スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第839話 "クソお世話になりました"

第839話 "クソお世話になりました"

【ジェルマ城】

イチジとニジが帰ってきて
食卓を囲むサンジ一家

ジャッジ
「ご苦労だったな、イチジ、ニジ

戦地ブロックコリーもまた
ドフラミンゴ政権衰滅の
犠牲者と言える

武器を調達できなくなった軍隊が
我々に【力】を求めた

弾圧の道を諦めて…」

レイジュ
「半端な優しさが犠牲者を増やす
いい例ね」

イチジ
「理由などはどうでもいい」

ニジ
「金を払えた方を勝たせてやる!!
それだけだ」

ヨンジ
「いっそどっちも潰してやれば
もっと稼げるのによ!!」

ジャッジ
「それでは海賊と同じだ」

サンジ
「…」

ジャッジ
「我々は【まだ】…【世界政府】に
属する加盟国である」

イチジ
「そういえば父上…近々
【世界会議(レヴェリー)】ですね」

ジャッジ
「…しかしながら…
今回からはさすがに

【世界会議(レヴェリー)】出席の
権利は剥奪されるだろう

皆、覚悟しておけ!!
そのかわりに得る力は絶大だ!!

【ジェルマ】は変わる!!」

背景にはジェルマを
象徴するモチーフ

ニジ
「こんなに父上を喜ばせる出来事は
そうそう起きねェ

まさかお前が【役に立つ】日が
来るとは…サンジ…!!」

サンジ
「…」

ニジ
「お前が消えた日は驚いたぜ
本当だ

俺達兄弟は時々いなくなった
お前の話をしたもんだ…

サンジはどこでどうやって
野垂れ死んでたら
一番面白いかってな!」

ヨンジ
「ぷ─っ!!アハハハハ…」

サンジはニジの言葉を無視して
ニジの皿を指さす

サンジ
「残ってるぞニジ、全部食えよ」

ニジ
「あァ?…コレか、残すんだ
食いたくねェ

さっきチョコをたらふく食ったし…
このイモみてェなソースがマズそうだ

ネバネバして気持ち悪い
ゴミ箱行きだな」

サンジ
「食え!!食料の貴重さも
料理の苦労も知らねェバカ王子」

ニジ
「バカァ!?てめェ…
サンジの分際でおれを侮辱し
命令すんのか…!?」

ニジが立ち上がる

ニジ
「料理長を呼べ!!
コゼットはいるか!?

あいつがマズそうな物
出したせいで弟に
気分を害された!!」

女性の料理長【コゼット】が
急いでやってくる

コゼット
「はい!!
申し訳ございません!!

ニジ様のお口に合わない物を
出してしまい…」

ニジ
「よし…そこを動くなコゼット」

ニジが皿を持ち上げると
コゼットの顔面に投げてくる

コゼット
「…!!」

コゼットの顔面にぶつかる寸前、
手で皿を受け止めるサンジ
料理は床に落ちていく

ニジ
「あ!?」

サンジ
「てめェどこまでクズだ!!
女(レディ)の顔に!!
キズを残す気か!!」

コゼット
「…!?」

驚いた表情で少し頬を染めるコゼット
皿を握るサンジの手に力が入る

ニジ
「レディ!?
ただの【メシ炊き女】を
庇うのか!?」

レイジュ
「まあ紳士」

床に落ちた料理を触わるサンジ

サンジ
「中身もこぼれちまった
これは【アリゴ】だ
ジャガイモとチーズを混ぜて作る」

コゼット
「!」

サンジ
「ジャガイモは体の免疫力を高め
血圧を安定させる、栄養価も高い」

ニジ
「!?」

料理を拾い始めるサンジ

コゼット
「サンジ様!!お片付けは私が!!」

サンジ
「お前らが偉いからか知らねェが
コンフィの肉も部位を厳選してある
朝から作るにゃ手の込んだメニューだ」

床に落ちた料理を口に入れるサンジ

コゼット
「あ!!いけませんサンジ様!!
王族が床に落ちた食べ物など!!」

ニジ
「おい!!正気かてめェ!!
汚ェな!!」

サンジ
「味付けも完璧だ」

サンジのその言葉に
ポロポロと嬉し涙を流すコゼット

ニジがサンジに蹴りかかって行く

ニジ
「どんだけ貧乏根性が染み付いてんだ!!
仮にもおれの弟を名乗るなら!!
みっともねェマネすんじゃねェよ!!」

ジャッジ
「よせ!!ニジ!!婚礼前だ!!」

サンジの顔面ギリギリで
足を止めるニジ

ニジの蹴りの風圧で
後ろのコゼットが倒れる

コゼット
「きゃあ!」

コゼットは起き上がると
その場から逃げるように去る

ニジ
「ヴィンスモークの恥晒しが…」

サンジ
「【それ】に所属する事が
俺にとっての恥なんだよ」

ニジ
「!!」

サンジ
「【食】に敬意を払えねェバカも!!
女に手を上げる男も!!

