お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第826話 "0と4"

第826話 "0と4"

サニー号の前に現れたのは
ジェルマ66の船だった

ギョロッと船頭のかたつむりが
サニー号を見ている

その船の上にはサンジに
そっくりの人物…

サンジ似の男
「…」

ペコムズ
「…!!(汗」

ジェルマ66の船が通信してくる

通信
『なぜお前達がここにいる!?
 【麦わらの一味】!!』

一同
「…!!」

ナミ
「帆をたたんで!!ぶつかる!!」

サンジ似の男に部下達が話しかける

部下
「サンジ様がこの船で送迎の筈はなく…
 やはり行き違いになった様で」

サンジ似の男
「その様だな…」

サンジ似の男をサンジと
勘違いするナミ達
手を振るナミ

ナミ
「サンジ君!!」

キャロット
「サンジ─!!」

ブルック
「ヨホホ!!よかった!!
 こんなに早く会えるとは!!」

ペドロ
「何と幸運…」

チョッパー
「サンジー!!(涙目」

サンジ似の男
「…」

チョッパー
「おいサンジ!!大変なんだ!!

 ルフィが魚の毒に当たって
 死にそうだ!!

 その船に解毒剤はないか!!?」

サンジ似の男
「さっきから
 サンジ、サンジと…!!」

チョッパー
「え!?」

一同
「!!」

フードを脱ぐサンジ似の男

サンジ似の男
「人違いだ…!!
 似ていて当然だがな
 私の名は【ヨンジ】!!」

【ジェルマ66(ウインチグリーン)
 ヴィンスモーク・ヨンジ】

チョッパー
「サンジじゃなくてヨンジ!?
 顔そっくりで眉毛ぐるぐるなのに
 別人!?」

ヨンジ
「お前達のよく知るサンジとの
 関係性は秘中だが」

一同
(絶対弟だァー!!)

ナミ
「…弟もいたんだ…」

キャロット
「え!?何で弟だってわかったの!?」

ナミを見たヨンジ

ヨンジ
「ん!?ワーオ♡
 カワイ子さーん!!」

眼がハートになって飛び出るヨンジ

チョッパー
「お前やっぱりサンジだろ!!!」

ナミ
「…(汗」

部下達
「ヨンジ様……」

ヨンジ
「ああ、引き上げよう…
 ムダ足だった」

ヨンジがマントを翻し、
船の奥へと戻ろうとする

チョッパー
「待ってくれよサンジー!!」

ヨンジ
「ヨンジだ!!(怒」

ルフィ
「ゲホ!!オエ…」

チョッパー
「ああ!!ルフィ!!

 湿疹が広がってく!!
 抵抗力がなくなってく!!

 何て毒だ、ルフィ強い抗体を
 持ってる筈なのに…!!」

ルフィ
「アァ!!」

血を吐き震えるルフィ

ナミ
「本当に危ない…ルフィ!!
 ルフィしっかりして!!

 何よ魚の猛毒ぐらいで!!
 あんた海賊王になる男でしょ!?」

ルフィ
「ゲホ」

キャロット
「ルフィ!!死なないで~!!」

チョッパー
「おい頼むよ!!
 解毒剤くらい積んであるだろ!?

