スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第773話 "ハーフ&ハーフ"

第773話 "ハーフ&ハーフ"

ハクバに驚愕するバルトロメオ

バルトロメオ
「あ・・・あいつ何だべ?
後はキャベツ野郎だども!
顔はまるで違う奴だべ!!」

ハクバの一撃で膝をつくデリンジャー
他のドフラモブたちも倒れている

バルトロメオ
「あのツノつきのクソガキも・・・
敵兵たちも皆やっちまいやがった・・・!!」

デリンジャー
「ぐっ!!」

血を吐きながら倒れるデリンジャー

グラディウス
「くそっ・・・デリンジャー!!」

バルトロメオが辺りを見回す

バルトロメオ
「この状況・・・・」

バルトロメオ
(これはコロシアムのDブロックで
起きたのと同じ状況だべ・・・

こいつの仕業だったんだべか・・・!!

あの服装はどう見ても
キャベンディッシュ・・・

だが顔はどう見ても別人ディッシュ!!
あれは一体・・・何ディッシュだべか!!)

ハクバが一瞬でバルトの目の前に移動する
バリア越しに剣で斬りつけてくる

バルトロメオ
「ぎゃあああ~!!
びっくりしたべ~!!
速くて見えねェ~!!

お前何考えてんだべ?
どうしちまった?
冗談も程々にしねェと・・・」

上に登っているロビンを見るキャベン

バルトロメオ
「うおい!!
今何をチラッと見たァ!!

バカなこと考えんでねェど!!?」

ハクバがロビンの方へ超スピードで向かう

バルトロメオ
「や~めーろー!!(怒」
ロビン先輩を狙うなァ~!!」

ロビン
「!!」

ハクバにゾクッとするロビン
凄い勢いでハクバがロビンに迫る

ロビンが能力でハクバを捕える

ロビン
「ムダよ・・・
私の前ではスピードは無力・・・

随分、人相が悪くなったわね
キャベツ君・・・何かご用?」

ハクバ
「・・・!!」

ロビン
「レベッカが心配で・・・
私、上へ急いでるの」

バルトロメオ
「うお~!!すげェ止めたァ~!
ドビン先輩ェ~!!」

バルトロメオ
(俺なんかがあんたを守ろうなんて
やっぱりおこがましかったんだべ~!!)

ハクバの様子がおかしくなる
キャベンの顔に戻っていく

キャベンディッシュ
「待て・・・ハクバ」

ロビン
「!?」

キャベンディッシュ
「お前の出現など・・・!!
僕は許可してないぞォ~!!

・・・ハァハァ、危ない!

すんまんニコ・ロビン
君を斬る所だった」

ロビン
「・・・今のが噂に聞くハクバね
夢遊病の・・・」

次の瞬間、ハクバの人格が出て来る
キャベンの言い争いが始まる

バルトロメオ
「まるで2人で喋ってる様だべ!!
2重人格なんだべか!!」

キャベン&ハクバ
「僕が!!オレガ!!僕が!!オレガ!!
オレダ!!僕だ!!オレダ!!僕だ!
オレだ!!僕ダ!!ぼレだ!!」

キャベンとハクバの顔が半分ずつになる

バルトロメオ
「ハーフ&ハーフ出てきたべェー!!」

キャベンがロビンに言う

キャベン
「もう大丈夫だから解放してくれ」

ロビン
「今のを見て信用しろというの!?」

その時、ロビンの背後の壁が膨らむ

ロビン
「!!」

グラディウス
「今のうちにカタをつけよう
消し飛べ・・・その壁と共に!!
五体満足でいられると思うな!!」

キャベンディッシュ
「壁ごとパンクさせる気だ!!
一旦下へ降りるべきだ!!」

ロビン
「ダメよ!その間に・・・
レベッカに何かあったら・・・」

バルトロメオがグラディウスに向かう

バルトロメオ
「ロビン先輩に手出しはさせないべ!!」

グラディウス
「いい判断だ、おれを倒せば・・・
壁の破裂は止められる・・・
【パンクヘア】!!」

グラディウスの飛ばした髪の毛が
バルトロメオに刺さり膝をつく

バルトロメオ
「・・・何だべシビレる!!」

グラディウス
「毒針だ」

グラディウスが体全体を膨らます

グラディウス
「おれは全身破裂人間・・・
おれを刺激すれば体ごと破裂し・・・

今お前を襲った何万倍もの
毒針が上にいる2人を貫く!!

・・・だがオレを倒さなければ
壁の破壊は止められねェ!!

どうする!?」

バルトロメオ
「どっちにしてもロビン先輩に
攻撃が及ぶでねェか!!」

優先順位を考えるバルトロメオ

バルトロメオ
(そう・・・ロビン先輩のお体!!
そうだべロビン先輩の隣には!!
死んで構わねェ奴がいるべ!!)

