お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第823話 "ざわつく世界"

第823話 "ざわつく世界"

【砂の国~アラバスタ王国~】

アラバスタ王国を出発したビビ達
船を見送っている国民達

国民達
「お気をつけてー!!
 国王様ー!!ビビ様ー!!」

トト
「ずいぶん楽しそうだったな
 ビビちゃん」

コーザ
「【また】海賊気分が蘇ったんだろ…
 王女らしくなってきたかと思えば…」

アラバスタの艦の隣には
一隻の海軍の艦が並んでいる

海軍本部少将ヒナが乗っており、
通信している

ヒナ
「ええ…こちらヒナ…
 ただ今アラバスタを出航…

 ネフェルタリ家を無事、
 マリージョアへ送り届ける!!

 到着予定は…」

背景にはヒナに花を渡そうとする
フルボディとジャンゴ

船の見張り台で両手を広げ
風を感じているビビ

下からイガラムが叫ぶ

イガラム
「ビビ様~!!ビビ様あ~!!
 すぐにそこからお降り下さい!!」

ビビ
「なんて心地のいい潮風…!!」

イガラム
「ビ~ビ~さ~まァ~!!

 怪鳥が現れ攫われでもしたら
 どうなさるおつもりですか!?

 どこかでスナイパーが狙っていたら!?
 隕石が落ちて来たら大変だ!!」

ペル
「心配が過ぎますよ
 ビビ様は海賊経験が」

イガラム
「し~っ!!」

小声で離すイガラム

イガラム
「気は確かかペル!!
 横に海軍がいるのだぞ!!」

車椅子に乗っているコブラ

コブラ
「ゴホゴホ」

チャカ
「ご無理なさらず国王様
 不調となればすぐにでも
 引き返しますので」

コブラ
「…!!いや大丈夫

 ニコ・ロビンに会った
 あの日からずっと…

 世界政府に問うてみたい事が
 あった…」

ロビンの言葉を思い返すコブラ

ロビン
【私の夢には敵が多すぎる】

チャカ
「【ポーネグリフ】の事ですか?」

コブラ
「うむ

 今回の【世界会議(レヴェリー)】には
 是が非でも出席する!!

 あわよくば知りたい…

 その昔ネフェルタリ家の王は…
 【世界に何を】したのか…!!」

見張り台から飛び降りるビビ

イガラム
「危ない危ない危ない危バ…
 …ゲホ!!ゴホ!!
 マーマーマーマーマ~♪」

船の上に降り立つビビ

イガラム
「んもォ~!!
 いい加減になさいよビビ様!!!」

ビビ
「お父様、体調は?」

コブラ
「んん…よくはないな
 もう長くないかも知れん…

 早く娘が婿をとってくれたら
 ゴホゴホ」

ビビ
「ずるいわよ
 またそうやって病気を利用する~!」

コブラ
「見合いの写真は山の様に来ておるぞ!」

ビビ
「ふふふ、捨てといて」

ウインクするビビ



【東の海(イーストブルー)】

ローグタウンのホテルの一室
そこを訪れているサリー

【ゴア王国王妃 サリー・ナントカネット】

ホテルマン
「この度のご即位おめでとうございます

 当ホテルは4年に1度、
 【世界会議(レヴェリー)】へ向かう

 王族の方々の為だけに建てられたホテル…!!
 お気に召して頂ければ幸いですが」

サリー
「悪くなく…なくはなくってよ
 ねぇ、あなた」

【ゴア王国王妃 サリー・ナントカネットと
 サボの義理兄弟 ステリー王】

窓の景色を見て背を向けているステリー
(後ろ頭だけで顔は出ていない)

