お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第799話 "親と子"

第799話 "親と子"

瓦礫がなくなり更地になった東の港で
ルフィが藤虎にぶつかっていく

ルフィ
「蹴るぞー!!」

ルフィが藤虎に蹴りを入れる

ルフィ
「殴るぞー!!」

ルギが藤虎に拳を入れる

ルフィ
「蹴って殴る!!」

ギア2で攻撃をしていくルフィ

藤虎
「!!」

更にルフィが猛攻は加える

ルフィ
「突く!!頭ァ!!
 踏み潰す!!」

逆に反撃されるルフィ

ルフィ
「ぐわァ!!」

それを見て、驚愕するバルト達

バルトロメオ
「ギャー!!
 こんな時に何もマジに
 戦わなくても!!」

サイ
「加勢に行くか!?」

ゾロ
「ルフィの言い分は
 その通りだが

 何だ、さっきから
 妙な戦い方しやがって!!」

ルフィがいちいち声を出す事に
違和感を覚えるゾロ
(藤虎が盲目のため、声を出してる?)

藤虎がルフィに瓦礫を落としてくる

ルフィ
「わ!!!」

瓦礫を避けるルフィ

藤虎にぶつかっていくルフィ

ルフィ
「俺はもう逃げねェんだ!!
  ハァ…!!」

藤虎
「ええ、言うだけの力はある様だ…!!
 その意気はいいが…!!

 一体…!!何のマネですかい!?
 さっきから蹴るぞ殴るぞと!!

 同情ですか…!!

 あっしァ海軍本部大将!!
 みな怪物だと言いますよ!!

 今更憐れみなんざかけられたんじゃ
 たまらねェ…

 盲目が戦場にいちゃあ
 迷惑ですかね…

 あっしを怒らせてェんなら成功だ
 あっと言う間に首が飛びやすよ…!!」

ルフィ
「うるせェ!!

 おれは目の見えねェお前を
 無言でぶっ飛ばす事なんてできねェ!!

 おれおっさん嫌いじゃねェからな!!」

藤虎
「!?…!!」

次の瞬間、吹き出す藤虎

藤虎
「っぷーっ!!」

ルフィ
「何笑ってんだお前ェ!!
 蹴るぞォ!!」

だが次の瞬間、藤虎の顔が
笑顔から険しい表情に変わる藤虎

藤虎
「その情けが何の役に立ちやすか!!
 見損ないやしたよ!!

 そんな筋の通らねェ話があるか
 【重力刀(グラビとう)】!!」

ルフィ
「!!」

藤虎
「男の戦いにゃ立場ってもんが
 ありやしょう!!

 そう正直に同情やら好き嫌いを
 口にする奴がありやすか!!」

 【猛虎】!!」

藤虎が重力の乗った刀で
ルフィを海外の壁ごと
吹っ飛ばしていく

藤虎
「バカじゃねェですか…!?
 こっちも我慢して立場
 貫いてんでさァ!!」

吹っ飛ばされたルフィを
キャベンが指差す

キャベンディッシュ
「麦わらだ!!
 ハイルディン!!」

ハイルディン
「任せとけ!!
 よし捕まえた!!」

ルフィをキャッチするハイルディン

ルフィ
「ぐわー離せ巨人!!」

キャベンディッシュ
「そのまま船へ乗せろ!!」

ゾロがルフィの代わりに
藤虎と戦おうとする

ゾロ
「よしルフィ交代だ!!」

バルトロメオ
「違う違う!!
 ゾロ先輩やめてけろ!!

