お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第701話 "愛と情熱とオモチャの国の冒険"

第701話 "愛と情熱とオモチャの国の冒険"

扉絵:カリブーの新世界でケヒヒヒヒ vol.22 「興味津々-何だこの島、武器工場?」

【ドレスローザの海岸】


ルフィ

「着いたぁ~!」


ウソップ

「声がでけぇっつってんだろルフィ!

 ここはもう敵地だぞ!」


フランキー

「アーウ!今週のおれはスーパーだぜ!

 工場の一つや二つ!さっと見つけてドカンだ!」


ルフィ

「いいこと思いついた! 飛べ!モモ!」


モモの助に乗るルフィ


モモの助

「重いっ!のけい!拙者は飛べぬ!島にも入らぬ!

 父上の申しつけゆえ!」


ルフィ

「何言ってんだ?お前飛んだじゃねぇか

 (チョッパー&ロビンに向かって)コイツ飛んだんだよ!」


ロビン

「翼もないのに?」


モモの助

「だから言うておろう 拙者そのことは覚えておらぬ!

 …ま…万が一とべたとしても…!」


-回想、謎の手-

『名前は?』


モモの助

「そ…そんなおそろしいこと…!

 拙者は二度とせぬ…!

 空など飛んでたまるかぁ!!」


ルフィ

「? 何だぁたけぇーとこコエーのか!」


モモの助

「貴様、無礼でござるぞ!武士にコワイものなどない!」


モモの助に噛まれるルフィ

「痛だだだ!

 やめろコンニャロー!」


ルフィがモモの助を殴り飛ばす



ルフィ

「何がブシだ!おれはいつか『海賊王』になる男だ ばーか!」


モモの助

「ふんっ!ではせっしゃはいつかワノ国の『将軍』になる男でござる!

 あほーう!」


ルフィ

「何を!?うなぎぃ!」


モモの助

「頭が高いぞ さるっ!」


ブルック

「ルフィさん 相手8歳ですよ」


錦えもん

「やめいモモの助!

 恩人であるぞ!」

「すまん!ルフィ殿 大目にみてくれ

 童なれどワノ国の武士 気位が高い…!

 しかしわずか8歳の子供にムキになるおぬしもどうだ」


ルフィ

「俺は意気地なし嫌いなんだ!」


モモの助

「…!ちくしょう おナミ!サルのやつが」


ナミに抱きつくモモの助


ナミ

「よしよし」


錦えもん・サンジ・ブルック

「キサマ離れろぉ!」


ナミ

「何なのよ」


サンジ

「親が親なら子も子だ!

 武士ってのは下心丸出しだな!」


錦えもん

「心外にござる!」


フランキー

「錦えもん さっさと町へ行こう 変装する服はどうなった?」


錦えもん

「そうでござった

 ドレスローザはみなこのような衣装にござるゆえ

 町に溶け込めるようおぬしら変装させてしんぜる!」


錦えもんが変装のイメージ図を見せる
[男はシャツ着用 女は裸]


サンジ

「最高じゃねぇかドレスローザ!」


ナミ

「ウソをつけ!」


錦えもんとサンジを殴り倒すナミ


ロー

「おい お前にこいつを渡しとく」


ナミ

「ビブルカード…?」


ロー

「さっき話した『ゾウ』という島を指す

 俺たちに何かあったらここへ行け」


ウソップ

「おい!何もねぇよな!」


ロー

「さぁな
 これは仲間の描いた地図だ」


地図を広げるロー


ナミ

「わっ下手!」


ロー

「今…この辺りだ…!
 シーザーを引き渡すチームは『ドレスローザ』を通って

 北へのびる長い長い橋を渡り『グリーンビット』へ進む」


[シーザー引き渡しチーム]


ウソップ

「船で行きゃいいだろ全員で!」


ロー

「船じゃ不可能らしい」


ロビン

「あらそれは楽しみ」


シーザー

「あ…安全に頼むぞオイ!」





[サニー号安全確保チーム]


モモの助

「カン十郎…!無事だとよいが…」


ナミ

「ねぇ!敵が来るってどういうこと!?」


ブルック

「えー!船番安全じゃないんですか!?」


チョッパー

「そりゃここは敵の本拠地だぞ?

 でも船番はサンジも一緒だから…

 あれ!?サンジ!?」


ルフィたちがいなくなってる


ロー

「麦わら屋達はどうした!?

 あいつら作戦のメインだぞ!」


チョッパー

「おい!おれ達は誰が守ってくれるんだ!?」



ドレスローザの街


[この国を訪れた者達はいくつかのことに心を奪われるだろう

 一つは――かぐわしき花々と

 この国自慢の料理の香り]


ルフィたち

「いい匂い~」


[また一つは…

 疲れを知らぬ女たちの情熱的な踊り]


サンジ

「何ていい匂い~」





[そして…]


???

「コラーまて!返せー!」

人形の腕を齧った犬が逃げている


片腕がない人形
「待ちなさい!マリオ 返しなさーい!

 私の腕をーっ!返しなさーい!

 まったくもー 困ったコだ 綿がとび出ちまうよー!」


ルフィ

「ぬ…ぬいぐるみ…?」


マリオネットの兵隊

「こんにちは兵隊です!あれあれ?キミたちどこかで~

 お会いしましたかねー?んー見た顔だ…

 あ!そういえば今朝の新聞に…」


傾きすぎて転ぶ兵隊

「しまった 糸がからまった!助けてー!」


ルフィ

「こいつらオモチャ…??」


[もう一つ…旅人を驚かせるものは…

 町に溶け込みごく自然に人間と共存する

 命を持ったオモチャたちの姿である]


ルフィ・ゾロ・サンジ・フランキー・錦えもんが
口をぽかーんとしている

[工場破壊&侍救出チーム]




モブ

「わぁー 男が刺されたぞー!」


兵隊

「ああ…またか」


ゾロ

「またって何だ?

