スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第825話 "世経の絵物語"

第825話 "世経の絵物語"

ビッグマムの船
「フーネー♪フーネ~♪」

甲板を歩いているサンジ
後ろからヴィトがついてくる

ヴィト
「ニョロロロ

 【世経(世界経済新聞)】に
 載ってた絵物語

 夢の巨大ロボが登場する
 【海の戦士ソラ】
 ずっと読んでたレロ

 海の上を歩ける英雄【ソラ】が
 合体ロボとカモメを従えてレロレロ

 悪の軍団【ジェルマ66】と戦う
 海の英雄物語…!!

 世界中にファンがいるぜ!!
 ニョロロ!!

 聞いた所、海軍の英雄たちの
 実話を元に創られた物語

 いわばガキ共への
 【洗脳教材】だ…!!

 海軍はいつでも正しく強いってな!!
 ニョロロ!!

 だがおれがシビレてたのは
 そこじゃねェっ!!

 【ジェルマ】だ!!

 手をかえ、品を変え毎度、
 ソラを追い詰める悪の軍団…!!

 そりゃ、いつも敗けちまうが…
 手に汗握って応援してた
 あんたらを!!ニョロロ」

サンジ
「おれを入れんじゃねェ!!
 あいつらとは無関係だ!!」

ヴィト
「ニョロロロ~
 そんなこと言うなよ!!

 おれァ本物に会えて
 実はちょっと嬉しいんだ.」

サンジ
「じゃあ本人たちに
 話してやれよ」

船の一室のドアに手をやるサンジ

サンジ
「ん…」

ドア
「ZZZ…」

サンジ
「おい!!開けよ!!」

眠っているドアを
ノックするサンジ

鼻提灯を膨らましているドアが
目を覚まして開く

ドア
「ドーア~♪」

サンジが部屋に入ると
ヴィトも後をついて来る

ヴィト
「…それでよ」

サンジ
「ついて来るな
 おれの部屋なんだろここは」

部屋の中には小さな牢屋に
入れられているシーザー

シーザー
「おれの部屋でもあるぞ!!
 ここから出せ!!畜生ォ!(怒

 扱いが違いすぎるだろう!!
 天才科学者だぞ、俺は!!」

ヴィト
「まだ諦めてねェのか!?ニョロロ

 お前は!!【捕らえて来い】って
 指令だシーザー!!

 …だが彼は!ヴィンモ―ク家と
 我らがシャーロット家を結ぶ大切な婿!

 価値が違う!ニョロロ~」

ソファーに座るサンジ

サンジ
「結婚はしねェよ!
 早く出ていけ!!」

その言葉に反応した男が入ってくる
ガトリングを右腕に装着した男

【ファイアタンク海賊団
 殺し屋 ゴッティ】

ゴッティ
「出ていけだと!?
 コイツ今、ヴィトに
 悪い言葉使った!!」

ヴィト
「ゴッティ、おい待て待て!!
 大した事言われてねェよ!!

 大丈夫だ、ありがとうよ
 ジャレてただけロレロ」

サンジ
「ジャレてねェよ、ゴッティ
 お前もヴィトもさっさと消えろ」

ゴッテイ
「許さんお前!おれはいい!
 仲間を侮辱する奴、
 おれ許さん!!」

右腕のガトリングを
サンジに向けるゴッティ

ヴィト
「待てって!勘弁してくレロ!!」

サンジ
「許さんで結構だ
 友達になりてェわけでもなし…」

そこに入ってくる女性
ローラそっくりの人物


「ゴーッティ!!」

ゴッティ
「ひっ!!」


「お前…!!

 そいつがヴィンスモークの
 せがれだと知ってんのかい!?

 傷一つでもつけてみな!!

 頭目(ファーザー)の首が
 飛んじまうってのが
 わかんないのかい!?」

 私が先に切ってやろうか
 ウスラバカ!!」

ゴッティの耳を引っ張り
連れて行く女

ゴッティ
「イデデデ、ごめんよ
 おかみさん、ごめんよ!!」

ヴィト
「ニョロロ、悪ィまたの機会に…!!
 ジェルマ話」

サンジ
「しねェよ…しかし…
 似てんだけどな…」

ローラにそっくりな女を
見つめているサンジ



【数日後~サウザンドサニー号~】

暑い日差しの中、海をゆく一行
周囲の海面から湯気が出ている

一同が干涸びながらも
釣糸を垂らしているルフィ達
(ルフィ、チョッパー、ブルック、ペドロ)

ルフィ達
「もうダメら……
 しぬ…暑いィ~
 ひぬ~~…」

ルフィ
「ひはあいうー
 (干涸びるー)

 はんにゃーやー
 (サンジめし~アイス~)」

チョッパー
「暑いのダメだ…
 毛皮脱ぎたい…」

ペドロ
「我々もだ…
 ミンク族は暑さに弱い…」

ブルック
「暑いですねー…
 私ミイラになりそう

 ミイラに…

 ナミさんそれって私的に
 少し【再生】じゃないですか?」

ナミ
「知るか(怒」

ナミ、キャロット、ペコムズは
木陰に避難している

ブルック
「じゃあパンツ見せて頂いても
 よろしいでしょうか?」

ナミ
「シバく元気もないわ…」

キャロット
「ナミ~お腹ペコペコで暑い~…」

ペコムズ
「おれに栄養を……!!」

ナミ
「食料難に連日の嵐で魚も釣れず
 やっと晴れたのよ!!

