スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第730話 "3枚のカード"

第730話 "3枚のカード"

広場に倒れているロー

電伝虫越しにウソップたちが心配している

ウソップ
「おいおいなんだその銃声に爆発音は!」     

「ローになにかあったのか!?」


サンジ
「そっちで何が起こってるんだ!?」


突然の騒ぎに周囲の人々もざわつき始める

そんな人々にドフラミンゴが語りかける

ドフラミンゴ
「騒がせてすまないな!」     

「今朝の〝退位に関する誤報〟、あれはこいつに仕組まれたものだったんだ」     

「どうやらおれを王位から引きずり降ろしたかったらしい!!」     

「だがもう問題は解決済みさ!!」


ドフラミンゴの足元で倒れているロー

もはや意識もない・・・


民衆
「・・・分かってるさ!!」

「このドレスローザが悪い奴らに乗っ取られるところだったってことだろ!」

「おれたちはラッキーだ!」

ドフラミンゴの言葉に応じる人々



ルフィ
「おいミンゴ!!」     

「ローに何したんだよ!」


ドフラミンゴ
「〝麦わら〟か…お前には関係ないさ…!」     

「ローはおれの部下…こいつの〝処刑〟をするのはおれの責任さ…!!」


ローの元に駆けるゾロと錦えもん


ゾロ
「錦えもん!ローを運ぶぞ!」


錦えもん
「了解でござる!!」


海兵も動き始める


海兵
「中将!〝海賊狩り〟が動きました!捕らえますか!?」


バスティーユ
「…そうか、じゃあ…」



「待ちなさい」

中将たちを呼び止めとめる声が聞こえる…



一方、錦えもんの持つ電伝虫からはチョッパーの声が聞こえてくる

チョッパー
「ちょっと!どうなってんのか誰か教えてよー!」


錦えもん
「ロー殿が重体でござる…!相手はあのドフラミンゴにござるよ!!」


ナミ
「なんですって!?」



向かってくるゾロと錦えもんを見据えるドフラミンゴ

ドフラミンゴ
「これはこれは…〝海賊狩り〟に〝火狐の錦えもん〟じゃないか…」     

「ってことはモモの助はお前らの船ってことか」


ゾロ
「アイツに捕まるんじゃねえぞ!!」     

「ローを連れ帰るんだ!」


錦えもん
「もちろんでござる!」


ドフラミンゴ
「ふっふっふっふ…」


余裕の表情のドフラミンゴ

そして、ゾロが刀を抜く


ガキイイイン!!!


立ちはだかったのは大将藤虎!


ゾロ
(こいつは……)


ズンッ!!!

さらに重力をかける藤虎

ゾロのサングラスが割れてしまう

藤虎の圧力に、ゾロの表情が歪んでいる


ベコオオオン!!!

カジノのときと同じように、地面に大きな穴が開く

その穴に落ちていってしまうゾロ


錦えもん
「うおっ!!ゾロ殿!!」


ウソップ
「錦えもん!!ゾロがどうしたんだ!?」


錦えもん
「ゾロ殿が…!!」


そこに見とれている間に、ドフラミンゴがすぐ背後に迫っていた


ズバアアアン!!!

