スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第815話 "俺も連れてけ!"

第815話 "俺も連れてけ!"

ナミ
「【人殺しの一族】って
 どういう事!?」

ペコムズ
「【ジェルマ66(ダブルシックス)】
 って名は知らねェか?
 別名を【戦争屋】」

ナミ
「何言ってんの!?
 それは空想上の【悪の軍隊】でしょ!?
 バカバカしい!!」

ルフィ
「?」

ペコムズ
「いいや、実在する組織だ

 そのトップにいるのが
 ヴィンスモーク一家

 ボスが【黒足】の親父なのさ」

ナミ
「え…!?」

サンジの言葉を思い出すナミ

サンジ
【これだけは信じてくれ…!!
 俺は仲間に隠し事を
 したつもりはない!!】

ルフィ
「なんかしらねェけど!
 そんなのはどうでもいい!!」

ペコムズ
「!ガオ!!確かにそうだ」

ルフィ
「おれ達が知りてェのは
 あいつが戻って来るかどうかだ!!

 結婚するならしても構わねェ!!

 だけどそれで俺たちが
 【ビッグマム】の
 子分になるのはイヤだ!!

 だからそん時はお前らが
 おれの下につけ!!」

ペコムズ
「え~~~~っ!!」

驚きのあまりペコムズが
後ろの壁に頭を打って倒れる

ワンダ
「ペコムズ!!」

キャロット
「あははははは!!
 ルフィ面白い!!」

ルフィ
「?」

起き上がったペコムズが
サングラスを外し言い放つ

ペコムズ
「口をつつしめ小僧!!
 滅ぼすぞ!!」

 恩人とはいえ調子にのるな!!
 ママは海の皇帝!!

 【四皇】の一人だぞ!!」

ルフィ
「うん」

ペコムズが膝をついてうずくまる

ペコムズ
「オオ…傷にさわる……」

ルフィ
「お前、目かわいいな、あっはっは」

ペコムズ
「黙れ!!ウウ…」

ルフィ
「あはは」

ペコムズ
「ハァ…ハァ…まァ…いずれにせよ
 結婚からは逃れられねェさ…」

ルフィ
「何で?」

ペコムズ
「実際に【黒足】が行っちまった様に…
 まず…ママの【お茶会】の招待状は
 絶対に断れねェ…」

ルフィ
「?」

ペコムズ
「断れば後日…そいつには
 ある【プレゼント】が届く事になる

 ママに恥をかかせるんだからな…
 嬉しい物など入っちゃいねェ

 中身はそいつに関わりのある
 【誰かの首】だ!!」

一同
「!?」

ワンダとキャロットが
ゾクッときて口を押さえる

ペコムズ
「【麦わらの一味】の
 誰かの首かもしれねェし…

 【東の海(イーストブルー)】の
 レストランにいる誰かか…
 
 カマバッカ王国の誰かかも…」

ルフィ
「おい!!
 何でそんな事まで知ってんだ!?
 お前ら!!」

ペコムズ
「…これが【力】ってもんだ!!麦わら

 【脅迫】は圧倒的な実力者が口にすれば
 【必ず来る未来】でしかない…

 一体誰が逆らえる?
 それが【四皇】という存在!!

 成す術もねェってのは
 こういう事だ…!!」

ナミ
「…!! だからサンジ君、
 行くしかなかったんだ…!!」

ペコムズ
「もう一つ…安心させてやろう
 恩人たちよ

 お前らがウチの傘下に入る事もない…!
 ガオ!!」

ルフィ
「?」

ペコムズ
「これは【政略結婚】だ…!!

 ママは傘下につく者達と
 必ず【血縁】を結ぶ

 つまりこの結婚は
 ヴィンスモーク家とシャーロット家の
 血縁を結ぶための【儀式】

 お前らとの関わりを
 持つ為じゃねェのさ」

一同
「!!」

ペコムズ
「もっと分かり易く言おうか?
 結婚が成立した瞬間…!!

