お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第684話 "やめるんだベガパンク"

第684話 "やめるんだベガパンク"

これは何だ?
この怪しげな部屋はよ!!とヴェルゴに問いただすスモーカー。

君が知る必要はない!と答えるヴェルゴ。

・・・スモーカー!!。スモーカーがやってきた事に気づくロー。

ヴェルゴ、俺は部下にテメエの本性について言いたくねえんだが・・・
奴等はお前の事を親のように大事に思っていた。
この裏切りは有り得ねえ・・・とスモーカーが言いかけた時、

ああ、遅かったな。ついさっき私はすでに彼らに会ってきたところだ。とヴェルゴが言う。

何しやがった?!とスモーカーが十手を構える。

知れた事。と答えながら黒い竹を取り出すヴェルゴ。

ヴェルゴォォー!!スモーカーが十手で叩きつけるがヴェルゴはそれを竹で受け止める。

頭にきているのか、スモーカー君。
君が彼らを心配したところでどうする事も出来ない。
私は基地司令だ、何をしようと私の自由だ。と言うヴェルゴをスモーカーが睨みつける。

さらに、君が私の正体を知ったと言うなら、どのみち君にも消えてもらわなければな。と言いながらヴェルゴが竹に大きく息を吹き込んでパンパンに膨れ上がらせる。

次の瞬間、竹から矢じりのようなものが飛び出す。
煙になってそれをかわすスモーカー。
矢じりはSAD室内の装置の一つに当たり爆発、辺りを吹き飛ばす。

そのままヴェルゴの背後に回りこんだスモーカー。ヴェルゴを十手で背後から狙う。

その攻撃を身を仰け反らしてかわすヴェルゴ。そのまま背面蹴りを繰り出す。

それを同じく蹴りで受け止め、即煙になり受け流すスモーカー。

今度は正面に回りこみ武装色で硬化した拳を煙で加速させヴェルゴの顔面に叩き込む。

大きく吹き飛ばされるヴェルゴ。

あいつらとどれだけの時間を過ごしてきたかなんて事は俺の知った事じゃねえ。
もしテメエが基地司令だったとしても
テメエが基地を離れたときは、部隊の指揮権は副司令官の手にあるんだ。

俺の部下に手ェ出してんじゃねえぞ!と立ち上がるヴェルゴに向かって今まで抑えてきた怒りをぶちまけるスモーカー。



-B棟のG-5達-
こりゃ一体どうなってやがる・・・。と行動を共にするサンジが言う。

ブルックたちがドラゴンと戦ったところまでやってくるが辺りはすでに火の海。
熱っ、熱っ!!
歩くところもねえ!!
ここで何があったんだ?!
急いで!負傷者を向こうに運んでください!

負傷した仲間を運びながら先へ進むたしぎたち。

そして!!たしぎちゃんを守れ!!とサンジが指揮。
オォー!!とそれに従うG-5達。
それ止めて下さい!!とたしぎ。

彼らと仲良くしないでください!!だいたいあなた私たちの敵でしょう?!とサンジに言うたしぎ。
それはただの社会の決めごとさ。海賊は自由気ままなのさ。ヨホホとデレデレモードのサンジ。