 こっちにゃこっちの
 都合があんだ!!」

ゾロ
「都合ォ!?」

バルトに止められるゾロ

ウソップがオオロンブスに言う

ウソップ
「おい港に船って一隻しか…」

オオロンブス
「よく見ろ!!
 こんな危なっかしい港に
 誰が船を泊める!!」

ウソップ
「え!?…あ!!
 よく見りゃ船が一列に並んでる!!」

オオロンブス
「そうだ皆の船は5キロ先の霧の中!!
 我がヨンタマリア大船団の連結橋で海を渡れ!!」

ルフィ
「おい!!
 まだおれは戦ってんだ!!」

一同
「もうやめてくれ!!
 頼むから!!」

ルフィを抱えたハイルディン、
そして一同が船へと走る

ルフィ
「おい離せ!!
 おれは戦うんだ」

ハイルディン
「今度にしろ!!
 今は用がある!!」

ルフィ達の方を見ている藤虎

藤虎
(…とうに手遅れでござんすよ
 麦わらのォ

 あっしにゃあ見えねェが…
 あんたの目には映ってる筈だ…

 逃げ場のねェ真っ黒い空…

 海へ出たら無限に降る瓦礫
 船は全部沈んじまうよ

 見えやせんか?

 万に一つあっしから逃げたとしても
 動き出す四皇、ジョーカーを
 消した事で狙われる命…!!

 そっから未来は地獄でしょう!?)

藤虎
「あんたこの目に
 同情してくれたけど…

 自業自得なんですよ…
 この目はねェ…

 自分で閉じちまったんだ

 見たくねェもんいっぱい見たから…
 さて…」

剣に手をかける藤虎

藤虎
(せめてあっしが地獄へ
 案内致しやしょう…)

その時、藤虎の背後から
国民達が走ってくる

国民達
「レベッカを返せ~!!
 ルーシー!!

 お前はヒーローじゃなかったのか
 ルーシー!!

 この国がどれだけあの娘を傷つけたか
 もうこれ以上不幸にするな!!」

藤虎
「ちょいとお待ちを国の皆さん!!
 この先には罪人達しかいねェハズだ…!!

 そこでお止まりなさい!!
 あっしがカタを…!!」

国民達
「どけ海軍!!
 お前達の世話にはならねェ!!

 おれ達の手で海賊共はふり払う!!
 覚悟しろルーシ~!!

 船を出せ沖まで追うぞ!!」

藤虎
「!?」

そう言う国民達の顔は
皆、笑顔だった

藤虎を通り過ぎて行く国民達

目が見えない藤虎には
彼らの顔が見えないが…

藤虎
「ん?」

藤虎
(感情に…怒りのかけらもねェ…!!)」

背後から来るの国民達に
気づいたアブドーラ&ジェット

アブドーラ&ジェット
「何だ!?後ろが騒がしい!!
 ドレスローザの民衆だ!!
 今更何を!?」

国民達
「待て~ルーシー!!」

その時、小さく話す国民達の声が
藤虎の耳に聞こえてくる

国民
「ねェ!!みんな!!

 レベッカなら丘の上の家にいたよ!!
 キュロス様と一緒に!!」

国民達
「何言ってんだ!?
 そんな事みんな知ってるよ!!」

藤虎
「?」

国民達
「キュロス様が身を引けば
 当然そうなる
 2人は本当の親子なんだから」

国民
「えェ!?」

国民達
「16年前から大人達は皆
 知ってんだ

 スカーレット様と3人、

 丘の上で幸せに暮らしてた一家の事は
 妖精の正体と同じく…

 暗黙のうちに見守ってきた」

国民
「……!?」

国民達
「そんな事より速く走れ!!
 この国の恩人達を逃がすんだ…!!」

藤虎
「…!!」

そしてルフィを追いかける国民達

国民達
「待ちやがれルーシー!!」

また小声で話す国民達

国民達
「おれ達がルーシーにまとわりつけば!!
 藤虎は空のガレキを落とせない!!」

ルフィに恩を感じる市民達が
総出で海賊達にまとわりつく

そんな国民達の姿を見た藤虎

藤虎
(バカ正直な麦わらのルフィ

 みんながお前さんを
 助けようとすんだね…!!

 あんた一体どんな人だい…?

 髪の色は?目の形は?
 どんな顔をしてんだい?

