スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第797話 "レベッカ"

第797話 "レベッカ"

【回想】

ルフィが駆け出していく
それを見たゾロが叫ぶ

ゾロ
「ルフィ!!時間ねぇぞ!!?」
 用件なら急いですまして来い!!
 【東の港】で待つ!!」

ルフィ
「分かった!!」

ゾロが南の方に走りだす

バルトロメオ
「ゾロ先輩!!
 そっち南だべー!!

 そんなとこも
 カッコイイけどー!!」

ゾロ達の背後から
海兵達が追って来る

【回想終了】



【ドレスローザ中心街付近】

~海軍テント~

海兵を集めるバスティーユ

また電伝虫もテーブルに乗せ
海兵全体に指揮を出している

バスティーユ
「情報を全て集めるんだら!!
 お偉方は現場へ向かった!!

 俺が指揮を取る!!

 丘から逃げた海賊共は
 今どこだらァ!!」



【ゾロサイド】

バルトを先頭にゾロ達は
東の港を目指して走る
(転ぶウソップ)

バルトロオ
「こっちだべ皆~!!」



【バスティーユサイド】

海兵と通信するバスティーユ

海軍通信
「今おそらく
 東の港へ逃走中!!」

バスティーユ
「全ての港に見張り部隊を
 配備してある筈!!
 東の港へつなげ!!」



【東の港】

東の港では既に
アブドーラ、ジェット、イデオが
海兵達を倒していた

アブドーラが電伝虫を手に取る

ジェット
「はいこちら東の港の
 海軍見張り部隊!!
 ドーゾ!!」

アブドーラ
「異状ありませんドーゾ!!」

バスティーユ
「異状なし!?
 そんな筈ァねェだらァが!!
 海賊達が向かってるぞ!!」

アブドーラ
「いえいえもう加勢もいりません
 ドーゾ!!」

バスティーユ
「貴様…!!
 マリンコードと名前を言え!!」

ジェット
「はい?えー…と」

バスティーユ
「ダメだらァ!!
 東の港は乗っ取られとる!!
 追撃部隊を東へ!!」



【ゾロサイド】

ゾロ達がキャベン達と合流する

キャベン達はゾロを先に行かせて
自分達はその場で海兵と戦うつもり
(キャベン、ハイルディン、サイ、
 ベビー5、スレイマン、ブルーギリー)

キャベンディッシュ
「先を行け!!
 まっすぐ港へ!!」

ウソップ
「助かる!!」

サイ
「つまらねェ言葉をくれるな!!
 借りに次ぐ借り!!
 おれ達ァローン地獄やい!!」

やる気満々のキャベン達



【バスティーユサイド】

ゾロ達を追う海兵達が
連絡を入れる

海兵
「王宮にいる筈の罪人達が
 東の町跡に出現!!」

バステューユ
「じゃあ王宮はもぬけの殻か!?」



【王宮前~花畑~】

花畑まdふぇ来たルフィ
王宮に向かってレベッカの名を呼ぶ

ルフィ
「レベッカー!!
 どこだー!!」

海兵がその声に気付き
すぐさま本部に連絡を入れる

海兵
「こちら王宮前!!
 麦わらのルフィが現れました!!」

バスティーユ
「なぜそこに麦わらが!?
 逃がすな!!」

海兵
「はっ!!
 麦わらを捕えろ!!」



【レベッカサイド】

レベッカの耳に声が聞こえてくる

ルフィ
「レベッカ~!!」

その声に気付いたレベッカ

レベッカ
「え…?外で誰か…」

ルフィ
「レベッカー!!どこだー!!」

レベッカ
「私を呼んでる…?」

窓から地上に顔を覗かせる
ルフィに気付いたレベッカ

レベッカ
「あ!!ルーシー!!
 私はここだよー!!」

ルフィ
「いた!!」

メイド
「いけません、レベッカ様!!
 海賊と話など!!」

レベッカのいる所は城の頂上付近
ルフィとはかなりの距離がある

更にルフィの背後から海兵が迫る



【王宮~中庭~】

リク王とタンクが話している

リク王
「タンク…ヴィオラとレベッカを
 呼んで来てくれるか…街へ降りよう」

リク王
「タンクよ ヴィオラとレベッカを
 呼んで来てくれるか? 街へ向かう」

タンク
「はい!」

リク王
「リク王家の王座への復帰を
 国に宣言するのだ」

タンク
「はいすぐに!!
 この時をずっと待っておりました!!」

涙目のランク



【ルフィサイド】

ルフィがレベッカのいる窓まで
ゴムゴムでジャンプする

ルフィ
「レベッカー!!」

レベッカ
「ルーシー!!」

窓の鉄格子を掴むルフィ
兵達がレベッカを守ろうとする

メイド達
「海賊よー!!

