スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第756話 "4段目"

第756話 "4段目"

ヴィオラ
(ファミリー幹部として
城に出入りしてた頃・・・

トンタッタ王国のマンシェリー姫が
捕らわれているなんて
聞いたことすらなかった・・・)

ヴィオラが千里眼の能力を使い
城中を千探し回る

ヴィオラ
(どこにいるの?探すのよ
私がここ数年覗いてない場所を・・・)

ウソップ
「おお、すげぇな・・・
ここからでも王宮の中が
見えるのか!?」

ヴァイオ
「ええ・・・
千里眼があたしの能力

どこにいてもあらゆる場所を
見渡せるのよ」

ウソップ
「サンジが欲しがりそうな能力だな!!」

その時、タンクの方から声がする

タンク
「誰だ貴様!!」

ウソップ
「!?」

タンクに捕まる錦えもん

錦えもん
「おお!! ウソップ殿!!」

ウソップ
「錦えもん!!」

ハック
「知り合いなのか・・・?」

ウソップ
「おお、まぁな・・・
にしても変な生き物連れてんな!」

錦えもんの傍らには絵の雀

錦えもん
「これは【抜け雀】でござる

まあ説明は後にして・・・
それより地表に戻った途端

人々が一斉にこちらに
向かっていたのだが

何事にござるか!!?」

ウソップ
「おいおい、やべえぞ!!
国中の人間が押し寄せてるぞ!!

山があったから何とか
あそこで足止めしてたのに・・・」

カン十朗
「恐るるに足らぬぞ天狗の人!!
防御用の網を張っておるのでな!」

ウソップ
「えぇ!!?
じゃその網を上れば
ここまで来ちまうじゃねえか!!

何余計な事してんだてめェ?!!
あいつらオレの首取りに来てんだぞ!!」

市民たち
「リク王とゴッド・ウソップが
この上にいるぞー!!

このロープ昇りにくいな!!」

網のロープを登ってくる市民たち

カン十朗
「ま・・・まさか・・・
意味なかったでござるか!?」

ウソップ
「もう目の前まで
来てるじゃねえか!!」

カン十朗
「恩を仇で返すとは・・・
こうなったら切腹するしかあるまい」

錦えもん
「待てい、カン十朗!!」

カン十朗
「待つでござる」

ウソップ
「うるせえ!
やっちまえ!!」

ここに来られたらどうすんだ!!
っていうかお前誰だ!!」

カン十朗
「これは申し遅れた
拙者名を侍のカン十朗と申す!」

その時、ヴィオラが言う

ヴァイオ
「見つけた!!
マンシェリー・・・
そこにいたのね!」

王宮に閉じ込められている
マンシェリー姫をみつける

そこは礼拝堂の裏にある
小さな部屋



【王宮~2段目上空~】

レベッカたちにヴィオラが連絡する

ヴァイオ
「レオ!? 見つけたわ!!
マンシェリー姫は王宮よ!!」

レオ
「見つけてくれたれすか
ヴィオラさま!!

