お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第676話 "完全なる殺戮兵器"

第676話 "完全なる殺戮兵器"

シ「食った!」
 「エサを 食ったな!『スマイリー』」
 「シュロロロロ…生まれ変わるんだ!」
 「さァ『スマイリー』!」

ス「バオ~!!!」

巨大キャンディを飲み込んだスマイリー何やら苦しげな叫びを上げ、ボコボコと身体の中が泡立つ

サ「アメのんで様子が変に…!」

ブ「そんなにおいしいんでしょうか」

錦「とにかく走る事だ!この島の兵達があんなに必死に逃げている
 「いい予感はせぬでござる!」

ゾ「同感だ」

ス「バァアア~…オォォォ~…」

煙を上げ、身体が溶け出していくスマイリー
それに反応するようにシーザーの部下が乗り捨てたソリに積まれていたリンゴの1つに皺が入っていき、まるで悪魔の実の様な模様に。

シ「ごくろう『スマイリー』……!」
 「また会おう」
 「さァ生まれて来い…!」
 「殺戮兵器『シノクニ』……!」
 「島の景色を一変させちまえ!!」

ボ フ ン ッ

ゲル状だったスマイリーが煙に変わる。

「「「何だァ!!?」」」

「『スマイリー』が煙に!?」
「いや…ガスだ!!」

迫り来る毒ガス、逃げるシーザーの部下達

「わァ!ガスがもう…」
「た・す・…け…」

そのうちの一人が追いつかれ、ガスに包まれると、石膏で固められたかのな姿に・

「うわああああ!」
「逃げろー!このガスに捕まるなー!」

その様子を研究室から眺めるシーザー

シ「シュロ!シュロロロロ…!」
 「やったぞ成功だァ!!」
 「逃がさねェぞ もう誰一人…!」
 「シュロロロロ!!これでいいんだ!」
 「毒が効いても多少動けるから非難出来た…!」
 「固めちまえばよかったんだ」
 「灰の様に体に纏わりつくガスは皮膚から侵入し全身を一気にマヒさせる!」
 「シュロロロ!さァもっと見せろ!地獄絵図を!!」

ス「何だこりゃあ…!」

ル「人間が……固まってく…」

その惨劇は新世界各地へも映像が届けられる。
シーザーの研究所前にいる海兵にも…



―シーザーの研究所前ー

「おい…!何なんだこの恐怖映像!」
「今 死んじまった奴ら―まるで異形のシーザーの部下みてェだったが」
「あの紫色の煙は一体…!」
「どこの国を映してんだ!?コレ…」

「…じゃあ振り返らねぇ方がいいぞ…!」

「え!?」

海兵が振り向いた先には、山の向こうから今にも研究所を襲わんとする紫の煙。

「今のまさかこの島で起きた事なのかァ!!?」
「やべェ~!逃げねェとおれ達も固まって死んじまう!」
「ムリだ!あれはきっと島をおおい尽くす毒ガスなんだ!この研究所だけが安全なんだ」
「だから封鎖を!!?」
「開けろ畜生ォ シーザー~!!」



「「「「ん逃・げ・ろォオオオオオオ~!」」」」

毒ガスから逃げるゾロ一行。

「風よりも早く走れ!!!」
「捕まったら追いてくぞ!!」

ブ「前方に生物発見!」

サ「トカゲか…!?

「いや違う!竜だ!!」

サ「竜!!?んなバカな!」

ゾ「いるんだよこの島にゃあ…!」
 「だがあれはおれ達が見たのよりずいぶん小せェな」

錦「……竜……!!」

ゾ「アレ捕まえりゃ飛んで逃げられねェか…!!?」

ブ「それ名案ですね!」


ル「―あー!おい見ろ!!ほらゾロ達!!」
 「煙に追われてるぞ!

研究所内、檻の中から映像を見ていたルフィがゾロ達を発見

フ「何やってんだ!?あいつらあんな所で…!」
 「何ちゅう走り方してんだ!」

ロビ「あら お侍さん完成してるわね」

ル「ほんとだ!じゃあ足くれねェかな!」
 「あ!おいロビンそれどころじゃねェだろ!」
 「おーい!!お前らその煙危ねェぞ!!」
 「逃げホ……ハァ……ダメら大声出そうとすると…」
 「くっそ~海楼石ィ~…」

シ「仲間か?“麦わらのルフィ”」
 「シュロロロ…さすがにお前の仲間はしぶといなァ…!」
 「―だがやがて息も切れ…ガスにやられる!」
 「やがて広がる何も生きられない“死の国”!!」
 「この研究所の外にいる連中はもう誰一人生き残れやしない!」
 「お前らもなァ…!!」

ガコン!と檻を持ち上げるシーザー

シ「この殺戮兵器『シノクニ』の前には…」
 「4億の賞金首も……」
 「海軍の中将も!!」
 「“王下七武海”でさえ何もできないと世界に証明してくれ!」」


研究室の外からその様子を窺うチョッパー

チ(う…う…うわあ~!どうしようどうしよう)
 (ルフィ達が…!何かされる!おれどうしたら…)

チョッパーが動揺していると、どこかから紙くずが飛んでくる

チ(わっ紙!?)

その紙くずを開くと、そこには「なにもするな」とのメッセージが

チ(え…誰だ?)



研究所前

「あ!スモやん!!たしぎちゃーん!」

ルフィ達を捕らえた檻がクレーンで研究所前に降ろされていく

「全員捕まったままだ!ダメだ!」
「畜生みんな殺されるんだ!!」
「大佐ちゃーん!中将~!!」
「おれ達一体どうなるんだよー!」
「死にたくねーよォ~!」

た「…………!!」

ス「ヴェルゴ基地長の話でもしてやれたしぎ…」

フ「しかしよくできた研究所だ」

ロビ「大きな機材も運べそうね」

た「こ…こんな時に!あなた達!」

ル「よーしとにかく困ったな!!」

ロー「……ヴェルゴの登場は想定外だったが…」
  「麦わら屋…おれ達はこんな所でつまづくわけにゃいかねェんだ…!!」
  「作戦は変わらず―今度はしくじるな…!!」
  「反撃に出るぞ!!」


ワンピース ネタバレ 第675話 "その名も「シノクニ」"
ワンピース ネタバレ 第677話 "COUNTER HAZARD"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。