スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

第48話 "その航路、やめときな"

「生きていたのか"赫足のゼフ"」

首領・クリーク曰く、

赫足とは蹴り倒した相手の返り血をあびた靴のことで、

赫足のゼフは戦闘において一切手を使わない蹴りの達人!!!

その強靭な脚力は岩盤をも砕き鋼鉄にすら足形を残す

コックにして船長を務めた無類の海賊らしい。


首領・クリークは赫足のゼフの航海日誌をよこせという。

そしてその航海日誌を利用し海賊王になると発言。

その海賊王になるという首領・クリークの発言に反応したルフィ。

ルフィは海賊王になるのはおれだ!!!と。

ルフィと首領・クリーク一触即発か?

が、首領・クリークは一度100人分の食料を自分の船に持ち帰る。



残されたギンとルフィとゾロとウソップと海上レストランの一同。

ギンは偉大なる航路で出会った出来事を語りだす。

ギン曰く、

偉大なる航路でクリーク海賊団50隻の艦隊は

鷹のようにするどい目をしたたった一人の男に壊滅させられたという。



第47話 海賊艦隊提督"首領・クリーク"
第49話 "嵐"
東の海編  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。