お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第625話 "受け継がない意志"

第625話 "受け継がない意志"

扉絵:世界の甲板から「バラティエ バラティエ本店改装中」

民「天竜人の船!?」

「海底生物に襲われた様だ・・・!!」

「なぜ海底に〝天竜人〟が」

天竜人「早くしろだえー!!!」

「ハァ・・ハァ・・畜生・・みんな死にやがって根性なしめ・・・」

「早くマスクをもってこい!!魚類共!!!」

「ここは魚人臭くてかなわんえ!!早くマスクをもってこい!わちきの命を助けろバカ共め!!」

【世界貴族(天竜人)ミョスガルド聖】

ミョスガルド「医者だー!医者だえ!!このわちきが死んでしまうえ!」

兵「医療班は・・!?」

兵「着いていますがアレをどう扱えばいいのか・・・」

ホーディ「殺すべきだ」

「世界一のゴミ共め」

海賊「港が騒がしいな・・・」

「天竜人が難破船で助けを求めてきたそうですぜ!」

「バンダー・デッケン船長!!」

デッケン「バホホホ面白そうだ」

ミョスガルド「こんなハズではなかっただえ・・・」

~回想~

ミョスガルド(え!?魚人の奴隷達が魚人島に戻った!?)

(なぜかえ?マイダディ)

ダディ(なんでもなマイサン・・ジンベエという魚人が七武海になって)

(タイヨウの海賊団の者達が国に帰ったそうだえマイサン・・・)

(その中には元奴隷の者達も・・・)

ミョスガルド(それならわちき取り返しに行くえ!マイダディ!)

(大金をはたいたわちきの魚人奴隷コレクション達を!)

~回想おわり~

民「おい!よせ!何をする気だ!?お前達!!」

ミョスガルド「え!?」

タイヨウの海賊団がミョスガルドを取り囲む

ミョスガルド「おお・・!!お前達はわちきの奴隷共!」

「大人しくウチに帰るのだえ!誰が自由を許した魚類共!!!」

ミョスガルドに銃を向ける

民「よせお前達!!」

「天竜人だぞ!!手をだせば恩赦も無効に!!」

ミョスガルド「・・・バカやめろ!身の程知らずめ!」

「わちきを誰だと思っている!」

タイヨウ海賊「地上ではお前達の威厳は海軍大将の出動義務によって保たれてるだけだ」

「ここは海底、島民が黙っていればただの海難事故だ」

民「それもそうだ・・・」

「・・・・おれは黙ってるぞ!!」

「おれもだ!!当然だ!!」

「放っておいてもそいつは虫の息!!死ぬ命だ!!」

「お前達が受けた苦痛を味わわせてやれ!!!」

「殺せー!!!」

「苦しめて殺せー!!!」

ミョスガルド「え・・何だ?わちきは偉いのに・・・」

タイヨウ海賊「許そうにもお前だけは許すことができない・・!!」

ミョスガルド「おい!!やめろおお!!!」

民「やれー!!!!」

?「おやめなさい!!!」

ミョスガルド「魚人共め!!!!」

発砲

民「え!!?」

オトヒメがミョスガルドをかばっている

民「オトヒメ王妃!!!」

オトヒメ「ウ・・」

民「王妃様に銃弾が!!」

ミョスガルド「ゼェ・・ゼェ・・」

タイヨウ海賊「オトヒメ王妃!!!」

オトヒメ「みなさん銃を捨ててください!!」

「子供達が見てます!!!」

ジンベエ「アラディン!天竜人はどうした!?」

アラディン「おれも今来たところだ!」

フカボシ「ジンベエ親分!母上が城を飛び出して・・・」

ジンベエ「王子達」

しらほし「てんりゅうびとってだあれ?お兄様」

【しらほし(6歳)】

フカボシ「人間だよしらほし・・・」

「たくさんいる人間の・・・少しコワイ方のな・・・」

オトヒメ「かすっただけです・・・」

タイヨウ海賊「オトヒメ様・・!!しかし・・なぜ庇うのです!!!」

「その男が過去我々に何をしてきたか・・!!!」

オトヒメ「あなた達の心の叫びは痛い程伝わってきます・・・」

「辛いでしょうけど・・・・その人間達への怒りを憎しみを!!」

「子供達に植え付けないで!!」

「彼らはこれから出会い・・!考えるのですから!!!」

ジンベエ「・・・・・・!!」

タイガー(頼む!!お前らは島に何も伝えるな!!)