しかし、あの偽ヴェルゴの顔にけりをぶち込むとは・・・男として尊敬するぜ。
おおとも、スゲーぜアニキ!!とG-5達がサンジを尊敬の目で見る。

黙れ!!男の声援はいらねえって言ってんだろ!!と答えるサンジ。
そしてたしぎが、海賊をアニキって呼ぶの止めて下さい!!と怒る。

ドォン!!
その時、近くで大きな爆発が起きる。

何だ?!
タンクが爆発したぞ!!近くにあった一基のタンクが爆発した事に気づく一同。

こいつはヤベー!!
外壁に穴が空いてガスが入ってきちまった!!と毒ガスの進入に気づくサンジ。

ドォン!!さらに別のタンクも爆発し壁に穴が空く。
こっちもかよ!!クソッ!!逃げ惑うG-5達。

外から毒ガスが来るぞ!!
走れ野郎ども!!死にたくなきゃ走れ!!とサンジが激を飛ばす。

逃げ遅れたG-5の数名が毒ガスの犠牲になる。

B棟の大部分が!!と仲間の犠牲を見ているしかないたしぎが言う。

そんなたしぎにサンジが
たしぎちゃん!!前だけ見て走るんだ!!
君が道を見失ったら終わりだ!進むべき方向を間違えちゃダメだ!!と声を掛ける。

そして一団の後方へ走っていくサンジ。
黒足!!とたしぎ。
急げお前ら!!遅れたら死ぬぞ!!とG-5達を励ますサンジ。



-R棟2階 シークレットルーム-
逃げ惑うG-5達の様子をモニターで眺めるシーザー。

ドラゴン達の仕業か、奴等がシノクニを運んできやがった!!シュロロロロ!と笑いをこぼす。

だが、奴等がそこで死んじまったら、俺の実験ショーは完成しねえ!!
おい、C棟とD棟の扉を閉めろ!とシーザーが部下に命じる。

ハイ!R棟はどうしますか?と答える部下。

そこは開けておけ。そこを奴らをR棟の最初の部屋に向かわせる餌にするんだ!
奴等がR棟の66番ゲートへ向かおうとすれば他に迂回する道もねえ。
さあ、奴らを案内してやれ!!シュロロロロ。と画策するシーザー。

つまらねえ部屋だな。このR棟2階、シークレットルームは。
この部屋には来たくなかったんだが、麦わらどもを思い通りにすることが出来なかったせいで、ちっとも事が上手く運ばねえ。とこぼすシーザー。

俺の背後にはジョーカーが付いているんだ!俺たちがここから遠く離れたら、奴らを全員殺せ!
とシークレットルームに集まった大勢の部下に命令するシーザー。

マスター、我々は戦闘の準備はすでに出来ています。しかしなぜ忌み嫌うベガパンクの部屋に来たのですか!?と部下が質問する。

俺たちはベガパンクの起こした4年前の事故を今でも恨んでるんだ!!
我々は奴らと戦わなくてもいいのですか!?と集まった部下たちから声が上がる。

いいんだ。お前たちは俺の一番大切な力だ。俺はお前たちに無駄な血を流して欲しくないんだ。と言うシーザー。

マ、マスター。と感激の涙を流すシーザー部下たち。

作戦はこうだ。
まず、C棟とD棟を俺が言ったように閉鎖する。
そして、この施設の通り抜けられる全ての通路をR棟1階の最初の部屋へと誘導するんだ!!

麦わら共にG-5共、そしてガキ共、奴等が仲間だろうが敵だろうが関係ねー。
生き残った全員、その部屋に向かうしかねえ様にするんだ。と説明するシーザー。

R棟1階の最初の部屋は換気システムがあり外からの空気が中に入ってきて・・・その、つまり・・。説明を聞いた部下が言う。

そうだ!!シノクニを部屋の中に送り込むんだよ!!奴らには引き返す逃げ道もあたえねえ!!とシーザーが言う。

この作戦通りにやれば、誰が生きてられるってんだ!?全ての扉が閉められて、巨大なガス室となった部屋の中でな!!

俺はその映像を新世界のブローカー達に送る!!
暗黒街に俺の真の力を証明して見せるんだ!!シューローローロー!!と高笑いのシーザー。

恐れながら質問があります、マスターシーザー・・・・あの恐ろしい毒ガスは・・・・あなたがお作りになったのですか、マスター!?
あれは4年前にベガパンクが作った毒ガスにそっくりだ。我々にとって疎ましいものです!!シーザーに質問する部下。

それを聞いたシーザーは
これは科学的復讐の戦いなのだ。わが部下たちよ。と涙を流す。

エッ・・・・・シーザーの言葉に驚く部下たち。

あの日、俺は奴を止めようとした!!あのマッドサイエンティスト・ベガパンクを!!
俺は奴に言った。
この兵器を爆発なんてさせたら、この島にいる人々はどうなるんだ!?
止めるんだ、ベガパンク!!
・・・・・だが、事故は起きた!!

そして今なお奴は海軍の科学部門のトップに居続けている!!
しかもあいつは世界最高の科学者なんていわれてやがる・・・・俺は奴が許せない!!
お前達を冷酷に傷つけるような男が世界最高の科学者などと賞賛されて果たして本当にいいのか!?

