スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第682話 "黒幕"

第682話 "黒幕"

~D棟SAD生産室~

カツンカツン

ドン!

『SAD8599』と書かれた巨大なタンクへ向かって歩を進めるロー



~A棟とB棟の連絡路~

モブ「待て!門よ俺達の前で閉まらないでくれ!」
モブ「偽ヴェルゴさんと黒足がまだ中にいるんだっ!」

閉まりゆく扉を必死で止めようとする海兵。しかし

ズズゥ…ン!!

モブ「あっーーーー!閉まった!」
モブ「これはヤバい、殺人ガスが逆側で広がってるっ!」
モブ「黒足ぃぃぃぃぃ!」

?(すべての建物に次ぐ、裏切り者トラファルガー・ローは今・・・)

モブ「アニキ!黒足のアニキぃぃぃ!」

海兵達が騒ぐ中、起き上がり上を見上げるたしぎ

たしぎ「・・・!」

モブ「あっ!あれは!」

サンジ「海軍ども!大丈夫かぁ!?」

モブ「おおお!黒足のアニキ!」

サンジ「かわい子ちゅわあああん?」

モブ「おお!黒足!生きてて良かった!ありがとう!」

サンジ「うるせぇ!てめぇらは黙ってろ!」
サンジ「良く聞け、もしそれが応援だったら!俺は高い声しか聴きたくねぇんだよ!」
サンジ「うっ」

サンジの右足に痛みが走る

モブ「おい黒足!怪我してんのか!?」

サンジ「うるせぇ!俺は高い声の心配しかいらん!」
サンジ(やばい・・・この状態で戦い続けたら)

サンジ「しかしなんだ?あいつはお前らの上司じゃねぇのか?あいつ血相を変えてどこかに行っちまったけど」

モブ「馬鹿言うな!あんな奴がヴェルゴ中将な訳ないだろ!」
モブ「あれは偽物だよな?大佐ちゃん!?」

たしぎ「はい、勿論です本物のヴェルゴはあなたたちを親が子を思うように思っています!」
たしぎ「彼はあんな事するはずありません!急ぎましょう!早く子供たちを助けて逃げなければ!」

モブ「お、おーーっ!」



~B棟の中~

月歩で基地内を移動しながら、何者かと通信をするヴェルゴ

通信「ローがSADを持ってるだと!?」

ヴェルゴ「ああ、これは裏切りを意味する」

通信「フフフフフフ」

ドン!



~新世界ドレスローサ~

ドフラミンゴ「思った通りだ!フフフフフ」
ドフラミンゴ「俺はあいつを弟だと思ってる、ここまでずっと成長を見守ってやったのに・・・」

王下七武海
ドンキホーテ・ドフラミンゴ
(闇の仲買人:ジョーカー)

通信の相手はドフラミンゴ。
ヴェルゴの報告に高笑いを上げるドフラミンゴ。

ドフラミンゴ「残念だ・・・」

ヴェルゴ「分かった」

ドフラミンゴ「SAD生産室ねぇ!」

ガシャアン

とそこに、刀を背負ったメイド服の女が侵入。
ドフラミンゴにバズーカを向ける

ドフラミンゴ「これが俺のやり方だ・・・最初に・・」
ドフラミンゴ「お前、あの部屋を破壊しろ」

全く動じる様子なく通信を続けるドフラミンゴに女が発砲

ドッゴォーーン

女「ハァハァ」

ドフラミンゴ「そしてあいつはシーザーを誘拐しようともしてる」
ドフラミンゴ「俺だったら殺すな、なぜなら」

ドフラミンゴ「シーザーはこの世で唯一・・・」

ドフラミンゴ「SADの生産法を知っている人物だからな」

ドフラミンゴ「しかしもしあいつがそうしたら、俺にとって都合が悪いんだヴェルゴ」

ヴェルゴ「ではなにをすれば?

パン!

尚もドフラミンゴに切りかかっていたメイド女を、
近くにいたシルクハットの男が撃つ

?「おえーーーん」
?「落ち着け”ベビー5”若頭にそんなことして」

また別の男が、メイドを諭す。

ベビー5「私は絶対にあんた達みたいな下種野郎許さない!殺してやる!」

?「それから?」

ベビー5「それから?悲しみの連鎖が起きるわ!」

?「なにをするつもりです?若頭あのかわいいローちゃんに」
?「決まってるだろ!これが我々に対する反逆だ!そうでしょう?若頭」

ポーカー?をしながらドフラミンゴにベビー5の処遇を問う老人達

ドフラミンゴ「お前も辛いだろうが、ローをそこで仕留めろ」
ドフラミンゴ「あいつが産まれたのを後悔するくらい酷く殺してやれ!」

ヴェルゴ「分かった、死体の写真でも撮っておこうか?ドフィー」

ヴェルゴ「私がドレスローサで買ったばかりのカメラで」

ドフラミンゴ「お前カメラ買ってねぇだろ」

ヴェルゴ「そうだった、俺はカメラなど買ってない」

ヴェルゴ「ならば耳を切り落とすまで」

ドフラミンゴ「フフフフ、期待してるぞ」

ドフラミンゴ「シーザー、モネ、聞こえるか?」

モネ「はい、ジョーカー」

シーザー「ああ、ジョーカー」

ドフラミンゴ「ローの事はもう知ってるだろうが、麦わらのガキにも気を付けろ」
ドフラミンゴ「奴は覇王色の覇気を持ってる、あいつはロー以上の器かもしれねぇ」
ドフラミンゴ「今ここには頭に血の上り過ぎた女がいる、ベビー5とバッファローをそっちへ送る。落ち合ったらドレスローサに皆帰ってこい」



