スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第736話 "最高幹部ディアマンテ"

第736話 "最高幹部ディアマンテ"

【コロシアム】

決勝戦のリングの中心に立つディアマンテと四人の勝者たち

観客が野次を飛ばす


観客
「ディアマンテ様ー!!」

「死じまえレベッカー!!  

「てめえも死ねーバルトロメオ―!」


バルトロメオが観客に喧嘩を売っている


実況
「ついに・・・ついに決勝戦!!各ブロックを勝ち残った4人の戦士たちと当コロシアムの英雄ディアマンテ!!」

「そして勝者に用意されたのは・・・悪魔の実シリーズ最強のロギア系メラメラの実!!!!!」


モニターにメラメラの実が映し出される


バージェス
「がっはっは!オレが頂くぜ!」


サボ
(黒ひげ海賊団・・・こいつらにだけは絶対に渡さねえ!!)


レベッカ
(あの人・・・ルーシーじゃない・・・一体誰なの?)


試合開始と思いきや・・・


実況
「ん?」


Dブロックの結果に納得がいかない負けた剣闘士達が次々にリングへと乱入してくる


剣闘士達
「この試合やめろ!!Dブロックの試合ふざけんじゃねえぞ!!」

「レベッカが勝者ってどういうことだ!!」

「あんな意味のわからねえ試合結果なんて認めねえぞ!!!」


実況
「これは一体・・・何が起こっているのでしょうか!!?」


剣闘士達
「おいレベッカ!!オレたちの方が決勝に相応しいんだよ!!」

「お前より相応しいって事を証明してやるよ!!」


武器を手にリングに入ってくる剣闘士達


レベッカ
「・・・」


観客
「そうだそうだ!!やっちまえー!!」


その時、剣闘士達の前にディアマンテが立ちはだかる


剣闘士達
「おい邪魔だ!!」


ディアマンテ
「・・・」

「往生際が悪いぞてめえら!おれの興行ぶち壊すんじゃねえ!」


剣闘士達
「うるせえ!そこをどきやがれ!!」


ディアマンテ
「仕方ない・・・」


ディアマンテが闘牛士のように赤いマントをひらひらとさせる


剣闘士達
「牛と一緒にすんじゃねぇ!!」


一斉に攻撃する剣闘士達

だが、そのマントに当たった瞬間、剣闘士達の武器が折れていく


バルト
「ん?」


剣闘士達
「・・・・・!?」


唖然とする剣闘士達


ディアマンテ
「これはただのマントじゃねえ・・・こう見えても鋼鉄製のマントだ」

「おれはヒラヒラの実を食った旗人間」

「触れた物がどんな物でもはためく物質に変えることができる」


ディアマンテが剣を手に取る手に取った瞬間

剣がヒラヒラと布のようになるさらに形を変え、闘牛の形にする。そしてそのまま攻撃する


ディアマンテ
「闘牛グレイブ!!」


剣闘士達
「ぐはぁー!!」


剣闘士達を場外の金網の橋に追いやる

そこから剣闘士達の血が滴る


ディアマンテ
「そうだ・・・言い忘れていたが・・・」  

「場外には決勝に相応しい闘魚が放ってあるぞ」


剣闘士達
「!?」


ディアマンテ
「血の匂いに敏感なヤツらをな・・・」


剣闘士達
「あ・・・あれは・・・うわぁーー!!!」

剣闘士達に黒い闘魚が襲い掛かってくる

水中に落ちていく剣闘士達


ディアマンテがマイクを手持ち言う


ディアマンテ
「ルールは簡単・・・一際凶暴な闘魚が無差別に襲い掛かる!伝わるか!? この衝撃!!!」  

「選りすぐりの凶暴な魚だけが解き放たれている決勝の舞台!!」

「その群れのボスの背中にくくりつけられている・・・それが今大会の優勝賞品!!!」


今までのより遥かに強そうな闘魚の額には「01」の文字

背中にはメラメラの実が入ってると思われる宝箱がくくりつけてあった


ディアマンテ
「ルールは簡単・・・そいつを奪って最後までリングに立ってた奴が優勝だァー!」

ノリノリでポーズを決めマイクを斜めに持ち言うディアマンテ  


実況
「コロシアムの英雄ディアマンテも含め5人の戦士による戦い!!」

「ついに最終決戦が幕を開ける!」

「悪魔の実をめぐり!!この闘魚入り乱れるバトルロワイヤル!!果たしてメラメラの実は誰の手に!?」

「そして今、ゴング!!!」


五人のバトルロワイアルが始まる




【ルフィサイド】

その頃、王宮の外壁入り口までたどり着いたルフィ達

ヴァイオレット
「ふぅ・・・どうにかここまで来れたわね」


ルフィ
「ん?ここが王宮の入口か?」


ヴァイオレット
「まだよ、ここは王宮の外壁の入口」


ヴァイオレットが外壁の門の様子を伺う


ヴァイオレット
「やっぱり門番がいるわね・・・秘密の通路はここまでしかいけない」  

「騒いで幹部達に連絡が届けば動けなくなる。特にピーカという男に見つかったらドフラミンゴまでたどり着けないわ・・・」

その時ルフィが居ない事気付く


綿えもん
(あれ、ルフィ殿は?)


