スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第706話 "お前を笑わない"

第706話 "お前を笑わない"

扉絵:「カリブーの新世界でケヒヒヒvol.26
残された婆さんと一枚の写真」

バルトロメオが入場すると、場内でアナウンス

「そして~遅ればせながら、この人もまたBブロック!!」

「1年前、彼はまるで流星の如く新世界へ登場しました!!」

「想像もつかないほど残酷で、いかれたルーキー!!!」

「海賊たちの串焼き映像事件、そして市民への砲撃事件でも知られています…」

「今最も消えて欲しいと思う海賊NO.1!!!」

「海賊、バルトロメオ!!」

海賊団「バルトクラブ」船長
通称=人喰いのバルトロメオ
懸賞金1億5000万ベリー

顔はまるで野獣のよう。鼻には牛のようなピアスをしている。

胸には大きなコウモリの刺青が。


アナウンスに答えるかのようにバルトロメオは叫ぶ。


バルト
「一人残らず地獄に送ってやるぜ!!」


バルトロメオの登場に、観客は大ブーイング。

「負けてしまえ、クソ野郎!!」

「お前こそ地獄に堕ちろ!!」


そんな観客の反応もどこ吹く風。

ヘハハハ…と鼻くそをほじるバルトロメオ。

しかし急に客席に何かをぶん投げる。



「おい…?まさかこれ…?」

「貴様いったい何をしてるか分かってるのか!!!」

「爆弾か!!」

「うわああああ!!」

「どけよ!!どけって!!!」

「こんな人ごみじゃ…逃げられないぞ!!」

「レディーファーストって聞いたことないの!!先に行かせてよ!!!」

「いくらでも払うから…助けてくれえ!!」


大パニックに陥る観客たち。


そこにバルトロメオが投げたものが落ちてくる。

黒いボールのようなものだった。

「ボ…ボール…?」


バルト
「うぜえんだよお前ら……」


ブブーーーーウウ!!!!