~B棟の中、茶ひげバス利用グループ~

ゾロ「あいつはあのデカいドラゴンより厄介だな、すげぇすばしっこい」

茶ひげ「だからってなんで横になってんだよ!あのドラゴンを止めろ!」
茶ひげ「もうB棟の中は火の海だ!もしあいつをほっといたらタンクの一つに引火しかねねぇ!」
茶ひげ「そして壁が壊れてあの殺人ガスが中に入ってきて皆死ぬ!」

基地の中を飛び回り、火の海にしていくドラゴン。
が、ゾロは茶ひげバスに寝そべって余裕の表情。
残りの剣士2人は

錦えもん「待て皆の物!ドラゴンと言う言葉を聞いているといてもたっていれぬ!あれの存在に憤怒している。それゆえこの手で殺す!」
ブルック「いえいえ、私の方が怒ってます!」

ブルック「見てください!敵意むき出しじゃないですか!私を食べようとしてきました!」
ブルック「そして凄く残念そうな顔をしてました!失礼なっ!」

ウソップ「それはお前のどこも食えないからだろ」

ブルック「骨にはたくさんの栄養があるんです!」

ウソップ「分かった分かった覚えておくよ・・・」

ブルック「錦えもんさん!ここが私が!」
錦えもん「なにを言ってるでござる!貴殿は引くべきでござる!」

いえ私が
拙者が
私が
拙者が

ア・タ・シ・が!

ナミ「引っかかれー引っかかれー」ニンニンニン

茶ひげ「ニンニンニン?引っかかれ?何をやってんだ?」

ナミ「サムライの真似」

ウソップ「それニンジャ・・・」

ナミ「あ、来た!」

波が浮かべておいた雷雲に突っ込むドラゴン。

ナミ「サンダートラップ!」

雷に打たれ、高度を下げるドラゴン。

ブルック「あ!私たちの標的っ!」

錦えもん「何!?あの乳バンド女は忍術を使えるでござるか!?」

ナミ「その呼び方やめて!」

ウソップ「これでも喰らえ、世界でもっとも臭い花、キラーグリーン星!」

ウソップ「ラフレシア!!」

ぷ~ん

ウソップの追撃、ラフレシアがドラゴンに直撃し、顔中を包む

錦エモン「おお!本当に長鼻のゴブリンは魔術が使えるのか!」

ウソップ「誰がゴブリンだ!」

ロビン「クアレンタフルール!」
ロビン「クアトロマーノ」
ロビン「ホールド!」

更にロビンが翼を極め、落下し始めるドラゴン

錦エモン「娼婦(?)までも忍術が使えるのか!」

ブルック「あ~落ちてきますよ~」

錦エモン「拙者に任せい」

落下しながら、2人へ向けて火を吹くドラゴン

錦エモン「拙者の後ろへ!屍殿!」

錦エモン「狐火流・・・」

錦エモン「焔裂き!」

ゾロ「また火ぃ切った」

ブルック「素晴らしい!」

錦エモン「なんのこれしき」

火炎を切られ為す術ないドラゴンを

ブルック「ガボット・ボンナバン!」

錦エモン「火流一閃!」

2人がかりで斬り落としす

ブルック「屍って言ったの誰ですか!」

錦エモン「拙者だが?」


やったーーー

ウソップ「やったぜ!」

ブルック「この!あなたには骨は美味いと言わせやりますからね!」

ゾロ「早くしろ」

錦エモン「忌まわしい獣め!ドラゴン!」

意識を失ったドラゴンを憎々しげに見下ろす錦えもん

ブルック「ん?ちょっと待ってください」

ブルック「私はともかく何故あなたはそこまで嫌うんですか?親の仇みたいでしたよ」

錦エモン「親の仇でござる!」

ブルック「?」

ブルック「あーーーー待ってーーー」

ナミ「ん?ちょっとあれ見て」

ブォオオオオ

ナミ「チョッパーがモンスターポイントになってるわ!」
ゾロ「何やってんだあいつ!」

子供達を抑えるため、モンスターポイントで立ちはだかるチョッパー。



~B棟2階検査室~

モブ「よし、今日の検査は終わりだ、ビスケットルームに戻って良いぞ、キャンディーもある」
子供「ねえ、もう一人の子供はどこにいったの?」
モブ「もう一人?」

子供「行っちゃいけない”シークレットルーム”に行っちゃった子・・・」
子供「あの小さなドラゴンに変身した桃の助って男の子・・・」


ワンピース ネタバレ 第681話 "ルフィVS“M”"
ワンピース ネタバレ 第683話 "氷のような女"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。