藤虎
「目ェ…閉じなきゃよかったな
 あんたの顔…見てみたい…」

藤虎
(優しい顔をしてんだろうね)

藤虎
「…さて困った
 この振り上げた武器…
 格好つかんな」

藤虎が刀を鞘におさめる



【バスティーユサイド】

上空の瓦礫を見ているバスティーユ

バスティーユ
「「何をしとんだらァ
 イッショウさんは!!」

海兵通信
「兵士たちは回復しましたが!!
 市民が港へ押し寄せています!!」

バスティーユ
「いつまでガレキを
 浮かせとる気だ!?」



【ルフィサイド】

5キロ先のヨンタマリア大船団、
主船【ヨンタマリア号】についた一同

その船のデカさは、巨人のハイルディンが
普通の人間サイズに見える程

バルトロメオ
「さ~見てけろーっ!!」

ルフィ
「おお、でけーっ!!」

バルトロメオ
「立派な艦だべ~!?

一同
「キミのじゃないだろ!!」

バルトロメオ
「おれの船は後で見せます、
 驚くべ~!!

 そんじゃ!!
 まずは全員乗ってけれ!!

 時間がないべ!!」



【船上】

ハイルディンがルフィに話しかける

ハイルディン
「麦わら!!

 おれには巨人傭兵の
 4人の仲間がいる

 そいつらと共にいずれ
 全巨人族を束ね…!!

 かつて世界を震撼させた
 巨兵海賊団を復活させてみせる!!」

ルフィ
「ん?へー!!そうか戦えば強敵だ!!
 じゃあまたどっかで会うかもな!!」

目を輝かせるウソップ

ウソップ
「巨兵海賊団!!

 ドリー&ブロギー師匠の
 栄光時代だぞ!!

 ルフィ~!!
 行きてェなーエルバフ!!」

オオロンブス
「我らヨンタマリア大船団は
 全56隻の大艦隊!!
 役に立てるハズだ」

ロビン
「役に?」

レオ
「ルフィランド!!
 トンタ長の許しが出ました!!!

 ぼくらもぜひ
 入れてほしいれす!!」

ルフィ
「入れる?」

イデオ
「堅気の大会じゃ敵はねェが
 海賊共をさしおいて
 チャンピオンは語れねェ」

ブルーギリー
「おれはイデオと手を組んで
 海に乗り出す事にした!!」」

アブドーラ&ジェット
「おい、おれ達も一緒だろ
 忘れんじゃねェ兄弟!!」

スレイマン
「おれはコイツ(キャベツ)の船に
 置いて貰う事にした」

キャベンディッシュ
「乗せてやるからには船長と呼べ

 そしてキミ(ルフィ)もぼくが
 先輩である事を忘れるな!!

 同調しようが1番人気は
 ぼくがいただく!!」

ルフィ
「?お前らみんな何言ってんだ?
 好きにやりゃいいだろ」

戦士たち
「いや~~それがおれら2日、
 王宮に寝泊まりしてるうちに、
 すっかり意気投合しちまって!!」

オオロンブス
「我から説明しよう
 なお順番はクジで決めた」

ルフィ達に説明するオオロンブス

オオロンブス
「1・まず美しき海賊団75名!!
 代表は船長ハクバの
 キャベンディッシュ!!

 2・次にバルトクラブ56名!!
 船長は人食いのバルトロメオ!!

 3・八宝水軍約1000名!!
 13代目棟梁、首領サイ!!

 4・XXXジム格闘連合4名、
 代表、破壊砲イデオ!!

 5・トンタッタ族トンタ兵団200名!!
 兵長、戦士レオ!!

 6・今はまだ5名、未来の巨兵海賊団
 船長ハイルディン!!

 7・そして我が!!
 ヨンタマリア大船団4300名の提督!!
 開拓冒険家オオロンブスなり!!」」

バルトロメオ
「…しめて5600人いる…!!
 ルフィ先輩!!

 その代表のおれたづ7人と!!
 【親子の盃】を交わしてけろ!」

ルフィ
「親子~!?」

バルトロメオ
「んだべ!!あんたが親分!!
 おれ達ァ子分!!

 どうかおれらを海賊
 【麦わらの一味】の!!
 【傘下】に加えてけろ!!」

ルフィ
「!?」


ワンピース ネタバレ 第798話 "ハート"
ワンピース ネタバレ 第800話 "子分盃"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。