ステリー王
「まあ凡常だね
 ゴールド・ロジャーの処刑台が
 一望できる程度…」

ホテルマン
「で…では旅の疲れを
 癒してくださいまし
 【ステリー王】…!!」

ステリー王
「ああ、目障りだ
 ゴミは早く消えたまえ」

ホテルマン
「…!!(汗」


ナレーション
「各国が少しざわついているのは
 4年に一度世界の中心

 【聖地マリージョア】にて行われる
 【世界会議(レヴェリー)】の為である

 この世界最高峰の会議では
 実に50の国の王達が一堂に会し

 世界中の由々しき案件を言及・討議し…
 今後の【指針】を決定してゆく

 しかし思慮深く、1クセも2クセもある
 各国首脳達のやりとりは…

 毎度そうそううまくは運ばない」

世界中から集まってくる王達の描写



【西の海(ウエストウルー)~花ノ国~】

丸サングラス男
「ドン・チンジャオ…
 いや、サイはまだ戻らぬか
 戦争は終わった…!!

 どうやら【世界会議(レヴェリー)】に
 間に合いそうだ
 言いたい事ならいくらでもあるぞ!!」



【南の海(サウスブルー)~悪ブラックドラム王国~』

ワポル
「まーっはっはっはっはっは!!
 【サクラ王国】だとォ!?

 ドルトンめ!!
 どう引きずり落としてやろうか!!」



【偉大なる航路(グランドライン)~サクラ王国~】

出発しようとしているドルトン

ドルトン
「何ですと!?」

Drくれは
「何を嫌そうな顏してんだいっ!!
 旅の船医になってやるってんだよ!!
 ハッピーだろ?」



【情熱の国~ドレスローザ~】

レベッカ
「行っていいの!?」

ヴィオラ
「私の侍女としてどお?」

その背後で頭を抱えるリク王

レベッカ
「いく!ありがとう!!
 ヴィオラさん!!」

マンシェリー
「楽しみれすね」



【プロデンス王国】

リク王に連絡を入れるエリザベロー

エリザベロー
「リク王!!護衛の軍艦を断った!!
 共に行かんか!?聖地へ!!」

リク王
「…皆、揃って旅行気分だな…」

エリザベロー
「何が悪い!?ガハハハハ!!
 祭りの様なものだ!!」



【赤い土の大陸(レッドライン)~リュウグウ王国~】

涙目のしらほし

しらほし姫
「やはりムリです、こわい…!!

 ル…ルフィ様がお約束して
 くださいました…!!

 いつかまたお会いできた時…

 地上の【本物の森】へ
 連れ出してくださると!!」

しらほしを説得する家臣たち

右大臣
「それは勿論、ルフィ君なら
 もっと遠くへ連れ出してくれます!

 しかし今回はここより真上!!
 マリージョアへ浮上するだけ

 お兄様方もネプチューン軍も
 ついておりますゆえ!!

左大臣
「かなわんわー…!!」

リュウボシ
「父上、今回はしらぼしを
 欠席させてはミレド~?」

マンボシ
「ええ、魚人島移住の嘆願ならば
 たくさんの署名があります!!
 ん~マンボ!!」

ネプチューン
「それはまるで人間達を信頼して
 おらぬと言うとる様なものじゃもん!
 困ったな…」

フカボシ
「しらほし…!!
 【麦わらの一味】から何を得た?

 この会議こそが!!
 母オトヒメの念願じゃないか!!