 ウチのは使い切ったのに…
 まだ効かなくて!!」

ブルック
「サンジさんの弟さんなら!!頼みます!!
 どうかルフィさんを助けて!!」

ヨンジ
「悪いな…私に人助けの趣味はない
 それとも薬を略奪してみるか?
 【海賊】らしくな…!!」

一同
「!?」

ナミ
「何あいつ!!(怒
 サンジ君とは似ても似つかないっ!!
 同じ女好きなのに!!」

キャロット
「ぜんぜん優しくないよ~う!!」

ペドロ
「戦(や)るなら命令を…!!」

剣に手をかけるペドロ

その時、ヨンジの背後から
声をかける人物


「ヨンジ」

ヨンジ
「!」


「ケチくさい事言ってんじゃないよ!!」

ヨンジ
「ぐおォ!!」

ヨンジが蹴り飛ばされ、
海に投げ出される

一同
「!!」

部下
「ヨンジ様~!!」

ナミ
「今度は誰!?」

ルフィ
「ウゥ…!!」ガクガク

苦しんでいるルフィ

ナミ
「ルフィ!!」

キャロット
「ルフィ!!」

チョッパー
「ルフィ~」

ヨンジを蹴り落とした人間が
サニー号へと飛び移る

部下
「あ!!【レイジュ】様っ!!」

キャロット
「!?侵入者!!何者だ!!」

キャロットがエレクトロを構える

レイジュ
「こんにちはごめんなさいね
 弟は人情の欠片もない
 人でなしなの!」

【ジェルマ66(ポイズンピンク)
 ヴィンスモーク・レイジュ】

チョッパー
「弟!?あいつの姉ちゃんか!?
 また眉毛ぐるぐるだ!!」

ブルック
「美しい~♡」

海から飛んで出てくるヨンジ

ヨンジ
「レイジュ~!!
 おのれよくも私に恥をかかせたな!!」

一同
「!!」

レイジュ
「お黙りっ!!
 恥知らずはどっちよ!!」

海中から飛び出したヨンジは
そのまま海の上に浮かんでいる

ブルック
「え…浮いてませんか!?
 あの人!!」

ペコムズ
「【ジェルマ】は科学戦闘部隊だ
 それこそがママの欲している力!!」

ブルック
「ペコムズさん…
 【ヴィンスモーク家】とは…

 …確か【王族】の名じゃ
 ありませんでしたか?

 大昔…【北の海(ノースブルー)】を
 武力で制圧した一族!!」

ヨンジ
「…!!」

ナミ
「えっ!?そんなにすごい家系なの!?」

ペコムズ
「そうさ、ある時代の【悪】の代名詞
 だから絵物語のモデルにもなった」

レイジュ
「あらガイコツさん歴史に詳しいのね」

ブルック
「長く生きてますので…
 死にましたけど…」てれっ

レイジュ
「でも過去の話じゃない
 今もまだ【王族】よ

 【ジェルマ】は国土を持たない国

 治める土地はないけど
 【世界会議(レヴェリー)】への
 参加も認められてるわ」

ブルック
「ああ…それは失礼!!
 ではパンツ見せていただいても
 よろしいでしょうか?」

ナミ
「やめろっ!!」ガンッ

船に戻ったヨンジ

ヨンジ
「フン…!!」

ルフィに近づくレイジュ
顔や体に湿疹ができているルフィ

レイジュ
「さてじゃあ…
 【いただいちゃおう】かしら♡」

一同
「!?」

レイジュ
「この症状は熱々海の
 【ヨロイオコゼ】食べちゃった?」

チョッパー
「え!?何でわかるんだ!?」

レイジュ
「この毒は効き方が特殊なのよ
 食いしん坊ね…♡
 普通、巨人族でも即死よ」

チョッパー
「えェ!?どうしよう!!
 おれは船医失格だァ!!
 うおおおん!!」

レイジュ
「だけどこの子運がいいわ
 だって私は…この毒が【大好物】♡
 いただきます♡」

ペロッと唇を舐めるレイジュ
レイジュがルフィの口を開くと、
覆いかぶさるように接吻をする

チョッパー
「え~おいおいおい!!
 そんな毒吸ったら
 お前が死んじゃうぞ~!!」

ブルック
「あ---───っ!!
 羨ましいっ!!チュ~♡♡
 私唇ないんですけど─!!」

ルフィの体の湿疹が
レイジュの頬に移っていく

チョッパー
「湿疹が移ってく!!」

ナミ
「え(赤面している」

キャロット
「わ─……!!」

ちゅーと吸ってごっくんと
毒を飲み込んでしまうレイジュ

レイジュ
「はぁ…」

チョッパー
「え~!?ルフィの湿疹が全部消えた!!
 お前が吸ったのか!?大丈夫か!?」

レイジュ
「ええ勿論…私は
 【ポイズンピンク】 …!!」

一同
「…?…?」

レイジュ
「…ごち♡」

ブルック
「ワーオ♡」

起き上がるルフィ

ルフィ
「ぶっはァ~!!」

一同
「!!」

ルフィ
「ゲホゲホ…!?
 ゼェ…!!ゼェ…!!」

ナミ
「ルフィ~!!」

チョッパー&きゃろっと
「ル”~~~~ブィ~~~ィ!!
 よかった---っ!!」

ルフィに抱きつくチョッパー、キャロット

ルフィ
「?」

チョッパー
「何ともないのか!?お前」

ルフィ
「あれ!?