 天候が変わる前に
 何とか魚を釣って!!

 到着前に全員餓死しちゃうわ」

チョッパー
「そうしたいけどナミ…
 暑すぎて海が…
 煮えたぎってるんだ…!!(泣」

ナミ
「え~っ!!」

ブルック
「これじゃ魚は寄りつきませんね..」

チョッパーを見るルフィ

ルフィ
「…!!非常食…」

チョッパー
「おれを見るなよっ!!!(汗」

その時、ルフィの竿に反応が…

ペドロ
「ルフィ!糸が引いてるぞ!」

ルフィ
「!!」

キャロット
「食べ物…」

チョッパー
「引けールフィ!!」

ナミ
「がんばってルフィ!!」

ブルック
「ルフィさんファイト~!!」

ルフィ
「おおおおお!!」

大きい魚を釣り上げるルフィ

ルフィ
「食い物~っ!!」

ナミ
「やった!!」

ペコムズ
「ガオ!!」

ブルック
「でかいですね~」

巨大な魚が甲板に落ちる

チョッパー
「うわーでも変な色の魚!!
 食えるの!?

 ルフィ!!ちょっと待てよ!!
 すぐこの魚調べるから!!」

サンジのロッカーの中を
漁っているチョッパー

ロッカーからポイポイと
本を投げ捨てていく

チョッパー
「どこだ【魚図鑑】
 
 もー!サンジの本棚、
 裸の本ばっかだな!!

 あった!!」

甲板へ走るチョッパー

チョッパー
「ルフィ~!!皮に気をつけろ!!
 その魚皮【猛毒】があるぞ!!
 ほらここにサンジのメモが」

だが既に食べているルフィ

ルフィ
「皮うんめ~っ!!」

チョッパー
「ルフィ~~~!!」

ルフィ
「ホラ食ってみろキャロット」

キャロット
「ぬるぬるしてるよその皮~」

ナミ
「ルフィ待って、私が焼くから!」

ナミが焼いた魚を食べる一同

キャロット
「おいしー!!
 おいしいよナミー!!」

ナミ
「サンジ君のメモ通りに焼いたから
 チョッパーあんたもまず体力!!
 食べて」

泡をふいて倒れているルフィ

ルフィ
「さ…さぶい…」

チョッパー
「ルフィがしん…
 しんじばうよーう

 薬草が足りねいよ”ーう
 うまっ!!

 早く島を見つけねーと!!
 ナミ”ー!!んまっ!!」

泣きながら魚を食べるチョッパー

ナミ
「わかってるけど急に島なんて…

 でも【即死】の猛毒って
 書いてあったんでし!?

 でも生きてるんだから!!

 ルフィは強い抗体を
 持ってるんじゃない?」

キャロット
「ルフィ~…!!死にそうなの?」

ルフィ
「大丈夫…川が…きれいだな…」

ナミ
「生命力は人類トップクラスだから」

キャロット
「三途の川見えてるよーっ!!」

立ち上がるペコムズ

ペコムズ
「日数的には【黒足】達は
 もう島に着いてる筈

 おれ達もそろそろナワバリに
 差しかかってもいい頃…」

チョッパー
「ナワバリ?」

その時、わたあめの様な
雪が降ってくる

ナミ
「え?今度は雪かしら…
 違うあの雲は…【甘み雲】!?」

ペコムズ
「その通りだ
 降ってるのは【わたあめ雪】」

チョッパー
「え~!?わたあめ~!?

わたあめ雲に飛びついているチョッパー

チョッパー
「わたあめー!!甘っ!!」

サニー号の真下の海の中には
【ナワバリウミウシ】がいた

ナワバリウミウシが電波を発する
するとサニー号の電伝虫が鳴る

ブルック
「おや誰でしょう、電伝虫!」

ペコムズ
「【警告念波】をキャッチしただけだ
 ビッグマムの【ナワバリ】に入った
 お前ら隠れるか変装をしろ!!」

監視台にいたペドロが声をかける

ペドロ
「何か見えるぞ、ペコムズ」

船艦が近づいてくる

ペコムズ
「早ェなもうか
 ウチの【偵察船(タルト)】だガオ!!

 おれがうまくやるから
 みんな黙ってろ」

チョッパー
「解毒剤待ってねェかな」

そこでペコムズの顔色が変わる

ペコムズ
「!?え!?」

現れた船が掲げるのは【66】の旗
また船頭には巨大な電伝虫の
顔のようなものが付いている


「こちら【ジェルマ】
 麦わらの一味の船と見受ける」

一同
「!?」

ペコムズ
「違うっ!!
 【ジェルマ66】の船だ!!」

ナミ達
「え!!?」

泡を吹いたままのルフィの姿

黒いフードをかぶった男が
サングラスを外そうとする
見た目がサンジと同じぐる眉


ワンピース ネタバレ 第824話 "海賊ごっこ"
ワンピース ネタバレ 第826話 "0と4"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。