お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第841話 "東の海へ"

第841話 "東の海へ"

ナレーション
「サンジ監禁6か月目」

トレイに乗せられた
豪華な食事を運ぶジェルマ兵
厨房の若い女性シェフ達が話す

女性シェフ
「あんな贅沢な食事を毎食…
一体どこへ?」

女性シェフ2
「さァ」

女性シェフ
「客間には誰も来ていないのに」

爺さんシェフが言う

爺さんシェフ
「詮索などするな
国王様の命令だ
言われた通り作ればいい」

女シェフ
「…はい」

だがすぐに話し出す女シェフ達

女シェフ2
「どこかの国の要人を
匿ってるとか」

女シェフ
「若い女を住ませているとか」

女シェフ2
「そうだ、地下から叫び声を
聞いたって話」

爺さんシェフ
「お前達!!」



【サンジサイド】

地下牢のサンジの所へ
豪華な食事が届けられる

サンジは食事の時だけは
鉄仮面の口の部分を外される

食事を食べているサンジが
外から聞こえる声に気付く

外の地上ではイチジ達が
戦闘訓練をしていた
兵士達を素手で薙ぎ倒すイチジ

研究者
「目紛るしい成長…
まさに超人達」

ジャッジ
「わははは!!見事だ!!
誇らしいぞ!!」

ニジ
「父上!!」

レイジュ
「お父様!!」

ジャッジ
「最愛の子達よ!!」

駆け寄ったイチジ達を
笑顔で抱きしめるジャッジ

サンジは食事をしながら
厨房で料理をしていた事を
思い出していた



【回想】

サンジが包丁で指を少し切る

サンジ
「いてー!!」

爺さんシェフが駆け寄る

爺さんシェフ
「大変だ!サンジ様!!
国王様よりあなたを
厨房に入れるなと…!!」

指を切ったりしながらも
グチャグチャの弁当を
完成させるサンジ

サンジ
「出来たぞ!!」

サンジがその弁当を持ち
雨が振る中、カッパと傘をさし
病棟へ向かおうとする

兵士
「お1人で行かれるので!?
病棟は最後尾!
遠いですし天候も…」

サンジ
「いける!!ついてくるな
お父さんにはいわないで…」

そう言いながら
ズルッと雨でこけるサンジ

雨足が強くなっていく
嵐がジェルマ王国を襲い
建物がギシギシとしなる

兵士達
「嵐が来るぞ!!家へ入れ!!」

弁当の匂いを嗅ぎつけた犬が
サンジに迫ってくる


「グルル…」

サンジ
「!!何だよ…
これはエサじゃないぞ!!」


「ワン!!ワン!!」

サンジ
「わー!!」

ボロボロになりながらも
病棟に辿り着いたサンジ
それを見つける侍女

侍女
「サ…さンジ様!?
まさかお一人で!?」

グチャグチャの弁当を
侍女に差し出すサンジ

侍女
「お気持ちは嬉しいですが…
もし王妃様がお腹でも壊したら

でも、もしかしたら
お味の方は…」

指で一舐めしてみた侍女が
ガクガクと震えて叫ぶ

侍女
「ああああ~!!」

サンジ
「えェ~っ!?」



【サンジ母の病室】

サンジが母親の病室を訪れる

母親
「来てくれたの!サンジ
バレたらお父様に
怒られちゃうわね…!!」

サンジ
「うん」

母親
「私の為に作ってくれたの?」

サンジ
「う…うん…」

サンジは照れてもじもじする
サンジ母の前には
別な綺麗な弁当が置いてある

母親
「エポニー!!」

エポニー(=先程の侍女)
「は…はい!!王妃様っ!!」

母親
「余計な事しないで!!
サンジが私に作ってくれたものを
持ってきて!!」

エポニー
「!!あ…その…ハイ…

…ですがアレはもう原型を
留めてなかったので…

ゴ…ゴミ箱に…!!」

グチャグチャのサンジの弁当を
サンジ母の前に置く
弁当を笑顔で見る母親

母親
「まあ素敵!卵焼きに…
…お魚とバナナかしら」

サンジ
「ごめん…!!お母さん!!
失敗したんだ…!!

