正しいかなど…とても決められん。じゃがわしは…」

回想に入り…
15年前、グランドライン。

若きハチは慌てているのか、「お頭っ!」と連呼しながらタイヨウの海賊団の船長室に入る。

アーロン「うるせェなァ…ハチ…」

フィッシャー・タイガー「全く騒がしい…」

ハチ「タイのお頭ァ! 大変だ~!」

フィッシャー・タイガー「海軍か?」
簡易ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。