さすがれすね!!
王宮のどこれすか!?」

ヴァイオ
「礼拝堂の裏の小部屋よ!
覚えてる?」

レオ
「おしおき部屋れすか?」

ヴァイオ
「そう、その場所よ!」

レオ
「スカーレット様を
思い出すれすね・・・」

ビー
「ああ・・・」

レベッカ
「・・・!!
私のお母さん!?」

レオ
「むかし王宮に出入りしてた時
ヴィオラ様とよく悪戯して
そこに捕まっていたんれす

リク王様がいつも怒鳴りつけて・・・
そしたらスカーレット様は

いつもこう言って
くれてたんれす・・・」



【回想】

おしおき部屋にいるヴィオラ、小人たち

スカーレットが入ってくる

スカーレット
「また怒られたの?
もう、あなた達ったら
学習しないんだから・・・」

ヴィオラ
「そうじゃないのお姉さま!
お皿を割ったのはレオよ!!」

レオ
「違うれす!!
ヴィオラ様が割っても
いいっていったんれすよ!!」

ヴィオラ
「触っていいって言っただけよ!」

スカーレット
「はいはい、あとで一緒に
謝りに行きましょうね

それとおやつ持ってきたわよ
お腹すいてない?」

林檎を取出すスカーレット

ヴィオラ&レオ達
「すいたーーっ!!」

【回想終了】



レオ
「ぼくらみんな・・・
スカーレットさまが大好きで・・・」

涙を流し話すレオ

レベッカ
「場所なら覚えてるわ!
ありがとう!」

レオ
「必ず助け出すれす!!」

ヴァイオ
「気を付けてレオ!
王宮はもう敵の拠点よ!!」

レオ
「了解れす!」



【王宮~3段目上空~】

ロビン
「レベッカ、今は3段目の上空?」

レベッカ
「そうですロビンさん
次が花畑です!!」

その時、下の方から
大量の爆弾が浮かんで来る

レベッカ
「えっ!?」

ロビン
「トリさん気を付けて!!」

バルトロメオはゾロの余韻にひたり
下から来る爆弾に気づいていない

バルトロメオ
(生の麦わら一味・・・
想像通りだったべー・・・)

バルトロメオ
「へ?」

ロビン
「下から何か来てるわ!!」

グラディウス
「破裂弾丸(パンクバーラ)!!」

バルトロメオ
「うわぁあ!!!」

爆弾で爆発し
落下するバルトロメオ

カブさん
「この力・・・ぱむぱむの実!!」

ロビン
「いけない!!
イエローカブビートルが・・・
ああ!!」

レベッカ
「ロビンさん!!」

ロビンも落下し始める
そこに、グラディウスの姿が!!

レベッカ
「グラディウス!!」

グラディウス
「こんな方法で
王宮に侵入しようとする
奴らがいたとはな!」

ロビン
「十輪咲き(ディエスフルール)!!」

グラディウス
「!!」

十輪咲きでグラディウスに巻きつき
動きを止めるロビン

ロビン
「レベッカ!!
必ず鍵をひまわり畑に届けて!!
私たちは大丈夫!!」

レベッカ
「ロビンさん!!!」



【王の台地】

ウソップ
「・・・?
まだ何か探してんのかヴィオラ?」

ヴィオラ
「王宮の三段目・・・
オモチャのような影が見えたような・・・

悪い予感がする・・・あ!!」

ウソップ
「なんだ!?」

ロビン
「やっぱり!!
シュガーが目覚めてる!!」

ウソップ
「え!!!?
おい! 何言ってんだ!!?

シュガーならこのオレ様
偉大なウソップ様が・・・

【ウルトラびっくりフェイス】で
倒したはずだぞ!!

2、3日は起きられねえはず・・・」

ヴィオラ
「麦わら達・・・
彼女の存在を知らないわよね!?

その能力も復活してるわ!!
麦わら達が危ない!!」

ウソップ
「えええええええ!!」



【王宮内】

ソーセージの乗った皿をもってきた
ファミリーモブが長鼻で驚くシュガー

シュガー
「きゃー!!!」

ファミリーモブ
「へ?」

シュガー
「鼻の長い奴は私のそばに来るな!!
鼻の長い奴はみんなしんで!!」

ファミリーモブ
「えええ!?

お腹が空いたかと思いまして
ソーセージを持ってきただけです

シュガーさま・・・」

シュガー
「そんな長いもの持ってこないで!!

代わりにグレープかお菓子を
持ってきなさいよ!!

なんて気が利かないの!!

あんたも頭割り人形になって
戦ってきなさい!!」

怒りながらそのモブを【頭割り人形】という
【骸骨兵士】のオモチャに変えてしまう

シュガー
「恥ずかしくて若様に
会わせる顔がないわ!!