途中で転んで…
落としたし潰れたし…!!
雨にもぬれたし…!!」

母親
「どれ…」

一口食べる母

サンジ
「あ」

母親
「ん~♡おいしいっ!!」

驚くエポニー

サンジ
「ホントー!?」

母親
「ええっ!」

弁当を全部食べるサンジ母

母親
「また…作ってくれる?」

だが次の描写では、
サンジ母の十字架の墓…

【回想終了】



サンジ
「…」

サンジが皿に乗ったパンを
料理のようにナイフで切り分ける

ある日、サンジが兵士に頼む

兵士
「料理の本と道具ですか?」

兵士が持ってきた本の中には…

サンジ
「オール…ブルー…?」

またある日、サンジの牢屋に
イチジ、ニジ、ヨンジが現れる

ヨンジ
「みろよ、やっぱりサンジだ」

イチジ
「ホントだ間違いねェ…!!」

イチジ達にへたり込むサンジ

ニジ
「生きてたのか!コイツ
父上はなんであんなウソを」

イチジ
「死んでほしいからだろ」

ヨンジ
「じゃあ本当に死んだら
父上は喜ぶかな…!!」

鍵を取り出すイチジ

サンジ
「…!!」

ヨンジ
「出来損ないだもんな!!」

イチジ達がサンジを
ボコボコにする

その様子を見ているレイジュが
呆れたように溜息をつく

イチジ達が去った後、
牢越しにレイジュが
サンジの手当てをする

レイジュ
「私を味方だなんて思わないでね!
巻き込まれるのはイヤ!!

サンジ
「…!!」

レイジュ
「あの3人こそお父様の理想の戦士
【かわいそう】とか【悲しい】とか
思う感情が【ない】のよ」

サンジ
「!?」

レイジュ
「体の【改造】は私も成功してるけど…
あいつらとはそこが違う」

サンジ
「…!!」

レイジュ
「そうだ、もうすぐ
【赤い土の大陸(レッドライン)】を
登るのよ

【東の海(イーストブルー)】で
いくつか戦争するみたい」

レッドラインの岸壁を登る
ジェルマのカタツムリ達

兵士
「【東の海(イーストブルー)】
へ向け移動を開始します!!
到着予定は3週間後」

東の海(イーストブルー)に
向かうジェルマ66

その間にもイチジ達が
サンジを痛めつけにくる

その度にサンジの傷の
手当てをするレイジュ



【東の海(イーストブルー)】

東の海(イーストブルー)まで
ジェルマ66がやって来た際、
敵にジェルマ66が発見される

敵達
「【ジェルマ66】です!!
実在したのか!!!」

砲撃してくる敵の船
兵士がジャッジの元へ報告に来る

兵士
「ジャッジ様!!
標的国コジアが我々に
気付きました!!」

ジャッジ
「根じ伏せろ!!」

ジェルマ兵達が船をねじ伏せ
敵国のコジアに上陸する

兵士
「上陸!!
コジアを攻め落とせー!!」



【サンジサイド】

ボコボコにされたサンジを
手当をしているレイジュ

サンジ
「レイジュ…!!
おれコックになりたいんだ」

レイジュ
「…!!
だから私に言わないでよ!!」

サンジ
「ここで…!!
【東の海(イーストブルー)】で
にげだせば…!!