 連続通り魔でもいんのか?」


兵隊

「いえ この国の女性たちは恋に情熱的で嫉妬深く

 男の裏切りにあったりするとよく人を刺します」


一味

「コエェな!」


兵隊

「美しい人程 まー刺しますよホント!」


[ここは愛と情熱とオモチャの国

 その港町――「アカシア」]


ルフィ

「う~ん!オモチャ動いてっけど まあいいか!

 とにかくメシだ!」





レストランバーに来た変装しているルフィたち


錦えもん

「拙者このような場所で油を売っておる場合ではない!」


フランキー

「まぁまぁ落ち着け 確かに時間はねぇが…

 闇雲に走るよりは情報を掴むべきだ」


サンジ

「しかし妙だと思わねぇか

 仮にもこの国の王が今朝王位を放棄したばっかだぞ?

 おれぁてっきりパニックにでもなってるかと」


ゾロ

「知らねぇんじゃねぇか?」


フランキー

「んなバカな!」


ルフィ

「聞いてみよう おい おっさ…」


ルフィが近くに居たおっさんに声をかけようとする


サンジ

「やめろ!!

 おめぇの顔が新聞に載ったの今朝だぞ」


サルのオモチャ

「お料理…お待たせしたとかしないとか!」


一味

「わー待ってたぞー!」


サルのオモチャ

「ドレスエビのパエリア!

 ローズイカのイカスミパスタ!」

 妖精のパンプキン入りガスパチョ~!」


ルフィ

「どれも うんまそ~!」


サンジ

「ん?“妖精のパンプキン”って何だ?」


サルのオモチャ

「え~この国では~妖精の伝説が今でも…

 信じられているとかいないとか――

 つまり妖精が出るとか出ないとか!」


サンジ

「妖精が出る?」


サルのオモチャ

「え~…不思議でしょ 何百年も前からです

 ――どうぞ旅の人!

 お気をつけになるとかならないとか…」


一味

「不思議なのはお前らだろ」


ギャハハと奥で盛り上がっている


フランキー

「騒がしいのはルーレットか」


ゾロ

「チンピラどもが盲目のおっさんから金をむしりとってる」


盲目のおっさん

「いけっ 今度こそ白だ!」


チンピラ

「どうかなぁ~!」


盲目のおっさん

「な…何が出ました?見てください」


チンピラ

「残念!黒の29だよ!」

本当は白の18


盲目のおっさん

「今度こそ白」


チンピラ

「黒の15!」

本当は白の19


周囲の客たち心の中で

「ひでぇなあいつら ドンキホーテのツラよごしだ」


盲目のおっさん

「こりぁついてねぇや どうも」


チンピラたち

「ホイ 賭け金回収~

 どうする もうやめとくか?

 バッファローさんがいねぇと儲かるぜ…」


盲目のおっさん

「…いや最後にもう一番!あり金全部だ!」


チンピラ

「よく言った!気に入ったぞおっさん!

 じゃぁおれ達はお前のぎゃくに全額突っ込んでやる!

 次を当てた方が総取りだ!

 最後に男の勝負をしようぜ!」


盲目のおっさん

「ホ…ホントですかい!?

 じゃぁ…白だ!」


チンピラ

「よぉし おれらが黒!」


盲目のおっさん

「来い!来い!白っ!

 さぁどっちだっ!?

 どっちですかい!?」


白の27



チンピラ

「…!

 残~念だったなぁ おっさ~ん…

 勝負は黒…」


ルフィ

「白だ!」


チンピラ

「あぁ!?誰だてめぇ!」


ルフィ

「白じゃん おっさん勝ちだな!」


チンピラ

「よく見やがれ黒だよ バカ野郎!

 余計な口出しすんな!」


客たち

「誰だあいつ!相手がわかってんのか!?」


サンジ

「また首を突っ込む…」


盲目のおっさん

「ホ…ホントに勝ってやすか?

 どなたか存じませんがご親切にどうも」


ルフィ

「あーいいよ 見たまま言っただけだ よかったな!

 しかしおっさん 相当強そ…」


チンピラ

「そういうのヤボってんだよ 小僧!

 おれ達が黒と言やぁ黒なんだ!

 そいつはどうせ見えてねぇんだからそれでいいんだよぉ!

 邪魔な奴だ 消えろ~!」


集団でルフィを襲おうとするチンピラたち


鞘から刀を少しだけ抜く盲目のおっさん

「――こらぁいけねぇ!

 お兄さんちょいとどいてておくんな

 その人ら地獄へ落ちてもらいやすんで…!」


チンピラたちが床に倒れだす


チンピラ
「え?ん?
 重い重い!
 奴が俺を砕こうとしている」

チンピラたちが床にめり込み

ついには床が抜け落ち、巨大な穴が空いてチンピラたちが落ちていく


麦わら一味

「え~!?何だあいつぁー!

 何をしたぁ~!?」


ルフィ

「すげー 穴があいた」


盲目のおっさん

「…見えねぇこともまた一興

 この人の世にゃあ見たくもねぇウス汚ぇモンも

 …たくさんありましょう…」


ワンピース ネタバレ 第700話 "奴のペース"
ワンピース ネタバレ 第702話 "コリーダコロシアム"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。