こうなったら一人残らず
オモチャに変えてやるわ!!

まずはあの【長っ鼻】と・・・
その仲間の麦わら海賊団からよ!!」



【王宮~3段目~】

ルフィ達は【骸骨兵士】と戦っていた

キャベンディッシュ
「よけろ、ファラル!!!」

巨大な骸骨兵士のが
ファルルの頭に噛み付く

キャベンディッシュ
「!!」

ルフィ
「馬っ!!くそっ!!」

骸骨兵士がそのまま
メキメキとファルルを締め付ける

ルフィ
「ゴムゴムのJETピストル!!」

骸骨兵士の腹に大穴を空け倒し
ファルルを救うルフィ

骸骨兵士のアゴで頭を砕かれ
ファルルは瀕死の状態

キャベンディッシュ
「しっかりしろファルル!!

なんてアゴだ!!頭を砕かれた!!
ファルル死ぬな!!」

骸骨兵士は大穴を開けたまま
ムリクと立ち上がる

ルフィ
「なんだコイツ!!
穴開いてんのに立ち上がるぞ!!」

キャベンディッシュ
「おのれよくもファルルを!!
美剣・円卓(ラウンドテーブル)!!」

骸骨兵士の首を切り落とすキャベン

だが切り落とされた首を拾いくっつけ
再び襲ってくる骸骨兵士

ルフィ
「こいつら・・・不死身か!」

手錠が外れないので
役立たずのローは憤慨する

ロー
「くそ・・・
錠の鍵さえありゃ・・・!!
こんな奴らおれが・・・」

その時、上空から人が振ってくる

ルフィ
「え!?
何か空から落ちてくるぞ!!」

バルトロメが骸骨兵士の
頭に落下し、兵士を潰す

ルフィ
「わお!!」

地面に落ちるグラディウス
翼で舞い降りるロビン

バルト
「い・・・いてぇべ・・・
油断したべ・・・」

ルフィ
「トサカ頭!!
それにロビン!!」

ロビン
「ルフィ!?トラ男くん!!
あなた達ずっとここに!?」

バルトロメオ
(あ、あれは・・・
ル、ルフィ先輩だべええ!!!)

ロー
「ニコ屋!鍵はどこだ!!
よこしてくれ!!」

グラディウス
「レベッカが持っていったか・・・?」

ルフィ達
「!!」

グラディウス
「あの小娘・・・
どうせ王宮についても無駄だ!!

オレの名はグラディウス!!
名乗れ!!」

ロビン&バルトロメオが構える

ロビン
「ルフィ!!トラ男君!!
兵隊さんも!!早く行って!!

4段目のひまわり畑へ!!
レベッカが鍵を持って待ってる!!」

ルフィ
「!!」



【ひまわり畑】

レオ
「着いたれす!!」

レベッカ
「ロビンさんたちが
無事だといいけど・・・」

レオ
「大丈夫れすよ!!
ウソランドとその仲間たちは
すごく強いれすから!!」

レベッカ
「そうね・・・!!」

レオ
「僕たちは一刻も早くマンシェリ―姫を
助けに行かないといけないれす

レベッカ様!!」

レベッカ
「ええ、そうね」

レオ
「一人で大丈夫ですか!?」

レベッカ
「もちろんよ
ルーシーたちもすぐに来るわ!!
いいわ行って!」

レオ
「はいれす!!」

ビー
「レベッカ様、お気をつけて!!」

レベッカ
(きっと・・・父もどこかに)

ディアマンテ
「誰か来たな・・・?」

レベッカ
「!!」

ディアマンテ
「あぁーん・・・お前か」

レベッカ
「・・・!!」

レベッカの前に立つディアマンテ

立ちふさがる母の敵に
鼓動が速くなるレベッカ


ワンピース ネタバレ 第755話 "男の世界"
ワンピース ネタバレ 第757話 "切り札"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。