スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第798話 "ハート"

第798話 "ハート"

バスティーユが電伝虫で
海兵達に叫んでいる

バスティーユ
「おい!!【東の港】への
 援軍はどうしたんだらァ!!」

海兵通信
「はいっ、それが!!
 ほとんどの部隊が機能せず…!!」

バスティーユ
「!!」

海兵通信
「手持ちのライフルから
【弾】や【火薬】が消え!!
 
 剣・銃・戦斧(オノ)・
 槍・ナイフ!!

 武器という武器が
 消えてしまったのです!!」

海兵
「武器を探せ─!!」

海兵通信
「何者かに盗まれたとしか…!!」

その頃、大量の武器を山に
小人達はハイタッチを交わす

トンタッタ達
「えへへ」

海兵通信
「また港では軍艦同士がまるで
 縫いつけられたかの様に連結し
 出航がままならず!!」

海兵
「帆を降ろすな!!
 風で転覆するぞ!!」

 何で鉄と鉄が縫い合わされてんだ!?
 糸を切断しろォ!!

 ですがナイフがありません!!」

船におたおたしている海兵達
それを見下ろすレオ達

船を縛ったのはレオ達の仕業だった

そして突然倒れた海兵たちは
いまだに起き上がれず…

海兵通信
「かたや突如倒れた兵達は
 未だ動けず…」

バスティーユ
「何をしとるんだらァ貴様ら!!

 東の港に屯しとる
 各国の罪人達を!!

 みすみす逃がす気か!!
 何とかしろ!!」

海兵通信
「ぜ…善処します!!」



【海軍テント】

海兵通信に怒鳴っているバスティーユ

その背後では献ポポしている
マンシェリーとマウ爺

マンシェリー
「今日はこんなに治癒力を頂いて
 いいのれすか?マウジイ

 あまりいただきすぎると海兵さん達が
 動けなくなるのれすけど…」

マウジイ
「よいのれす!!
 許可はいただいております!!」

マウジイ
(キュロス様の)

マウジイ
「ジイめの言う通りに!!
 姫っ!!」

マンシェリー
「はいれす!
 では遠慮なくっ♪

 まだまだ重傷者が
 多いれすからね!」

海兵
「献ポポ中、悪いが
 兵が足りぬので」

マンシェリー
「あ♪もう少しれす♪」

海兵
「んーじゃ待とうかな」

海兵通信
「国の者達いわく!!
 この国で起きる不思議な事は…
 みな…妖精のしわざだと」

バスティーユ
「アホんだらァ何が妖精だァ!!」



【ルフィサイド】

東の港へ走っているルフィ
走っている方向から大きな爆発

ルフィ
「あっちが港だな!!
 ハァハァ…戦ってる!!」



【東の港~入り口~】

藤虎がバルト達に近づいてくる

バリアはバリアを貼る
バリアの後ろに並ぶ一同

バルトロメオ
「ルフィ先輩とトラファルガーが
 来るまで持ちこたえるっぺ!!」

一同
「おお!!」

サイ
「効くのかおめェのバリア」

バルトロメオ
「無敵でこそのバリアだげ!!」



【東の港~近く~】

ローはセンゴクが会っていた
(街で暴れていたゴリラが
 センゴクに懐いている様子)

センゴクがおかきを取り出す

センゴク
「おかきを…どうだ?」

ロー
「いらねェ早く話せ…」

センゴクがローに
コラソンの事を語る



【センゴク回想】

海軍本部でセンゴクが
ロシナンテと電伝虫で話している

センゴク
「珀鉛病の少年?
 白い町の生き残りか…」

コラソン
「この世の全てを
 恨んでます…!!」

センゴク
「…」

コラソン
「まるでガキの頃の
 兄を見ている様です」

センゴク
「かわいそうだが珀鉛病を治す
 手立てはない…

 あまり肩入れするな
 ボロが出るぞ」

コラソン
「…ええわかってます
 俺は兄を止める為にここにいる

 ドフラミンゴは凶暴な男です
 ドレスローザへは行かせない!!」

【回想終了】



【東の港~近く~】

センゴク
「ある日、海兵が1人…
 死んだんだ…」

ロー
「…」

センゴク
「そいつは私にとって
 特別な男だった

 ガキの頃に出会い…
 息子の様に想ってた…」

ロー
「…」

センゴク
「正直で人一倍の正義感を持ち…
 信頼のおける部下でもあった…

 だが生涯に一度だけ
 私にウソをついた…」



【センゴク回想】

~あの日のミニオン島の事件後~

センゴクが電伝虫で
ミニオン島からの報告を受ける

海兵通信
「ドンキホーテファミリー幹部の
 死体を発見しました

 コードネームは【コラソン】
 画像を送ります」

送られてきた画像はコラソン事…
ロシナンテの死亡した姿だった

センゴク
(ロシナンテ…
 なぜその島にいる…!!)

号泣するセンゴク

【回想終了】



センゴク
「私は…裏切られたんだ…
 しかし、理由があったはず…

 あの日の事件で
 消えたものは4つ…

 バレルズ海賊団、
 私の部下の命、
 オペオペの実、

 そして当時…
 ドンキホーテファミリーにいた…

 珀鉛病の少年」

ロー
「…ああ、おれだ」

センゴク
「…やはりか…

 ロシナンテが半年間任務から
 離れたのはお前の為か…?」

ロー
「ああ…病院を連れ回された…」

センゴク
「…それでオペオペの実に手を伸ばし、
 お前を生かす為にロシナンテは
 命を失ったんだな…!?」

ロー
「…」

センゴク
「あいつの死因を
 はっきり知りたいんだ!」

ロー
「あぁそうだ、本当は
 2人で逃げる筈だった!!