ウィッカ
(えっ・・・)


ルフィの声が遠くから聞こえてくる


嫌な予感にゾロが冷や汗をかく


門番
「怪しい奴がいるぞー!!!」


ルフィ
「ゴムゴムの・・・ギガントピストル!!!!」

ルフィが話をまったく聞かず正面の門を門番達ごとぶっとばすルフィ


門番
「ぎゃあー!!!」



「何やってんだー!!」


ルフィ
「入り口開いたぞ」



「聞いちゃいねぇ!!」


ヴァイオレット
「だ・・・だめよ!!絶対に幹部たちに見つかってしまうわ!」


ルフィ
「大丈夫だって!全部ぶっとばすから!」


ヴァイオレット
「そういうもんだいじゃないわよ!」


綿えもん
「もう好きにさせるでござるよ・・・」

そういって変装を脱ぎ捨て突き進むルフィ達


かろうじて意識のある門番がルフィ達の姿を捉える


門番
   「あいつは・・・」




【ドフラミンゴサイド】

門番がドフラミンゴへ報告する


門番
「外壁正面入り口より報告!!侵入者あり!!侵入者あり!!」

「麦わらのルフィ達を確認しました!!」


ドフラミンゴ
「?」


コロシアムの試合をスクリーンで見ていたドフラミンゴ


実況
「またも闘魚が飛びかかる!!ルーシー選手再びかわす!!素早い良い動きだぁ!!」


ドフラミンゴ
「・・・何を言ってやがる?あいつは今ここ(コロシアム)で・・・」


ベビー5が門番と電話している


ベビー5
「何を言ってるの?それ麦わらじゃないでしょ?」 

「麦わらなら今コロシアムでルーシーとして戦ってるわよ」


門番
「しかしこちらB―2外塔大食堂前にて確認しています!」

「侵入者は麦わらのルフィ海賊狩りのゾロ」

「そして・・・ヴァイオレットさまです!!」


敵を蹴散らしているゾロとルフィ


ドフラミンゴ
「・・・じゃあ、今コロシアムにいるあいつは誰なんだ!!一体何が起きてるだ!!」

激昂しながら叫ぶドフラミンゴ




【兵隊さんサイド】

その頃リフトの中


ラオG
「ほぁ!!」


兵隊さん
「うぐあ!!」

ラオGの正拳突きにダウンする兵隊さん


カブ
「た、隊長!!おのれー!!」

カブがラオGの目を角で攻撃しようと飛びかかる


ラオG
「ん?」

さっとメガネをかけ、目をガードしカブをはたきおとすラオG


カブ
「ぎゃあー!」


小人たち
「うぅ・・・まさかここに幹部が乗り込んでいたとは・・・」


ラオG
「かかかか!!!たわけ!!オモチャの家の入り口を守れと指令を受け入り口で待ち構え、再びリフトにのったのだ!」

「つまり乗り間違えたのだ!!」  

「・・・それでも侵入者は許さんぞ!!」


強いけどボケてるラオG


兵隊さん
「く・・・くそ・・・!」




【ルフィサイド】

外門番
「侵入者はB-1外塔へと進んでいます!!」


王宮を突き進むルフィ達


ルフィ
「どっちだ!?」


ヴァイオレット
「左よ!」


警備が1人もいない


ルフィ
「あ?なんだ!?見張りが一人もいねえぞ?」


ヴァイオレット
「すぐ追手が来るわ!!」


そのとき壁が膨らんでくる


ルフィ
「え?」


そして壁からぬっと巨人が出てくる 


ルフィ
「うああああ!!」


ヴァイオレット
「!!!」


ゾロ
「!!?」


ルフィ
「なんだこいつ!?」


ゾロ
「石の怪物・・・!?」


ヴァイオレット
「違う・・・こいつがピーカよ!!」


ワンピース ネタバレ 第735話 "藤虎の思惑"
ワンピース ネタバレ 第737話 "幹部塔"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。