 共に行こう!!!」

しらほし
「…」



【ルフィサイド】

ナレーション
「一方 ルフィ一行は-…」

ぐったりしているナミ達

ナミ
「ちょっと、おも~か~じ…」

チョッパー
「は--い…」

適当に舵を切るチョッパー

チョッパー
「…こう?」

ナミ
「あ、もう…ちょい」

ルフィ
「こらこらこら~!!
 気合いを入れろよ!!沈むぞ!!」

ナミ
「うっさいわね!!
 あんたがゾウから急に飛び降りるから
 もう皆ぐったりよ!!バカ!!」

ナミはガクガク震えて立てない様子
ブルックは魂が出ている

ペドロは吐いているのか
海の方へ顔を向けている

横たわっているペコムズ

ペコムズ
「ありがとう…

 おれは生きている喜びを
 今噛みしめている…

 そして…覚えてろ…!!(怒」

ナミ
「ホラ…また少し進路がずれた…
 と~り~か~じ…」

跳び上がるキャロット

キャロット
「はーいっ!!任せて!!」

ルフィ
「みろ!!あいつなんかあんなに元気…」

キャロット
「わーっ!!ホントに海の上~!!
 こんなに重そうな船が
 浮いて進んでる~!!」

ルフィ
「な!何でお前がいるんだァー!?」

ナミ
「キャロット!?」

ブルック
「?」

ペドロ
「キャロットお前なぜ!!」

キャロット
「付いて来ちゃった─っ♡
 ガルチュー♡」

キャロットがガルチューしながら
ルフィの耳たぶを甘噛みする

ルフィ
「ギャー!!」

キャロットがナミ達にも
ガルチュー&甘噛みしていく

キャロット
「ナミー♡」

ナミ
「ぎゃ」

キャロット
「チョッパー♡」

チョッパー
「ぐえ」

キャロット
「死体男爵~♡…かたい」

ペドロ
「悪いが一度船を戻してくれ」

キャロットが泣きながら
ペドロの肩にしかみつく

キャロット
「引き返さないでー!!
 ワンダに怒られる~!!」

ペドロ
「恩人達に迷惑をかける気かキャロット
 四皇のアジトへ潜入するんだ
 遊びじゃない!!」

土下座し始めるキャロット

キャロット
「一度海へ冒険に出てみたかったの~!!
 お願い!!何でもするから連れてってー!!

 迷惑にならない様にほら!

 お弁当、ジュース、おやつ(全て人参)
 着替えに…」

ペコムズ
「それでどれくらいもつんだ」

キャロット
「半日はもつよ!!
 海って広いんでしょ!?」

一同
「…」

キャロットに話している一同

キャロット
「え~!?何日もかかるの~!?

 まっすぐ進んでも!?
 そんなに広い場所ってある!?

 海って…!!ワンダーランド!!」

感動しているキャロット

ペコムズ
「島(ランド)じゃねェけどな」

キャロット
「私外泊初めてー♡」

人参をかじっているルフィ

ルフィ
「まーいいよ
 乗っちまったもんは仕方ねェ!
 自分の身は自分で守れるか?」

キャロット
「うん!!ありがとう大丈…!
 何で私の人参食べてんのよー!!(怒」

ルフィ
「ギャーッ!!」

キャロットがルフィに飛びついて
喉元に噛みつく

ルフィ
「のド…!!の…!!」

ナミ
「頭をなでてルフィ!!」

ルフィがキャロットの頭を撫でる
その瞬間、笑顔になるキャロット

ルフィ
「!?」

キャロット
「えへへへへ」

倒れるルフィ

ルフィ
「ぐあ…!!危なかった
 殺されかけた…やるなお前…」

キャロット
「いいよ、人参あげる♡」

チョッパー
「ルフィがやられかけた…」

いつの間にか見張り台にいるペドロ

ペドロ
「まァ…戦闘力はある方だ」

ブルック
「高っ!!いつの間にペドロさん!!」

人参を食べ終わったルフィ

ルフィ
「ハラへったメシにしよう!!
 誰かメシ作ってくれ--!!」

一同
「…」

ナミ
「頼りないわねェ!
 じゃ私がやるから海見張ってて!」

ルフィ達
「やったー!!」

ナミ
「1人5千ベリー払ってね」

ルフィ達
「待て待て待て待て--!!
 小遣いふきとぶわ!!」

ナミ
「じゃどうすんの?」

ルフィ
「おれが作る!!」

一同
「え~っ!!」

ニュース・クーを運ぶペリカンの姿
新聞を受け取るペドロ

ペドロ
「やけに大きな見出しだな…」

新聞を読み上げるペドロ

ペドロ
「【数十年謎だった土地がついに発覚
  革命軍の総本部!!バルティゴ
  すでに壊滅状態】」


ワンピース ネタバレ 第822話 "下象"
ワンピース ネタバレ 第824話 "海賊ごっこ"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。