バルトロメオ
「おいキャベツ~!!

オレがこのハリネズミ仕留めっから
お前全身を楯にしてロビン先輩を
毒針から守るべよ?!!

おいキャベ・・・」

ハクバ
「黙レニワトリ!!」

バルトロメオ
「ヤベー方が出て来てるべ~!!」

もう一度どうするか悩むバルトロメオ

バルトロメオ
(そうだべ!!
針が飛ばねェ方法なら1つある!!

俺のバリアは一度に一枚!!
それが難点だが・・・構わねェっ!!)

バルトロメオが玉状のバリアを出す
グラディウスと自分ごとバリアに包み込む

バルトロメオ
「バリアボール!!」

バルトロメオ
(ロビン先輩!!
アンタを守れるなら迷いはねェ!!)」

バルトロメオが短剣を取り出し
グラディウスを突き刺す

バルトロメオ
「好きなだけ破裂しろー!!
ここは無敵のバリアの中だべ!!」

グラディウス
「コイツ・・・道連れの覚悟ありか
てめぇ・・・全身破裂(ファッションパンク)!!」

グラディウスが破裂し大爆発が起こる
その爆発をバリア内にとどめるバルト

重症を負うバルトロメオ

ロビン
「ニワトリくん!!」

バルトロメオ
(ザマァみろ・・・ハリネズミ・・・
これで壁の破裂も・・・)

だがグラディウスは立っていた
(フードが取れている坊主頭が出ている)

バルトロメオ
「!!」

グラディウス
「・・・残念だったなマヌケ野郎」

バルトロメオ
(ノド笛を刺したつもりが
肩だったべ・・・

丸っこくて確かに・・・
首も肩もつながってたが・・・畜生!!)

グラディウス
「俺の意識がある限り・・・
壁の破裂は止まらない

よく見ておけ!!
仲間達が消し飛ぶその瞬間を!!」

キャベンディッシュ
「ハクバは抑えた!!
僕はキャベンディッシュだ!!
だが半分だけハクバを残してる!!

ハクバの速度でキミを
ひまわり畑へ逃がス!!

それしかない!!この手を離せ!!
ぼくを信ジロ!!」

半面キャベン、半面ハクバの顔で
ロビンにそう言うキャベン

ロビン
(どっち!?)」

グラディウス
「パンクロックスーパーアリーナ!!」

大爆発が起こる

グラディウス
「・・・見ろ、2人共跡形もなく・・・」

だがそれは、超スピードのキャベンが
ロビンを上の段へ連れて行く姿

グラディウス
「!!」

剣を素手で掴み止めているキャベン

ハクバ
「ナゼ止メタ・・・!?
オマエノ体ダゾ・・・!!」

キャベンディッシュ
「・・・だったらたまには言うこと・・・
聞けよ・・・!!」

4段目に到達するロビンとキャバン
キャベンはそのまま眠りにつく

ロビン
「ハクバの剣を・・・
キャベツ君が止めてくれたのね?
・・・ややこしい人」

グラディウス
「バカな・・・!!
あの破裂から逃げるなんて・・・」

4段目に到達するロビン

呆気に取られ油断しているグラディウス
ひっそりと立ち上がるバルトロメオ

バルトロメオ
(ふがいねェ・・・)

グラディウスの背後から
バルトロメオがジャンプで近づく

グラディウス
「!!」

バルトロメオ
「オマージュ神拳!!
「【バリバリの銃(ピストル)】!!」

グラディウスを倒すバルトロメオ

バルトロメオ
(ルフィ先輩・・・実力・・・
まだまだ だども・・・

もっともっと強ぐなって
いづか本当にあんたのお役に立てる男に・・・
おれァなるべよォ~!!)」

バルトロメオ
「あんな面倒な野郎とは・・・
もう二度と組まねェべ!!」

寝ているキャベンの姿



【4段目~ヒマワリ畑~】

ディアマンテ
「ウハハハ!!
何だか下まで騒がしいな!!

こんな不安定な戦場じゃあ
片足どころか・・・
両足あってもズッコケちまうぜ・・・!!

なァレベッカ~!!」

レベッカを攻撃し続けるディアマンテ

キュロス
「よせ!!逃げろレベッカ!!
受けきれん!!」

レベッカ
「!!」

レベッカに攻撃が当たろうとした瞬間
ロビンが現れて、攻撃を受け流す

ロビン
「受け流す蝶の花 千紫万紅 胡蝶蘭
(ミルフルール コチョウラン)】」

レベッカ
「ロビンさん!!」

ディアマンテ
「なにっ!!」

ロビン
「あなたの任務は完了よレベッカ
鍵届けてくれてありがとう
後は私が守ってあげる!!」


ワンピース ネタバレ 第772話 "キャベツ&ロメオ"
ワンピース ネタバレ 第774話 "トンタッタ族戦士長レオ"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。