バルトロメオの投げたものはおなら爆弾だった。

観客席が広範囲に渡ってオナラで汚染されていく。


そんなバルトロメオに軍師ダガマが声を掛ける。


ダガマ
「やるじゃねえか、とんだチンピラだな」


バルト
「あんなクソどもに好かれたってどうしようもねえからな…」



再び場内アナウンス。

「Bブロックの参加者が次々と入場していますが!!」

「さきほどのいかれたバルトロメオとは正反対の人物が登場します!!」

「我が国の国王ドフラミンゴを敬愛し……!!!」

「遠い国より持ち帰った巨大な〝黄金の柱〟を寄与することで彼に忠誠を誓った男!!!」


観客がどよめく。


「おお…彼に違いない!!」

「きゃああ!!」


アナウンス
「それ以降、ドレスローザを野蛮な海賊の国だと貶める全ての国を彼は無情にも破壊し続けてきました!!」

「そして彼は今回、王自身より大いなるチャンスを与えられました!!」



「……?」

湧きあがる観客とは裏腹に、コンテストの参加者は誰のことか全くわかっていない様子。



一方、Cブロックのルフィは控室をうろちょろしていた


控室はAブロックの試合を終えたケガ人で溢れかえっていた。


係員
「医務室は向こうです!!」

「全員を搬送できるほどの余裕はないので、歩ける方は歩いて行って下さい!」


戦士
「くそ…あんなバケモンが参加してるなんてよ…!」


ルフィ
「こいつらみんなやられたのか…あのチャンピオン野郎に…」


タンカで搬送されてる兵士もいた。


戦士
「やめてくれ…あの怪物に殺されちまう!!」


係員
「大丈夫だ、もう終わったんだ!!!」


そんな様子を眺めているルフィに大男が声を掛ける。


大男
「おい…ちゃんと分かってるぜ…おれの眼は節穴じゃねえ」


ルフィ
「ん?」


大男
「いくら変装しても無駄だ…おれの評判を地に落とした男だからな…忘れやしねえぞ…!!!」

元ベラミー海賊団船長ハイエナのベラミー
懸賞金:1億5千万


ジャヤのおっさんを思い出すルフィ。


ルフィ
「お、おめえ…ひし形のおっさんをボコボコにしたやつだろ!」     

「ひし型の…」


ベラミー
「ベラミーだ」


ルフィ
「ああ、そうだ! ベラミーだった!」     

「ここでなにしてんだ!?」


ベラミー
「ジャヤに住んでるわけじゃねえよ…どこにいようとおれの勝手だろうが」     

「おれはガキの頃からドフラミンゴに憧れてたんだ…」    

「メラメラの実なんかに興味はねえが…おれにも負けられねえ理由がある…!!」


ルフィ
「じゃあおれたちも戦うことになるな!!」


ベラミー
「もうあの頃の俺とは違うぜ…麦わらよ…」

「そういやおれもスカイピアに行ったんだ」


ルフィ
「!?」


ベラミー
「大勢仲間を失ったが…おれの中の世界はひっくり返ったぜ」


ルフィ
「スカイピア?!おめえ空島のやつらに手を出してねえだろうな!!」


ベラミー
「どうだろうな…」


ルフィが睨む。


ベラミー
「まあいずれにしても…おれはもうお前に反論するつもりはねえよ…」     

「おれたちを飲み込もうとしている巨大な波を乗り切るために…おれはドフラミンゴの船に乗る!!」     

「おれはもう…お前を笑ったりしねえよ…」


そう言ってスタジアムへと歩いて行くベラミー。


まだアナウンスが続いている。

「今日の試合で勝てば、ドンキホーテ一家の幹部昇進が約束されています!!」

「優勝候補の一人…ハイエナのベラミイイ!!」



「ベラミー!!!」

「きゃああ!!」

「ベラミーさま~!!!」


両手を挙げて観客の声援にこたえるベラミー。


そんな彼をキャベンディッシュがふてくされて見ている。


キャベ
「すいぶん人気があるじゃないか」    

「ところでルーシー、君は何ブロックだ?」


ルフィ
「おれは……」


ここで各ブロックの有力選手抜粋。

Cブロック:138名参加
呪禍師:マミー
冒険家:オオロンブス
海賊:キャベンディッシュ
剣闘士:メドウズ
戦犯:スレイマン
剣闘士:アキリア
軍隊長:ローリング・ローガン
剣闘士:レベッカ
放火魔:ダマスク

Dブロック:139名参加
武闘家:サイ
剣闘士:ルーシー
殺し屋:ケリー・ファンク
賞金稼ぎ:ジャン・アンゴ
武闘家:ブー
ボクサー:イデオ
元海賊頭領:チンジャオ
巨人戦士:ハイルディン
殺し屋:ボビー・ファンク

Bブロック:138名 参加
闘う王:エリザベロ―Ⅱ世
軍隊長:タンク・レバント
犯罪者:アブドーラ
格闘家:ブルーギリー
海賊:バルトロメオ
剣闘士:リッキー
海賊:ベラミー
軍師:ダガマ
魚人戦士:ハック
犯罪者:ジート


Bブロックの戦士たちがステージ上に集まる。

戦士たちのテンションも最高潮に達している。


「場外に落ちれば即失格!!」

「場内でも死ねば即失格!!」

「生き残るのはたった一人!!」

「今ゴングが鳴り響きます!!」




ベラミー
「さて…どいつからやろうか…」


そんなベラミーの元に、数人の屈強な男たちが一目散に集まってくる。


「まずはベラミーからだろう、ダガマ!?」
そう言うのは軍隊長、タンク・レパントだった。


ダガマ
「そうさ、面倒なやつから片付けていくぞ!!」


他にもエリザベローⅡ世の姿もある。


数人で手を組んでる様子。


ベラミー
「なんだこいつら…軍隊か何かか?」


バルト
「これじゃバトルロワイヤルにならねえだろ…」


ダガマ
「死んでから好きなだけ呪うがいいさ、ギャハハハ!!」     

「最後まで立ってたやつが勝者、結果が全てなのさ!!!」


ワンピース ネタバレ 第705話 "追撃のメイナード"
ワンピース ネタバレ 第707話 "Bブロック"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。