(おれ達に起きた悲劇を!人間たちへの怒りを!!)

ミョスガルド「・・・・」

しらほし「あ!!あぶないお母様!!!」

ミョスガルドがオトヒメに銃を向ける

ジンベエ「しまった!!!王妃!!!」

しらほし「お母様あああ!!!!!!」

大声で泣き出すしらほし

ミョスガルド「!?」

民「!?」

超巨大海王類が現れる

民「・・・!!!海王類っ!!!!!!」

ミョスガルド「ええええええええええ!!!!!」

ジンベエ「!!!」

ホーディ「!!!!」

デッケン「!!!!」

ミョスガルドが気絶する

海王類はそのまま海へ戻っていく

デッケン(こと伝説によると・・)

ジンベエ「何じゃ今のは・・・・とても偶然には・・」

しらほし「えーん」

オトヒメ「しらほし・・・あなたまさか・・・」

デッケン(それはかつて遥か昔・・・信じ難き才能が海にあり・・・)

(海王類をも従わせる人魚姫がいたという・・・・)

(その伝説を追い求め海底を目指した初代バンダー・デッケン)

デッケン「ご先祖よ!!おれはついに!!見つけたぞ!!」

海賊「やりましたね船長!!」

デッケン「シー!!黙ってろよお前達!!」

「この伝説の真意は我が一族だギャラ知っているのだ!!のハズだ!!」

「まずは姫の夫にならねば!!!」

海賊「でもまだしらほし姫はガキんちょですぜ!!」

デッケン「んーそこが問題!」

アラディン「・・・・・・」

オトヒメ「アラディン・・・」

アラディン「私が・・・彼の治療を・・・オトヒメ様もすぐに・・」

【数時間後 治療を終え、天竜人は命を取り止めた】

ミョスガルド「覚えてろよお前達!」

「家畜の分際で飼い主に銃を向けたこと!!」

「必ず後悔させてやる!!!」

兵「命を助けてなぜ恨まれなきゃいけない・・・」

「帰すべきじゃない・・この島を危機にさらすぞ」

オトヒメ「お待ちください!!まだお話がある様ですね!!」

「ならば私が地上まで同行します!!」

民「そんな!無茶なオトヒメ様!!」

ネプチューン「待つのじゃもん!オトヒメ!!」

「そんな勝手な事は許さん!!!」

「どうしても貴族達と話をつけたいのならわしがゆく!!」

民「ネプチューン王!!国王ならばよもや人間に捕まる事もあるまいが・・」

オトヒメ「いいえ、強いあなたでは意味がない」

「人一倍体の弱い私が行って帰ってこられる世界でなければ」

「地上の安全を証明する事などできません」

フカボシ「母上様!!!」

しらほし「お母様!!」

子供達「どこか行くの?オトヒメ様!」

ネプチューン「オトヒメ・・・」

オトヒメ「信じて!!」

「あなたの選んだ妻と・・・人間を!!」

ミョスガルド「生意気な・・・」

【不安で不安で眠れぬ夜が】

【リュウグウ王国を包み込む】

ネプチューン「大丈夫じゃもん!!元気出せ!!」

子供達「オトヒメ様は??オヤブーン!!」

ジンベエ「信じて待てあの方は・・・」

【百日にも感じる一週間が過ぎた頃】

民「オトヒメ王妃が帰られたぞ!!!!!」

【数日に及ぶ説得の末】

【オトヒメはついに横暴な天竜人をなだめ】

民「オトヒメ様!!!」

「よかった生きておられるだけでわしらは!!!」

民「おかえりなさいオトヒメ様!!!」

【さらにオトヒメの持ち帰った一枚の紙】

【それは魚人島の〝希望の光〟といえるものだった】


ワンピース ネタバレ 第624話 "オトヒメ王妃"
ワンピース ネタバレ 第626話 "ネプチューン3兄弟"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。