 海賊だがこの国を救ってくれた
 大恩人だ!!

 それでも海賊だ!!
 どうにかして~!!」

そのまま話し始めるルフィとレベッカ

レベッカ
「ルーシー!!良かった!!
 私、お礼をちゃんと言いたく…」

ルフィ
「うっせー!!
 そんな事で来たんじゃねェ!!」

レベッカ
「!?」

ルフィ
「お前いいのかよ!?」

レベッカ
「え!?」

ルフィ
「兵隊の事!!」

レベッカ
「え…」

ルフィ
「もう会わねェ気だぞ!!」

レベッカ
「…!!

 ルーシー私…!!
 お手紙貰ったの

 兵隊さんが…一生懸命
 私を遠ざけようとしてるんだ…

 私を他人にしようとしてるんだ…!!」

以前コロシアム前で兵隊さんに言った
言葉を思い返すレベッカ

レベッカ
【何よ親でもないくせに!!
 あなたは片足のオモチャじゃない!!】

レベッカ
「どうして?…
 ひどい事言ったから…?

 私と暮らすのイヤなのかな…
 迷惑なのかな…!!」

ルフィ
「知るか!!
 そんなの自分で考えろ!!

 おれはもうこの国
 出なきゃいけねェんだ!!

 おれはこれでいいのか
 聞きに来ただけだ!!」

レベッカ
「やだよ!!
 いいわけないよ!!」

ルフィ
「じゃあ、来るか!?」

レベッカ
「うん!!行く!!」

兵士達
「レベッカ様!?」

そこへヴィオラが駆けつける

ヴィオラ
「レベッカ!!麦わら!!
 待ちなさいっ!!」

ヴィオラの両腕に手をやるレベッカ

レベッカ
「ヴィオラさんっ!!
 お願いがあるの!!」

ヴィオラ
「!?」

レベッカがヴィオラに
【何か】を頼む

次の瞬間、窓を破って
ルフィがレベッカを連れ去る

ルフィ
「行くぞ!!
 振り落とされんなよ!!」

レベッカ
「うん!!」

兵士
「逃げるぞー!!」



【リク王サイド】

リク王の元に側近が
ルフィの事を報告に来る

側近
「リク王様!!」

リク王
「どうした?」

側近
「レベッカ様が!!
 海賊に連さらわれました!!」

リク王
「何だと!?」

側近の肩を掴むリク王

リク王
「どこの海賊だ!!どんな海賊だ!?
 コロシアムの出場者か!?」

側近
「む、む、麦わらです!!
 麦わらのルフィです、陛下!!」

リク王
「!?」



【ドレスローザ街中】

ルフィがレベッカを
誘拐したという知らせが
ドレスローザを駆け巡る

国民達
「レベッカ様が王宮から
 さらわれたー!!

 犯人は麦わらのルフィ!!
 目的はきっと身代金だ!!

 え~っ!?」

知らせはギャッツの耳にも入る
驚きながら実況するギャッツ

ギャッツ
「まさか!!
 ルーシーがァ!?

 何て破天荒!!
 それでもおれはお前が好きだー!!」

国民たち
「何言ってるんだ!!
 ギャッツ!!」

メイナードが街で部隊を率いている

メイナード
「見ろ!!

 海賊なんてもんを信じて
 国内に置いとくからこうなる!!

 早急に麦わらを捕え
 レベッカ王女を救出せよ!!」

海兵
「了解しました!!」

ジャンプしているルフィ
海軍部隊が狙撃しようとする

メイナード
「来たぞ!!!
 狙撃部隊、撃ち落とせ!!」

海兵たちが銃を撃つが…
パススッ!!ポフン!!と
銃口からは弾が出ない

海兵
「えっ!?」

さらに瞬間、海兵たちが次々に倒れる

国民達
「キャア!!」

海兵
「うぐっ…」

国民たち
「わぁ!!海兵達が!!」



【海軍テント】

海兵が倒れという通信が入る

バスティーユ
「兵が倒れた!?覇王色か!?」

海兵
「いえ!!意識はある様で!!」

バスティーユ
「いずれにしても脱出港は東だらァ
 軍艦も回せ!!
 全隊を東のカルタへ向かわせろ!!」

海兵
「了解しました!!」



【ルフィサイド】

街の屋根の上を走るルフィ

ルフィがレベッカを背中に
キュロスの家へと急ぐ

海兵だけでなく、国民たちも
ルフィを目の方にする

国民たち
「ルーシーを捕まえろォー!!」

ルフィ
「レベッカ!!」

レベッカ
「え?」

ルフィ
「お前を丘の裏に置いて
 おれは囮になる!!