 おれはあの人から
 【命】も【心】も貰った!!

 大恩人だ!!

 だから彼に代わって
 ドフラミンゴを討つ為だけに
 生きてきた!!

 …だがこれがコラさんの望む
 【D】の生き方なのかわからねェ」

センゴク
「【D】!?」

センゴクの顔色が変わる

ロー
「麦わらと同じ様に…
 俺にもその隠し名がある…!!」

センゴク
「…!!」

ロー
「あんたは【D】 について
 何か知ってんじゃねェか?」

背を向けるセンゴク

センゴク
「…さァな…だが少なくとも
 ロシナンテは何も知らない筈だ…」

センゴク
(こいつもそうか…
 【D】 はいつも
 数奇な運命に満ちている)

センゴク
「…つまりその為にお前を
 助けたわけじゃない!!
 受けた愛に理由などつけるな!!」

ローがコラソンの言葉を思い出す

コラソン
【おいロー!! 愛してるぜ!!】

センゴク
「私がまだ現役ならお前を
 檻にブチ込んでゆっくり話したが…

 …ロシナンテの思い出を共有できる
 唯一の男が海賊のお前とはな…!!

 どうしても奴の為に何かしたいのなら
 互いにあいつを忘れずにいよう…

 それでいい…

 お前は自由に生きればいい…
 あいつならきっとそう言うだろう…」

ロー
「…!!」

その言葉に帽子を目深く被るロー

次の瞬間、ロー達の周囲の瓦礫が
上空へと飛んでいく

ロー
「なんだ!?」

センゴク
「これは…!!」



【街】

街でも瓦礫が上空が浮いていく

市民達
「瓦礫が!?」



【東の海~入口~】

驚いているバルト達

バルトロメオ
「大変だべ~!!
 そりゃねェべ~!?」

イデオ
「あの野郎…!!」

ブルーギリー
「あれを武器にするとはな!!」

チンジャオ
「ひやホホ、これは広範囲」

藤虎がドレスローザ中の瓦礫を
東の港の上空に集めていた

バルト達
「国中のガレキが東の港の上空に!!
 これが大将藤虎の能力!!?」

藤虎
「いやァ、どうせお邪魔でしょうから
 使わせていただきやすよ
 忌々しい海賊達の残した戦いの残骸」

その光景を見たおつる、
そしてバスティーユ達

電伝虫でバスティーユに
連絡をする、おつる

おつる
「バスティーユ中将…!?
 ……バスティーユ!!」

バスティーユ
「…え!?ああ…!!
 おつるさん!!…ハイ!!」

おつる
「…まだ援軍は必要かい?」

バスティーユ
「海軍全部隊へ!!
 東への援軍はもう不要だらァ!!

 東の港より撤退せよ!!
 イッショウさんの邪魔はするな!!」

その光景を見ているリク国、ヴィオラ、
キュロス達、トンタッタ達

ギャッツ
「これは一体何事なのか神の所業!?
 はたまた…新種の鳥なのか!?」

リク王
「まさかこれで…海賊達を
 討ち取ろうというのか!?」

ヴィオラ
「こんなの…誰も助からない…!!」

タンク
「麦わら…!!」

キュロス
「脱出作戦も台無しか…!!」

レベッカ
「ルーシー!!」

トンタッタ達
「ええええ~!!」

レオ
「驚いてる場合じゃないれす!!
 ウソランダーズの助けにならなきゃ!!」

東の港へ到着するロー

ロー
「おいお前ら、どこにいても同じだ!!
 船を出せ!!」

キャベンディッシュ
「キミらを待ってたんじゃないか!
 どこにいたトラファルガー・ロー!!」

サイ
「みんな船へ急げェ!!」

船へ駆け出すロー達
その時、ルフィが到着する

ウソップ
「来たぞ!!」

バルトロメオ
「おぉ!!
 ルフィセンパァ~イ!!

 急いでけろー!!
 一直線に船に飛び乗ってけろォ!!

 そこの藤トラに気ィつけて
 ビュンとかわして!!」

ルフィ
「かわす?」

ルフィは藤虎へと向かう

ルフィ
「おいトバクのおっさん!!
 おれがわかるかァ!?」

藤虎
「来やしたね、麦わらのォ…」

ルフィ
「殴るぞ~!!」

ルフィが藤虎に武装ギア3で
象銃(エレファントガン)を放つ

藤虎
「!?」

驚くバルト達

バルトロメオ&サイ
「ホえェ!?」

ルフィ
「いつか倒すじゃもうダメだ!!

 大将だからって何で
 逃げなきゃいけねェんだ!!

 そういうのは2年前で終わりだ!!

 海軍大将だろうが四皇だろうが!!
 全員ぶっ飛ばして行かなきゃ!!

 おれは!!
 海賊王にはなれねェんだ!!」

藤虎
「…」


ワンピース ネタバレ 第797話 "レベッカ"
ワンピース ネタバレ 第799話 "親と子"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。