糸で斬られる錦えもん


ルフィ
「錦えもん!!ゾロ!!」     

「すぐそっちに行って…!!」

そう言ってコロシアムの檻を掴んだ瞬間、なぜか力が抜け、その場に倒れてしまうルフィ

ルフィ
「…この石…海楼石じゃねえか……」



その頃ゾロは叫んでいた

「うおおおおお!!!」

地面の中から斬撃を飛ばすゾロ

しかしその気配を察知していた藤虎、しっかりガードしている


海兵
「イッショウさん!!」

「大丈夫ですか大将!!」


藤虎
「斬撃を飛ばすとは…なんとまあ…」


そんな様子を絶望の表情で見ている錦えもん


ブルック
「錦えもんさん!大丈夫なんですか!?」

「敵にやられたんですか!?」


錦えもん
「カジノにいたあの盲目の老人…まさか〝大将〟であったとは…!!」


ルフィ
「大将だと!?」


藤虎
「あなた方にゃあ恩がありやすが…剣を向けなきゃならんのです…」


錦えもん
「こんなやつがドフラミンゴと…!」

完全にビビっている錦えもん

さらに電伝虫を通じて、大将の登場が一味に伝わる


チョッパー
「大将ー!?」


ウソップ
「なんだと!?」


フランキー
「〝海軍大将〟もドレスローザに来てるのかよ!?」


ロビン
「ドフラミンゴは海軍とも結託してるってことなの…?」     

「海軍まで相手にするには明らかに戦力が足りないわ」


ローを連れ去るドフラミンゴ

藤虎もドフラミンゴと立ち去ろうとしている


錦えもん
「ロー殿!!」


ゾロ
「あいつら飛んでんのか!?」     

「おいロー!まだ生きてるか!?返事しろ!」


ドフラミンゴ
「ふっふっふ…」     

「王宮に戻ったら〝話し合い〟だな、藤虎…」     

「手助けするってんなら【アレ】は全部お前のもんだ…」


藤虎
「…天夜叉さん…それは話を聞いた後に決めやすんで…」



錦えもん
「錦えもんでござる!ロー殿は敵に連れ去られたでござるよ!!」


電伝虫でそう報告している錦えもん、そこに海軍が一斉に襲い掛かる


海兵
「ロロノア・ゾロを捕らえろ~~!!」


ゾロ
「くそっ、変装が外れてやがる…」     

「さっさと逃げるぞ!!」


ルフィ
「おいローー!!」

ドフラミンゴたちが去っていくのをなす術もなく見守るルフィ


そこにゾロがやって来る


ゾロ
「おいルフィ!さっさと出口を見つけろ!」     

「おれたちは先に行くぞ!!」


ルフィ
「分かった」

「まだローの〝声〟は完全には消えてねえ!急ごう!」



ブルック
「ひゃああああ!!!」

電伝虫から聞こえてくる悲鳴


ルフィ
「今度はなんだ!?ブルックか!?」


錦えもん
「サンザンドサニー号!なにがあったでござるか!?」


ブルック
「〝ビッグマム〟の船だー!!」


サニー号の数十倍はあろうかという巨大な船が迫る


ブルック
「なんで四皇の船がここに!?」


サンジ
「っていうかあの船歌ってねえか!?」


ルフィ
「冗談だろ!?ビッグマムの海賊船か!?」

「どうなってんだよ!?ビッグマム本人が船に乗ってんのか!?」


サンジ
「分からねえけど、魚人島であった二人組がいやがるぞ!」


船の上には魚人島で出てきたペコムズとタマゴ男爵の姿が・・・


ペコムズ
「ママ!!シーザーを確認したガオ!!」


タマゴ
「やはりシーザーはやつらの手中ボン」     

「さっさと船を襲ってシーザーを奪いまソワール」


ウソップ
「ビッグマムだと!?」     

「お前がケンカ売ったからじゃねえのかよ、ルフィ!!」

「いや、どうやら狙いはシーザーのようだ!」


サンジ
「どんだけ有名なんだ、このくそ科学者が!」     

「あのでけえ船もお前を助けに来たのかよ!」


シーザー
「いや~助けてーーー!!!」

急に泣き出すシーザー


サンジ
「あ?」


シーザー
「ビッグマムに捕まるのだけは…!」     

「昔、研究費をだまし取ったことがあるのよ~!!」


サンジ
「なんだと!?」


シーザー
「細かいことはいいの!とにかく捕まったら皮剥がれて殺されちゃうわー!!」


サンジ
「そんなの知るか!てめえの問題だろうが!!」     

「それでもてめえを渡すわけにはいかねえんだから、黙ってろ!!」


ビッグマムの船が砲撃の準備をしている


ブルック
「撃ってきますヨーー!」


ドオンドオン!!!

次々に砲撃が開始される


砲撃から逃げ惑うサニー号

「くそっ、こんなときに!!」

「おれたちはドレスローザを出るぜ!!」

「引き返せるか!?」


フランキー
「大丈夫か!?サンジ、よく聞いてくれ…絶対に四皇をドレスローザに近づけるんじゃねえ!」    

「ここで混乱が起これば、兵士たちの作戦が台無しになっちまう!」



一方、ルフィは出口を探して走っていた。

ルフィ
「ん?そういやなんでまだシーザーが船に乗ってんだ?」


ゾロ
「交渉がダメだったってことだろ!」     

「それかローがドフラミンゴに敵わないと悟ったのかもな!」


サンジ
「たぶんそうだ!あの野郎、シーザーを次の島に運べって言ってたからな!」


そのときナミが立ち上がる


ナミ
「サンジくん!やっぱり引き返すべきじゃないわ!恐いからとかじゃない!ルフィもよく聞いて!」     

「いま、私たちにはドフラミンゴに対して3つのカードがあるの…」     

「シーザー、スマイル工場、それに理由は分からないけど〝モモの助〟もね」

「まだ工場の破壊が完了してないから、カードは向こうにあるけど、他の2枚はまだこっちが持ってる!」     

「ローが命懸けでドフラミンゴにむかっていって残してくれたカードよ」     

「それに工場を破壊するための突破口も開いてくれた…」     

「ローが命を賭けて守ってくれたこのカードを敵に渡すなんて…私たちが殺すようなものよ!!」


ルフィ
「…そうだな、分かった!」     

「おれたちはローを取り返すぞ!!」

「次の島はどこだ!?」


錦えもん
「ゾウでござる!」


ルフィ
「サンジ!ナミ!チョッパー!ブルック!!モモ!先にゾウに行っててくれ!!」


サンジ
「了解!それより反撃の許可をくれ」     

「相手は〝ビッグマム〟の海賊船だ」


ブルック
「ひいいいい?」

サンジの発言に飛び上がるブルック


ルフィ
「ああ、やっちまえ!!」

「やられっぱなしにはさせねえぞ!!」


サンジ
「へへ、了解」


ブルック
「わざわざ自分から危険に飛び込まなくても…!!」


ナミ
「お願いやめて…」


たちまちサニー号はパニックに


サンジ
「じゃあ俺たちは先に行く!」     

「ゾウで待ってるぜ!」


フランキー
「おうよ!工場の破壊はおれたちに任せろ!!」


ルフィ
「全員無事を祈る!」

「おれたちは…王宮に行って…」     

「ドフラミンゴをぶっ飛ばす!!」



倒すべき巨大な悪…!


ワンピース ネタバレ 第729話 "七武海ドフラミンゴVS七武海ロー"
ワンピース ネタバレ 第731話 "ドレスローザSOP作戦"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。