 後は自分で行け!!
 国中がお前を守ろうとしてる!!

 捕まったら王宮に
 連れ戻されるぞ!!」

レベッカ
「うんっ!!わかったありがとう!!
 ありがとう…!!ルーシー!!」

ルフィ
「ししし!!ああ!気にすんな!!」

国民達がルフィを捕まえようと
必死になっている

国民たち
「ルーシーを捕えろー!!
 レベッカ様を救え~!!

 やはり海賊は海賊だったんだ!!
 お前をヒーローだと思ってた!!

 もう海賊は信じないー!!」

国民帯が武器を手に取り
ルフィを探そうとする



【キュロスサイド】

身支度を終えたキュロス
物思いに老け始める

キュロス
「…」

キュロス
(スカーレット…
 私の役目は終わったよ

 キミの伴侶を偽った事
 許して欲しい…

 レベッカが幸せになる為なんだ

 王族であるがゆえ…
 逃げ回り罵倒された10年…

 だからこそ今度は…

 王族であるがゆえの
 幸せをつかんで欲しい

 私も…ここにはいられない…)

国を出ようと家を出るキュロス

キュロスが家の扉を開けると
目の前にはレベッカがいた

キュロス
「レベッカ!!」

レベッカ
「ハァ…ハァ…」

キュロス
「なぜ…!?」

レベッカ
「…ウソつかないでよ…!!」

キュロス
「…!!…ああ…手紙か…?
 ウソじゃない…

 本当に私は昔…
 ろくでもない男で…

 ケンカばかりして…
 どんな理由があろうと…

 事実…人を殺めた…
 だから…」

レベッカ
「私どっかの王子様の
 子なんかじゃないよ!!」

キュロス
「!?」

レベッカ
「そんな人知らない!!

 何百人…人を殺してても…
 手が真っ黒に汚れてても…

 私の父親は1人だよ!!
 私はキュロスの子だよ!!

 ウソつかないでよ…!!」

号泣しながら言うレベッカ
その言葉にキュロスも涙する

レベッカが兵隊さんの言葉を思い返す

兵隊さん
【キミがいつか幸せになれる日まで
 私はずっとそばにいる!】

レベッカ
「ちゃんとそばにいてよ!!
 兵隊さん!!」

レベッカがキュロスに抱きつく

キュロス
「私が…父親で…いいのか…?」

レベッカ
「うん、一緒に暮らそうよ!」

泣きながら微笑むレベッカ



【王宮】

ヴィオラがリク王の元へ。

ヴィオラ
「レベッカは王宮には戻らないわよ
 お父様」

リク王
「ヴィオラ…!!やはりか…」

ヴィオラ
「ええ…これは彼女の意志」

レベッカの言葉を思い返すヴィオラ

レベッカ
【ごめんヴィオラさんっ!!
 王女代わって!!】

ヴィオラ
「…こんなおかしなお願いされたの
 生涯2度目…!!」

それを聞いたリク王は
わっはっはと笑う

リク王
「そうか…血は争えんな…」



【森の町カルタ跡地~東の港入口~】

イデオ達と合流したバルト達

イデオ達
「ルフィはどこだ!?

 トラファルガー・ローも
 いないぞ!!

 こんな時にリーダー2人は
 何してやがんだ!?」

バルトロメオ
「おれ達にだって止められるモンと
 止められェモンが…!!ん?」

その時、瓦礫の向こうから
誰かがやってくる

重力を操り隕石に乗った
藤虎だった!!

バルトロメオ
「やべェ!!藤虎が来たァ!!
 ルフィ先輩急いでけろォ~!!」



【ルフィサイド】

東の港に走っているルフィ

ルフィ
「ハァ…ハァ…」


ワンピース ネタバレ 第796話 "兵隊さんの決意"
ワンピース ネタバレ 第798話 "ハート"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。