 【黒足】のサンジはお前らの
 仲間じゃなくなるって事だ」

一同
「!?」

ルフィがペコムズの襟元を掴む

ルフィ
「何だその勝手な話!!
 サンジはおれの仲間だ!!」

ペコムズ
「ぐ…!!だがそれ以前に
 ヴィンスモーク家のせがれだろうが!!
 おれに当たるなガオ!!」

ルフィ
「そんな結婚、
 サンジは断るに決まってる!!」

ペコムズ
「…ママと凶暴なヴィンスモーク家を
 目の前に…!?
 さァ…断って命があるかどうか…」

ルフィ
「何を~!?おいペコマムシ!!
 お前これからどうすんだ…!?」

ペコムズ
「!?…回復したら戻るさ
 おれを殺したつもりだろうベッジのガキ
 このままじゃ済まさねェ」

ルフィ
「じゃあ、おれも連れてけ!!!」

ペコムズ
「!?」

ナミ
「ルフィ!!」

ルフィ
「ナミ!!おれ1人で行く!!」

ナミ
「え?」

ルフィ
「ロビン達が言ってたみてェに

 皆で行ったら戦争
 ふっかけたみたいになっちまう

 今そんな事やってる場合じゃねェ!!
 おれ1人で!コイツと一緒なら

 【茶会】に潜り込んで式を
 ぶっ壊せるかもしれねェ」

ペコムズ
「ふざけんな!!
 おれに敵を誘導しろってのか!?」

キャロット
「わ…面白そう…!!」

ワンダ
「キャロット、遊びじゃないんだ」

キャロット
「あ」

口を押さえるキャロット

ルフィ
「よし決まりだ!!
 チョッパー呼んで来る!!
 早く治れ!!」

ペコムズ
「勝手に決めんじゃね…
 オオ、イテテ……!!
 オイ待て【麦わら】ァ!!」

ルフィが部屋を飛び出すと
部屋の横のベンチにゾロが座っていた

ルフィ
「ん?ゾロ!いたのか!
 聞いたか?今の」

ゾロ
「聞こえた」

ルフィ
「サンジの事、心配なんだろーししし」

ゾロ
「蹴るぞ、てめェ
 放っとけっつったろあんなバカ」

そこにやってくるウソップ達

チョッパー
「おーいルフィ!!ゾロ!!
 ペコムズどうだー!?」

ルフィ
「あァチョッパー!!

 痛がったり壁に頭ブツけたり
 怒鳴ったりしてるよ!!

 すぐ治してくれ!!」

チョッパー
「え!?それどんな症状だ!?
 すぐ診る!!」

その時、ネコマムシもやってくる

ネコマムシ
「おおーーゆガラが
 【麦わらのルフィ】か!!
 会いたかったぜよ!!」

チョッパー
「えー!?何でついて来てんだ!!
 寝てろよ!!」

ネコマムシ
「ちょうど今治ったトコじゃ!!」

チョッパー
「治ってねェよ!!!」

ルフィ
「デケー!!あれがネコマムシか!!
 バケ猫じゃんか!!ん?」

ネコマムシが突っ込みながら
ルフィにガルチューしてくる

ネコマムシ
「感謝のガルチュ~!!」

ルフィ
「う”お!!」

ゾロ
「どわーっ!!」

吹っ飛ばされるルフィ、ゾロ

チョッパー
「ネコマムシが血ィ吹いた~!!」

ゾロ
「おい!! 何やってんだバケ猫!!」

ルフィ
「ぎゃっはっはっはっは…!!」

チョッパー
「血が足りねェ!!
 すぐ血を持ってきてくれ!!」

トナカイミンク♀
「はい♡チョッパー先生♡」

チョッパー
「はっ!!(汗
 お…お…おねが……おね…♡」

ウソップ
「どうしたチョッパー!?」

ゾロ
「バケ猫!!立て!!斬ってやる!!」

ウソップ
「まーまーケガ人だからよ(汗」

そこにやって来るロー

ロー
「何の騒ぎだ?」

ルフィ
「あ!!トラ男~!!
 そいつら仲間か~!?」

ロー
「そうだ紹介しにきた
 ウチの船員(クルー)総勢20人だ!!」

ハート海賊団
「お見知り置きをォ!!麦わらァ!!」

全員でポーズを決めるクルーたち

ルフィ
「おう!」

ロー
「話があるんだ」

ルフィ
「んん」

顔見せが急に終わり驚くペポ達

ベポ
「終わり!?」

ハート海賊団
「ぞんざいっ!!おれらぞんざい!!
 キャプテーン!!」

ロー
「ただの【同盟】だ
 別に仲良くする必要もねェだろ」

ルフィ達がサンジの話をする

ロー
「【黒足屋】がビッグマムの所へ…!?」

ウソップ
「うん」

ロー
「何がどうなりゃそうなるんだ!!」

ルフィ
「だからよ!!
 おれが迎え行って来るから!

