お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第638話 "にげほし"

第638話 "にげほし"

扉絵、世界の甲板からvol22「アラバスタ王国-王国環境大臣コーザ-」




民「ノアが魚人島に激突せずに済んだ!!」


「姫様が我々のために船を引きつけてくださったんだ!!!」


「しらほし姫ー!逃げてクレー!!」


デッケン「どこへ行くしらほし!!」


「逃げ場などないぞ!!」




しらほし「早く海へ出なくてはシャボンが割れてしまいます・・・」


「正面入口は遠すぎますシャボンが傷ついて割れては大変!」

「そうだ!竜宮城から最後に出てらしたのはルフィ様のお仲間の方々」



民「何かおれたちにできることはないか!?」


「一国の姫様が命をかけてくれてるんだ!!」



「狙われるのはあなたのせいじゃないのに!!」

「船にはデッケンが!!ホーディも船にうつった!」




「しらほし姫の命があぶない!!」


ホーディ「ハァ・・・ハァ・・・」



ジンベエ「ルフィ!!ホーディに気をつけい!!」

「海中では魚人と人間の能力は段違いじゃ!!!」



ルフィ「おう!!!」


サンジ「海に飛び出しちゃマズイ・・強すぎず弱すぎず・・・」



「空車(アルメ・ド・レール)!!!!」


「ゴムシュート!!!!!」




ルフィ「!!!!!」


鎖に捕まる



ルフィ「でっけー鎖だなー!!」


「ここはシャボンとシャボンの間か!!」


「あ!!ホーディまだシャボンの下に!」


「ん?」




民「みんなで引けー!!止まらなくても!!」

「姫様に追いつく速度を少しでも!!」


「ほんの少しだけでも速度を落とすんだ!!!」



「行けー!!ノアを行かせるなああ!!!姫様今のうちに安全な場所へ!!」


鎖を大勢で引っ張っている




しらほし「ハァ・・ハァ・・皆様・・・」


ホーディ「正気かよオイ・・」

「1ミリも動くわけねぇだろう・・」




ルフィ「おい!!!やめろ!!!!!」



ホーディ「矢武鮫!!!」


民「え!?」




「おわああああ!!!ぎゃあああああ」


ホーディ「ゴミクズ共・・・お前らみてぇなフヌケがいるから魚人族がナメられる!!」




しらほし「皆様!!!」


ルフィ「あんにゃろーー!!!」



しらほし「やっぱり!!竜宮城への出入口が開いたまま!!」



民「おい!しっかりしろ!!」

「しらほし姫がのびた連絡通路から海へ出た!!」



「ノアが追うぞ!!姫様遠くへ!!」



しらほし「ハァ・・ハァ・・・」



ルフィ「うお!!上がる!!」


「ウプ!!」



サンゴからしゃぼんをだす


ルフィ「ぷは!おっとっと!!」


「わ!待て鎖!!」




ホーディ「右も左も海だらけのこの世界で」


「海中で呼吸すらできねぇ人間が」


「海の王者になれるわけがねぇ!!」

「助けを乞え下等種族!!!!!」


ルフィ「!!!!」








デッケン「バホホホ!!!」



「自由はどうだ!?10年間お前を守り続けた硬殻塔の壁はもうないぞ!!」


「流血の末死ぬのが先か!この巨船に押しつぶされて死ぬのが先か!!」


「最後にもう一度だけチャンスをやろうかしらほし!!!」


「YESならば今からでも命を助けよう!」



「おれと結婚しろぉーーー!!!!!!」





しらほし「どうかお許しくださいデッケン様!!!」




「タイプじゃないん・・・!!!」


デッケン「!!?」


マンボシ「お前との結婚なんかおいら達が認めるか!!」


リュウボシ「我らのたった一人の妹!指一本触れさせんぞデッケン!!」



しらほし「マンボシお兄様!リュウボシお兄様!ホエ様!!」


ホエ「ホエール!!!」




デッケン「バホー!!お兄様達!!?」



「今まさにしらほしがおれと結婚を決めかけていたのに!!!」


しらほし「えーんお兄様方ー!!先ほど広場の皆様が・・・わたくしの為に・・・」


マンボシ「しらほし!泣くのは後にしろ!」


しらほし「え!?お兄様が怒って・・えーん・・・」


マンボシ「怒ってない!!」




リュウボシ「父曰く!あのノアは傷つける事も許されぬ船ラシド!」

「したがって!どこかにぶつける事なく海底へ戻さねばならない!!」



マンボシ「きたぞ!!うわっ!!」

「しまった!!とにっかく海山や海溝のそばを泳いではダメだ!!」


しらほし「ではどこへ逃げれば!?マンボシお兄様!」



マンボシ「上だ!海底は障害物が多すぎる!!」


リュウボシ「おれたちはデッケンを討ち取るぞ!!」






ホーディ「逃げ切れやしねぇぞ麦わら!!!!」



ルフィ「ありがとうお前!助かった!!傷大丈夫か!?」


フカボシ「苦しんでる場合ではない・・・!!」




ホーディ「キリサメ・・・」



ルフィ「うわ!」



ルフィ「おい!戦いやすい船の甲板に行ってくれ!」

「おれホーディと色々投げるやつぶっ飛ばしてぇんだ!!」


「よわほしと塔を出るとき約束したんだ外では俺が守ってやるって!」




フカボシ(我ら3人父上のような大戦士になり・・しらほしを)

(命がけで守ります!!だからどうかご安心を!!!)



「約束と言うなら・・我々もそうさ・・・」

「薬一つであんなゴロツキに歯がたたんとは情けない!」


「すまん麦わら!私たちはお前を疑い・・・」



ルフィ「いいよそんなの!甲板へ頼む!」





ホーディ「甲板に用か!?先に行くぞ」


フカボシ「ホーディ・・!?」


しらほし(上へ・・・上へ・・・)




デッケン「ん?」


ホーディ「・・・・・・・」



デッケン「おお!ホーディ・ジョーンズ!バホホホ!」


「ネプチューンはどうだ殺したか!?」


「おれは今このノアでしらほしをいたぶってる所だ!」


「いいアイデアだと思わねえか!?」


「なぁ!兄弟!!!」




ホーディ「・・・・・」


デッケン「!!!??」





ホーディがデッケンを刺す



ホーディ「お前が死ねば」


「この舟はどうなる?デッケン」



デッケン「ハ・・・ア・・・?」


ワンピース ネタバレ 第637話 "古の方舟"
ワンピース ネタバレ 第639話 "全部守る"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。