お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第691話 "死の国の王"

第691話 "死の国の王"

子供達「うわあああ!!」

サンジ「天井が上に浮きやがった!!おまけに裂け目からガスが入り込んできやがったか!!」

ナミ「まずいわね!」

子供「お姉ちゃん、怖いよ!」「わあああ!」

サンジ「おい、クソガキ共!ビビってる暇なんざねェぞ!立ち上がって走れ!!」

G5「ああ!大佐ちゃん!あの鳥女を倒したんだな!!無事で何よりだ!!でも
何でおれたちの前から来てるんだ!?おれたちをシンガリで守ってくれてたと思ってたんだが」
たしぎ「前方にG5が!?やっぱり道を間違えてたんじゃないですか!!」

ゾロ「ああ!?」

たしぎ「でもそれより…降ろして下さい!!恥ずかしいです!!」

サンジ「キサマ誰の許可を得てたしぎちゃんを担いでんだぁ!!!!」

ナミ「ゾロ、逆、逆!」

ロビン「みんな、急いで!!」



━━━ B棟梁2階、診察室━━━

G5「天井が崩れ始めたぞ!!チョパやん!!これ以上ここにはいられねェよ!!」

チョッパー「うん!!今応急処置を終えたとこだ!急いでR棟へ!」

G5「よっしゃ、おれ達に任せとけ!」

チョッパー「モチャ、頑張れ!!ここから出るぞ!!」

モチャ「ハァハァ…」



━━━D棟SAD製造室 ━━━

ヴェルゴ「クソが…明日の朝食はどう食べりゃいいんだかな…返り討ちに合うとは」

ヴェルゴ「随分酷ェじゃないか、ロー。かなり落胆させられたよ。だがお前は必ず
後悔するぞ。よく聞け…お前はジョーカーの過去を知らない。それが命取りになる!!

ロー「!?」

ヴェルゴ「少し名を挙げた新世代が取って代われるほど世界は浅くない。
教えてやれよ、スモーカー。威勢だけの小僧どもにこの根深い世・・・・」

スパン!!(顔を両断されるヴェルゴ)

ロー「おれの心配をする必要はねェよ。てめェの身のほうを心配しな…
この部屋はもうじき消えてなくなる。じゃあな、『海賊』ヴェルゴ…」



━━━R棟1階 ━━━

シーザー「やりやがったな…!!こりゃローの仕業だろ!!ヴェルゴは何やってたんだ!?」

PH兵「マスター!!何事ですか!?仲間が皆、瓦礫の下敷きに!!マスター!!」

シーザー「畜生!!おれの楽園を完全にぶっ壊しやがったな!!」

ルフィ「今のは何だったんだ!?みんな無事ならいいけどな」

シーザー「R棟2階、聞こえるか!?秘密の部屋、応答しろ!!」

PH兵「は、はい、マスター。こりゃどうなってるんです!?」

シーザー「通気口を今すぐに開放しろ!!シノクニをこの部屋に流れ込ませろ!!
おれはガスの体だから死にはしねェ!!」

PH兵「了解です。では、仲間が階上に戻り次第…」

シーザー「今すぐやれ!!」

PH兵「!?」

シーザー「今すぐにやれと言ったんだ!!時間を無駄にするな!!」
シノクニこそがおれの真の力だ!!」

PH兵「し、しかし…100人以上の兵士がまだそこに残って…」

シーザー「知ったことか、この間抜けが!!お前らモルモットが何百人死のうが
誰も悲しみはしねェんだよ!!人間のクズが!!」

PH兵「!?」

茶ひげ「うぐ…!!」

シーザー「急いでやれ!!聞こえなかったのか!?お前らの代わりなんざ
いくらでも用意できるってんだよ!!」

ウソップ「おお…連中静かになったな…茶ひげみてェにシーザーの
正体に気づいたみてェだな…おかげでおれのことは忘れてくれてる。
モニターに映ってるのは…ゾロ達だな!!あのガスに囲まれて苦労してるのか!
そこの連中はこの部屋からドアを操作できるのか?」

