スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第663話 "CC"

第663話 "CC"

世界の甲板からvol.44「インペルダウン-近頃サディちゃんは新任副所長に恋してる-」

ルフィ「おーい!!お前じゃんかー!」
「おれだよおれ!あんときありがとなー!!」

ゾロ「あいつはシャボンディのヒューマンショップであった奴だな」

ロビン「トラファルガーローよ・・・彼は今・・・」

ルフィ「そうそう!トラフォル・・・トラ男!そうだったあいつよー!」
「白ひげの戦争からおれを逃がして・・傷も治してくれたんだ!」
「そうさジンベエと同じようにあいつも命の恩人なんだ!!」

ロー「・・・・」

ルフィ「こんなトコで会えるとは思わなかったよかった!!」
「あん時ゃ本当にありがとう!!」

「あれ?喋るくまは?」

ロー「・・・・・・」(そいつをここから逃がす!!)
(一旦おれに預けろ!おれは医者だ!!)

ジンベエ(アレを放っといたらどうなるんじゃ・・・)

ロー(傷口が開いたら今度は死ぬかもな)(麦わら屋はあと二週間絶対安静だ!!)

レイリー(ああわかった・・・世話になったな)


ロー「よく生きてたもんだな麦わら屋、
だがあの時のことを恩に感じる必要はねぇあれはおれの気まぐれだ」

ウソップ「おいあそこ海兵が倒れてる」

ブルック「あれ・・もしかして・・・」

ロー「おれもお前も海賊だ忘れるな」

ルフィ「・・・ししし!そうだなワンピース目指せば
敵だけど・・・二年前の事は色んな奴に恩がある」

「ジンベエの次にお前に会えるなんてラッキーだ!!本当にありがとうな!!」

ロー「・・・・・・・・」

たしぎ「ハァ・・ハァ・・・スモーカーさん!!?」
「まさか・・・!!」「スモーカーさん!!!!」

ルフィ「わっ・・・海軍!?」「あれ?もしかして・・・・」

ウソップ「おいマズイぞルフィ!海軍だ!!」

ルフィ「ああ」

たしぎ「スモーカーさん!!!」

ルフィ「やっぱケムリン達じゃねぇか!懐かしいな!!!」

たしぎ「胸に・・穴が・・・」「よくも!!!!!」

ロー「おいおい・・よせそういうドロくせえのは嫌いなんだ」

たしぎとスモーカーのハートを入れ替える(ナミとかサンジとかのように)

海兵「たしぎちゃん!!!」

ゾロ「・・・・!?何したあいつ今・・・」

ロー「懲りねぇ女だ・・そう深刻になるな」

ウソップ「ルフィ!急げここはヤベェ!」

ルフィ「うん!そうだおいトラ男!ちょっとききてぇんだけど!」

ロー「研究所の裏へ回れ・・・」
「お前らの探しものならそこにあるまた後で会うだろう」
「互いにとりかえすべきものがある」

ウソップ「よしルフィ海軍から離れるぞ!!」

ルフィ「大丈夫かなケムリン達!」「トラ男に敗けたのかな!!」

海兵「撃て!あいつ麦わらのルフィだぞ!」

海兵「やめろ!それ所じゃねぇよ!スモさんと大佐ちゃんが!」




【研究所裏口の山 サンジサイド】


サンジ「死ぬほどの寒さ!?どうでもいい!!
侍もガキ共ももうどうでもいい!!!」
「とにかくどこかにカメラはねぇか!?戻っちまう前に何とか写真を!!」

ナミ「何を撮る気よ!それに人の体で鼻血ばっかり吹かないで!」

フランキー「そんなことよりナミ!おれの姿でアロハのボタンとめんじゃねぇ!」

子供「どういうこと?お兄ちゃんたち中身が入れ替わっちゃったの?」

チョッパー「大丈夫か?お前たち寒いよなもう少し頑張れ!
人間の体ってこんなに寒いんだな」

子供「ぐるぐるの兄ちゃんが優しくて気持ち悪いよー!」

子供「あ!お兄ちゃんたち止まって!!」

子供「うう・・寒いよ・・もうダメ・・う・・うごけないよ・・」

チョッパー「くそ・・やっぱアテもなく連れ出すのは無謀だったか」
「この体だと全然寒くねぇが・・・」

「とはいえこんなとこにあったけぇコートなんかねぇし・・・」
「どっか山小屋でもみつからねぇか!?」

サンジ「あとカメラと・・鏡と!」

ナミ「あんた縛り上げるわよ!?」

侍「かくなる上は・・おのおの方・・頭上に葉っぱをのせよ!」

チョッパー「あ!?なにいってんだこんな時に!ガキが凍えて倒れてんだよ!」

サンジ「それにこの島草木一本生えてねぇ葉っぱもねぇよ!」

侍「では代用に石でもなんでも構わぬ急げ!」

サンジ「やったぞこれが何だ!」

チョッパー「寒くなくなるまじないなんて
ウソくせえマネしやがったらハリ倒すぞ!!?」

侍「ドロン!!!!!」

全員「えー!!!コートが出てきた!!!クツも!!!!」

フランキー「なんで!?何したの?」

子供「わー暖かい!あったかいよー!」

侍「拙者実は・・世に珍しき果実を食し・・」
「以来 己、他人を問わずいかなるものにも変装できる」
「妖術を使えるようになったのでござる!」
「異国の服はよく存ぜぬがこれでよいか?」
「注意しておくが妖力ゆえその服は脱げば消える」