部下を人とも思わねェ
王族の驕りも!!

お前達の全てが
俺の思想に反する!!」

イチジ
「お前の言い分は
多数弱者の戯言だ
サンジ」

サンジ
「!」

イチジ
「昔からお前の言う事は
理解できなかった

王には王たる条理がある!!
不条理は貴様だ!!」

サンジ
「!!」

ジャッジ
「…まったくだ、間違いにも
拍車がかかっている

それはこの男の悪影響か?
サンジ」

ゼフの写真を取り出すジャッジ

サンジ
「!!?…え…!!(汗」

ジャッジ
「ビッグ・マムの情報力は
噂以上だ

2年前までコイツの店に
いたそうだな」

サンジ
「…(汗」

鼓動が大きくなるサンジ

ジャッジ
「海域も特定済み…
どうやらこれは最近の写真だな
海上レストラン【バラティエ】…!!

どうした?
顏色が悪くなってきたな」

背景にはジャッジに手枷と情報を
持ってきたタマゴ男爵の描写

タマゴ男爵
【麦わらの一味もサンジ当人も
どうやらこの結婚に
抵抗する気だボン

もしもの時の切り札に…
この『ブレスレット』と…

『弱点』を教えておくで
ソワール】

ジャッジ
「…まァ、お前が言う事を
聞かなかった最悪の場合だ…

【こいつの首が飛んでもいいのか!?】
などと脅しを使うのは…」

サンジ
「…!!(汗」

真っ青になっているサンジ
更に鼓動が速くなる

ジャッジ
「くれぐれもバカなマネはするな
我々の【機動力】も承知のハズ

何も抵抗せず仲間を諦め…
プリンとの結婚を受け入れろ

それで全てが丸く収まる」

サンジ
「…」

席を立った兄弟達が
サンジの横を通り過ぎていく

サンジがその場に立ち尽くし
ゼフとの思い出を思い返す



【回想】

無人島に漂着した際の
サンジ、ゼフの会話

サンジ
「俺はお前のこと
殺す気だったのに!!

お前なんかに優しくされる
覚えはねェぞ!!】

バラティエでの日々

サンジ
「すげーなクソジジイ!!
これが海上レストランか!!」

ゼフ
「これから忙しくなるぜ!!」

サンジ
「大丈夫さ!!俺がいるんだ!!」

綺麗な女性に見とれて
皿を落とし割るサンジ

ゼフ
「おい!!チビナス~!!」

厨房で怒られるサンジ

ゼフ
「遅い!!チビナスー!!」

サンジ
「遅くねぇクソジジイ~!!」

大人になったサンジが
ゼフに蹴られる

ゼフ
「また女かチビナス~~!!」

サンジ
「ぶへ!!」

ゼフ
「チビナス~~~!!」

そして別れの日

ゼフ
「おいサンジ、カゼひくなよ」

サンジ
「オーナー・ゼフ!!…長い間!!
くそお世話になりました!!」

【回想終了】



サンジ
「…」

ジャッジ
「‪明日‬は平和な挙式にしよう
ビッグ・マムとプリンとは
今日の昼食を共にと
城へ出向く準備をしろ」

サンジ
「…」

俯いているサンジ

部屋へと戻ろうと
廊下を歩いているサンジ

その時、ボロボロの人物を見つけ
大声を上げる

サンジ
「!!?誰か来てくれ!!
ドクターを呼べ!!

おいしっかりしろ!!
くそ!!あいつらおれのいねェ所で!!

この娘に一体何の罪があった!?
気を失う程女を殴ったのか…!?

こんな悪党(クズ)
今まで会った事がねェ!!」

ボロボロにされた人物は
コゼットだった
ギリッと歯を食いしばるサンジ

そこへヨンジが現れる

ヨンジ
「お前のせいだよ、サンジ」

サンジ
「!!ヨンジ…!!」

ヨンジ
「身分違いの女をつけ上がらせた

ニジに会いてェだろ?
勿論その犯人だからな

ついて来い会わせてやる」

サンジ
「ああ、望む所だ…!!」

サンジがヨンジについていく
施錠された厳重な扉の前に来る

サンジ
「!?ここは…」

ヨンジ
「興味あったろ?
ガキの頃は立入禁止だったもんな」

扉を開けて中に入るサンジ、ヨンジ

サンジ
「!!?」

研究者
「タイプ-MB 54人、MST 30人…
タイプ-MHは21人補充を」

サンジ
「何だ!!?コイツら…!!」

部屋の中には66の数字の入った
巨大な機械

巨大な機械には大量の
カプセルがついている

カプセルの中には液体が入っており
その中に入っている人物達

その人物達はジェルマ兵達だった


ワンピース ネタバレ 第838話 "チョニキ"
ワンピース ネタバレ 第840話 "鉄仮面"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。