シーザー「おい…どうした…何を見てる…」(ハァハァ…)

PH兵「え…い、いや…え!?」

PH兵「分かった、こういうことだろ。敵を騙すためのタダの演技なんだよ!」

PH兵「え?なるほど!そういうことだったか。殺戮ガスも戦術か何かのはずだ!
部下に何かしようってはずもあるめェし!!親切なマスターを疑ったら、傷ついてしまうぞ!!」

カチッ(通気口を開けるスイッチを押す)

PH兵「マスター!!通気口を開けました!」

シーザー「シュロロロロロ!!」

PH兵「殺人ガスが入ってくるぞ!!」

シーザー「そうだ、さっさと言ったとおりにしとけってんだ!ゴミが考える必要なんざねェんだよ」

シーザー「来い、おれに力を与えろ、シノクニよ!!」(シノクニと合体して
巨大化するシーザー)

シーザー「シュロロロ…これこそがおれの科学力…うまくいったようだな…」

シーザー「公開実験のおかげで既にシノクニに2つの平和な国が飛び付いた。

ルフィ「……」

シーザー「人間が本気で自分を守りてェなら、敵を皆殺しにする手段を欲するのが
世の常ってもんだ!!世界を兵器まみれにして、おれは死の国の王となる!!
シュロロロロ!」

PH兵「え…マスター…やめ…」(シノクニに飲み込まれるPH兵)

ルフィ(ざわっ)

ルフィ「モモ!茶ひげを見とけ!!」

モモの助「え、分かったでござる。しかしあれは一体何でござるか。
人々が…」

PH兵「わあああああ!!仲間が!!皆死んだ!!こりゃ一体どういう仕打ちですか、
マスター!!…!!もしかして本気でおれ達のことをモルモットとしか思って
ないんじゃ!?」

シーザー「シュロロロロ…こりゃビックリだ!!この制御の速さはもはや芸術品だ!!」

シーザー「おい!!どこへ行く、麦わらのルフィ!!シュロロロロ!腰が引けたか!?
何て無様な姿だぜ!!だがその通路が通じてるB棟はとっくにシノクニで
充満してるぞ!!お前ら全員、この島からの逃げ道なんざねェんだよ!!」



━━━━━━場面変わって━━━━━━

ウソップ「傷心のトコ悪ィが、その操作パネルを弄らせてくれねェか!?
仲間をガスから守りたい!」

PH兵「!?そうだ、あいつもここにいたんだ!麦わらの一味!!」

PH兵「全部見てやがっただろ、畜生!!見ての通りだ…おれ達は見事に裏切られたとこだ」

PH兵「もう終わりだ。今は奴が敵だとわかっていても、ここから出る術はねェ!!」

PH兵「だが、お前らも同じじゃねェのか!お前らの船長がシーザーから
逃げるのを見なかったのか!?」

PH兵「はは!いい気味だぜ!お前らを置いて一人で逃げ出してんだ!」

ウソップ「…おいおい、おれの目の前でウチの船長を侮辱するのか?
あいつが俺達を裏切る様な奴だったらいくらか楽だったかもな。
こちとら尻尾巻いてにげだしてぇのに!!どこまでもどこまでも際限なく
おれ達の力を信じてやがるから・・・しまいにはこっちが折れちまったよ!!

ウソップ「だったら命の限り 応えてやらぁってなぁ!!!
見てろ、シーザーはルフィの最も嫌いなタイプの人間だ。
ルフィはシーザーを許さない!!!」


エレファントバズーカを思い切り構えるルフィ

ルフィ「もう、おめェの顔は見たくねェよ!!」

巨大化したのに早くも涙目のシーザー。


ワンピース ネタバレ 第690話 "SAD"
ワンピース ネタバレ 第692話 "ドレスローザから来た刺客"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。