・・・・・・・!!
”M”・・・・!!熱く語るシーザーの話にすっかり心を掴まれ涙しながら聞き入る部下たち。

俺だってこんな大量殺人兵器なんて作りたくはないんだ!!
だが、俺はここに奴より優れた科学者がいる事を、俺が世界一だって事を証明するんだ!!

海軍が俺への非を認めて、そして俺が科学部門のトップに立ったとき!!俺はやっと・・・・・
俺の科学で世界の平和を守ることが出来るだろう!!涙ながらに語るシーザー。

マスター!!ウオォォオオーーー!!
すまなかった!!あんたを疑ったりした自分たちが恥ずかしいぜ!!
あんたはやっぱり俺たちの救世主だ!!シーザーを讃える部下たち。

マ・ス・ター!!
マ・ス・ター!!
鳴り止まぬ歓声の中、にや~とシーザーが悪そうな笑みを浮かべる。

-シーザーの回想-
止すんだシーザー!!

実験を今すぐ中止するんだ!!
そんな兵器を爆発させたらこの島にいる人々はどうなるんだ!?と海軍の科学者たちに実験の中止を迫られるシーザー。

黙れこの役立たず共!!
ここは海軍の研究施設だぞ!!

海兵がいかに多くの海賊を殺すことが出来るか!!俺はそんな兵器が欲しいと奴らに言われたんだ!!
実験に消極的な仲間にシーザーが怒る。

違う!!彼らはそんな一般市民を巻き込むような残酷な兵器は望んでいなかった!!シーザーに反論する科学者たち。

シュロロロ!!バカが!そりゃ必要な生贄だ!!
人を巻き込む?バカいってんじゃねー!!
海賊どもを丸ごと吹き飛ばしゃ、世界は平和になるんだ!!

残酷だぁ!?この島のカスみてーな囚人共で実験して何が悪いってんだ!?
センゴク元帥の考えは甘すぎるんだ・・・・。だが、きっと大将赤犬なら俺の兵器を必要としてくれるはずだ!!怒鳴り散らし自論を述べるシーザー。

ベガパンクは天才の俺に嫉妬しているだけだ。
シュロロロロ!奴はまた巨大化に失敗したそうじゃねーか!!

魔法じゃねーんだ。人間そんなに急にでかくなったりするものか。
俺は奴に言ったんだ!!成長期のガキを何人か攫ってきて、あらゆる薬物処置を施してやれってな!!
と薬品を手にしながら他の科学者たちに話すシーザー。

~さらに場面変わりベガパンクにクビを言い渡されたときの事を思い出す
仲間に取り押さえられるシーザー。
何しやがるんだベガパンク!!荒れるシーザー。

君には科学部門から消えてもらう。シーザー。
もはや、君の振る舞いには耐えられない・・・・。
これ以上君をかばうことは出来ない。とシルエットのみ登場のベガパンクが言う。~

ベガパンクに罷免されたシーザー、
バカいってんじゃねーぞ!!とその時の事を思い出しまた荒れる。
そしてぶち切れたシーザーがついに暴挙に出る。

止めるんだ!!シーザァーーー!!
仲間の制止も聞かず兵器の起動スイッチを押すシーザー。

カチ!!

ドォォーーン!!研究所から巨大なキノコ雲が立ち上る。

-シーザーの回想によるパンクハザード誕生秘話終わり-

そして現在に戻り、
C棟とD棟のB棟とを繋ぐ通路が封鎖される。

そんなシーザーの策をまだ知らない、サンジたち、ナミたち、そしてスモーカーたち。
それぞれが別々に厄介な状況に立たされていた。

そして、ゴミ捨て場に落ちてしまったルフィ。
喋った!?
何だお前!?とゴミ捨て場で出会った東洋風の竜に話しかける。

少し怯えた様子で
あなたこそ何なんですか?と答える竜。

今までのドラゴンと一風変わったこの竜の正体は一体何なのか?


ワンピース ネタバレ 第683話 "氷のような女"
ワンピース ネタバレ 第685話 "拙者、名を桃の助と申す"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。