 ちょっと待っててくれよ!
 カイドウと戦うの!!」

横になっているネコマムシの上で
ルフィが話している

チョッパー
「しっかりしろー!!
 ネコマムシー!!」

ロー
「待つも何も…

 おれ達がカイドウに狙われるのは
 時間の問題だぞ!!

 しばらく身を隠せる筈だった
 この【ゾウ】も

 奴らに場所が割れちまってる」

ルフィ
「んー」

ロー
「次はおれ達が狙いだとしても!!
 また攻め込まれたら
 この国は一体どうなる!!!」

その時、話を聞いていたミンク達が
ローの話に号泣し始める

BB(ゴリラミンク)
「優しいな~!!うお~!!」

ミンク達
「ガルチュー!!
 ゆガラら本当に海賊かァー!?

 助けた上に気づかいまでありがとう!!
 あれ?ペコムズケガしたのか!?
 
 まいいか」

その声で目を覚ましたネコマムシ

ネコマムシ
「よーし宴ぜよ!!酒と肴を!!」

チョッパー
「何でだ、ネコマムシ~!!」

ルフィ
「のったァ!!」

その後、くじら森の移住区で
麦わら一味、ハート海賊団、ミンク族が
宴を夜更けまで行う

寝ているルフィ達の描写



【ブルック&ロビン&フランキー】

夜明け前、3人がゾウのお尻らへん、
クラウ都の門の前に立っている

ブルック
「私達、大人(アダルト)が
 しっかりしなきゃいけませんよ!!」

ロビン
「そうね、やっぱりこの国には…」

フランキー
「ああ…!!
 【侍】は入っちゃならねェ!!」

ブルック
「どの道捜し人の【雷ぞう】さんは
 いないんです!!
 入る意味もない…!!」

ロビン
「…しかもそれが原因で…
 千年続く都市が滅んだ!!」

フランキー
「恩人だ何だと感謝されても…

 実は仲間に侍がいるなんて
 口が裂けても言えねェな…!!

 もし…錦えもんたちがここを
 【落ち合い場所】にしてたとバレたら…

 さすがの陽気なミンク族も
 ブチキレるだろう

 今更あいつらと戦うなんざ
 ゴメンだぜ!!

 朝まで見張って錦えもんとカン十朗の
 入国を止めよう!!」



【翌朝】

錦えもんとカン十郎とバリエテが
頂上に到着する

錦えもん
「いや~…」

カン十郎
「いやいやいや…
 まだ薄暗い夜明け前か…」

錦えもん
「着いたでござる~っ!!」

カン十朗
「いかにも!!
 やっと着いたでござる~!!

 いやはや災難でござったが…
 まあよし」

カン十朗達の乗って来た虎の近くで
ぐっすり眠っているロビン達の姿

錦えもん
「心配しておるであろうな
 ルフィ殿達は!!

 悪い事をした!
 皆待ちわびておる筈!!」

カン十朗
「ご苦労だったな【虎三郎】
 絵に戻れ!」

錦えもん
「しかしエテ公、おぬし結局
 何も話してくれなんだな
 拙者ただ【雷ぞう】という武人が…」

バリエテ
「エテ!!…!!
 な…何も知らないのでごサル!!」

そう言って逃げ出すバリエテ

錦えもん
「あ!!おい待て!!どこへ行く!!」

カン十朗
「待てエテ公!!案内をしてくれー!!」

必死に泣きながら走るバリエテ

バリエテ
「ハァ…ハァ…大変でごサル!!
 【侍】でごサル!!早く報告を…!!
 【侍】でごサル!!」


ワンピース ネタバレ 第814話 "ネコマムシの旦那に会いに行こう"
ワンピース ネタバレ 第816話 "イヌvsネコ"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。