子供「すごーい!首の人ありがとう!」

フランキー「悪魔の実の能力者だったの!?」

チョッパー「しかしおめぇ・・・」

「こんなことできるなら初めからやれ!!!!!」

侍「しかしせっかくの乳バンドをおおい隠すのが惜しく!!!」

フランキー「アホか!!!」

サンジ「お前絶対痛いとか寒いとか言わねぇんだな」

侍「武士・・・ゆえ!!」

ルフィ「いたー!!!お前らー!!!」

フランキー「あ!!どうしてここに!?」

サンジ「ルフィ達だー!ゾローウソップロビンブルック!!!!」

「会えてよかったぞコンニャロー!!!」

ゾロ「何だあのバカコックのハイテンション寒さでとうとう・・・」

ウソップ「あれなんだ?デッケー子供たちに見えるが」

ルフィ「え?おい何してんだやめろフランキー!!!」

ナミ(サンジ)を殴ろうとしてるフランキー(ナミ)

「ここもさっきの施設と部品が似てるな」

「だけどボロボロ・・大爆発でも起きた跡みたいね」

「吹雪をしのげりゃなんでもいい」

フランキー「えーん!か弱い私を傷つけちゃった!」

サンジ「すぐ治療するから!」

フランキー「ちょっとサンジ君私の体に何してんの!?」

サンジ「おれチョッパーだよ!」

侍「下半身が戻ったでござる!」

ルフィ「足まろ・・おれの後ろ足が・・・」

チョッパー「さて何からはなすか・・」

ロビン「とってもシュール・・・」

ゾロ「・・・・」

ウソップ「だからああいう生物いるわけねだろ!」

子供「ねータンクやってー!ロボ姉ちゃん!ビームだせる!?」

フランキー「だまれ!!!!」
「とにかく冷静になって話しましょうみんな・・・」

チョッパー「まずはおれがフランキー ケガしてもおれには頼るな!」

サンジ「おれがチョッパーだぞ! ケガはおれが治してやるぞ!」

フランキー「私がナミ ビームなんか死んでも出さない」

ナミ「そして我らがんナミさーんだ!!!!」

フランキー「私そんなに品がなかったかしら!!」

ナミ「うおおおもうしねえ!ナミさんをこれ以上傷つけないでくれ!」

サンジ「やめろナミ!ナミが死んじまう!!」

フランキー「私の体に触れたら20万ベリーよのぞき10万」

ナミ「そんな殺生な!!」

フランキー「いつまで笑ってんのよ!人ごみだと思って!」

ルフィウソップ「ゲラゲラゲラゲラゲラ」

ウソップ「つまり初めから解明していくと」
「コイツが例のワノ国の侍なんだ」
「おれ達が拾った救難信号はボスと呼ばれるあのワニタウロスへ」
「部下から送られた信号だった」
「この侍がケンタウロス達を斬りまくった事が全ての元凶だったんだ」

侍「しかし拙者は行方知れずの息子モモの助を救うべく」
「邪魔する者を斬ったまで!」
「現にみろこれだけの子供らがあの施設に閉じ込められていた!」
「きっとモモの助もまだ中に!」

子供「うんここにいるのは全員じゃないよ」

子供「新しい子達はまだ名前も憶えてないし・・・」

ゾロ「だが問題は信号の後だ」「何が起きた」

侍「さっきの男でござる!」
「まわりの者達が七武海とはやしたてていた・・・」

ルフィ「えー!?トラ男か!?あいつ七武海になったのか!?」

ロビン「ええ・・この2年で加入したのよ」

侍「拙者あっという間に体を3つに斬られ・・・」
「頭は施設へ胴は置き去り足は何やら猛獣のエサになる所・・・」
「気配を頼りに逃げ回っていると何かにくっついたようで・・・」

ウソップ「それが竜の後頭部だよ!」

ルフィ「そういや七武海めとか言ってたよな!」

フランキー「え?下半身でしょ?なんで喋るの?」

ゾロ「ん?それもそうだな」

侍「あぁあれは屁でござる!」

屁「元々拙者の特技でござブー」

「屁だったのかよ!!!最悪だ!!!」

屁「そうでござブー」

ブルック「ヨホホ!しかし頭と足の人なんて滑稽ですね!
逆に私は先程胴だけの人にお会いしましてねー」

ゾロ「それどう考えてもコイツの胴だろ」

ブルック「ホントだ!!」

侍「見たのか!お主!」




【一方 海軍G-5避難場所】

海兵「その心臓なくて平気なのかたしぎちゃん」

スモーカー「ええ不思議と・・」

海兵「大佐ちゃん接しづらい・・・」

たしぎ「研究所の脇に隠してあった船にCCってマークが入ってた」

海兵「え!?そんなのあったスかスモーカー中将!」

たしぎ「以前ここで使われていたものならば全てPH」

「パンクハザードと刻まれているハズだ」

「ローの裏に誰かに潜んでいるとして・・CCが誰かのイニシャルだとすりゃあ」

「一人心あたりがある」

「あいつがこの島にいるというなら色々とうなづける部分がある!!」

「Drベガパンクの元同僚現在賞金首のマッドな野郎だ・・・」

「大量殺戮平気の第一人者・・・・」

「科学者シーザークラウン!!!」

シーザー「てめぇなんてことしてくれたロー!!!」

ロー「文句があんのはこっちだシーザー」


ワンピース ネタバレ 第662話 "七武海ローVSスモーカー中将"
ワンピース ネタバレ 第664話 "M・シーザー・クラウン"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。