 おれ魚食ってたら…
 寝ちまったかな!?

 皮がうめェの何のって!!
 まだあるか!?」

ナミ
「ないっ!!(怒」

ニコニコしているレイジュを見るルフィ

ルフィ
「ん?サンジ!?」

チョッパー
「女だぞ!!」

ルフィ
「本当だ!誰だ?」

ブルック
「ルフィさん
 あなたの命の恩人です!」

ルフィ
「え!?ありがとう!!…何が?」

レイジュ
「うふふ」

ヨンジ
「アレが【麦わらのルフィ】か…」

レイジュ
「弟が【今まで】お世話になったわね♡」

ルフィ
「へーっ!!お前サンジの姉ちゃんか!!」

レイジュ
「えぇ…小さい頃に生き別れたサンジを…
 父はずっと捜していたの…

 2年前にサンジらしき手配書が出回り

 父は【海軍本部】に彼を追わせたけど
 それはデュバルという別人だった」

ブルック
「あー…デュバルさんの件…!!
 サンジさんも怒ってましたね」

レイジュ
「最近になってからよ…
 【麦わらの一味】の復活騒動で

 やっと【黒足のサンジ】の姿を
 写真に収めたと政府から連絡が…

 父はすぐに懸賞金を上乗せして
 【DEAD OR ALIVE(生死問わず)】を
 【ONLY ALIVE(生け捕りのみ)】に
 変えさせたの」

ナミ
「それでサンジ君の手配書だけ
 少し変わってたんだ…!!」

ルフィ
「サンジは今どこにいるんだ!?」

レイジュ
「さァ…ビッグマムの所かしら…
 それとも父の所か…

 私たちも出迎えに来たんだけど
 行き違ったみたい♡」

ルフィ
「サンジの姉ちゃん!
 おれの恩人なのはありがとう」

レイジュ
「!」

ルフィ
「だけどサンジは返せよ!?
 あいつは俺の仲間だ!!」

真剣な顔のルフィ
変わらず微笑んだ表情のレイジュ

ヨンジ
「ホラみろ【敵】を助けちまった」

ペコムズを見るヨンジ

ヨンジ
「お前!ビッグ・マム海賊団の
 ペコムズだろう!?

 なぜ【麦わらの一味】と
 一緒にいる?」

ペコムズ
「こっちにゃこっちの都合があるんだ
 いちいちお前らに話す事はねェ!!
 ガオ!!

 まだおれとお前らの間には
 何の縁もねェんだからな!!」

レイジュ
「確かにそうね!!」

ルフィ
「わ!!」

サニー号からジェルマの船へと
飛び移っていくレイジュ

レイジュ
「ひとまずここでは
 何も見なかった事にするわ!」

ヨンジ
「そうだな、私たちが騒ぎを起こして
 兄の結婚が破談になっては事だ…
 お互いに慎重にいこう…!!」

ペコムズ
「それが利口だガオ!!」

ルフィ
「…」

レイジュ
「では…幸運を……♡」

去っていくレイジュ達

ナミの手配書を目にしているヨンジ
ハートの目玉が飛び出している

横でレイジュが呆れている



【サニー号の真下、海底】

槍をもったアラディンが
誰かに通信を入れている

アラディン
『ああ、間違いない…
 【麦わらのルフィ】も乗ってるよ
 どうする?ジンベエ…!!』


ワンピース ネタバレ 第825話 "世経の絵物語"
ワンピース ネタバレ 第827話 "トットランド"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。