もう2度とお父さんのかお…!!
見なくてすむよね!!」

ボロボロと涙を流すサンジ

レイジュ
「!!」

サンジを見たレイジュが
目に涙を浮かべる
そして鉄格子を掴む

レイジュ
「どいて」

レイジュが素手で
鉄格子をこじ開ける

サンジ
「!!」

レイジュ
「2度はないからね!!
ヘマしないでよ!!」

そう言ってレイジュは
すぐにその場を立ち去る

牢屋を抜け出したサンジは
ジャッジの広間へと移動する

壁には複数の鍵が
かけられている

その中から鉄仮面を外す
鍵を取ろうとするサンジ

その時、サンジの姿を
ジャッジが見つける

ジャッジ
「そこで何をしてる!!」

サンジ
「…!!」

ジャッジ
「…サンジか
なぜお前がここにいる」

サンジ
「俺はこの国を出ていくんだ!!
邪魔するな…!!」

ジャッジ
「…地下にいる間に
ずいぶん口が悪くなったな

お前の様な【ただの】ガキが
1人で生きて行ける様な
やわな海など無い!!

死ぬぞ?」

サンジ
「それが何だ!!
止めたってムダだぞ!!」

ナイフを構えるサンジ

ジャッジ
「助かるよ…」

サンジ
「…!?」

ジャッジ
「私も人の子なんだな…
こんな役立たずでも我が息子を
直接手にかける事はできなかった

自分の意志で消えてくれるか…
引き止めやしない…!!

鉄仮面のカギは
そのまま持って行け」

泣いて震え始めるサンジ

サンジ
「ふぅ…ウぐ…くぐ…」

ジャッジ
「ただ一つ…父として
私からの最後の頼みを
聞いてくれないかサンジ…!!」

サンジ
「…!?」

ジャッジ
「私がお前の父親である事は
絶対に人前では口に出さないでくれ…!!
誰にも知られたくない汚点なのだ…」

サンジ
「!!」

ジャッジ
「分かるよな?」

サンジ
「うおおゥ…!!おおお…
おおお~~~う…!!
うわああああ~ん!!」

泣き叫ぶサンジの声を
壁際で聞いていたレイジュ
レイジュも涙を流していた

港の兵士から通信が入る

兵士
『港の客船をどうします!?』

ジャッジ
『依頼には関係ない
ただ運の悪い船だ
放っておけ』

外に出たサンジ、レイジュ
放っておけといった船を見る

レイジュ
「【あの船】に乗りなさい!!」

サンジ
「えぐ」

レイジュ
「サンジ!!…男がいつまでも
泣くんじゃないの!!

いい!?
2度とここへ戻っちゃダメよ!!」

サンジ
「う”ん…!!」

レイジュ
「海は広い…いつか必ず
優しい人達に会えるから!!」

レイジュの目から涙が溢れる

レイジュ
「走れ!!振り返るな!!」

サンジ
「うわあああああ!!」

泣きながら走るサンジ

【回想~幼少期終了~】



サンジをボコボコにして
去っていくイチジ達

サンジ
「…」

ボロボロのサンジを手当てしようと
慌てて駆け寄る医師

そこにレイジュがやってくる

レイジュ
「どきなさい!!」

医師
「…レイジュ様
これからすぐに手当てを…」

レイジュ
「いいからどけっつってんのよ!!」

逃げていく医師達
サンジに近寄るレイジュ

レイジュ
「…まったくこれが今から
婚約者(フィアンセ)に
合わせる顔?

…働いてたレストランのオーナー
一人見捨てればそれで済んだ筈…!!

なぜ戻ったの?
2度と…思い出したくもない場所へ…
サンジ…」



【誘惑の森】

ナレーション
「ルフィvsクラッカー
戦闘開始より‪11時‬間」

ルフィ
「ゼェゼェ…ぶへ…
モ…もう腹いっぱいだよ!!」

丸々と太っっているルフィ


クラッカー
「誰が食えと言ったァ!!(怒」

ルフィ
「ビスケットは
食いもんだろうが!!」

クラッカー
「ハア…ハァ…

おれのビスケット兵を
食い散らしやがって!!

戦っては逃げ…!!
逃げては食い…!!

お前との戦闘は
もうウンザリだ!!」

キングバーム
「クラッカー様…!!」

ナミ
「ホントに無限なの!?
あいつのビスケット」

ルフィ
「でもあいつの体力には
限界が来る!!」

クラッカー
「【お前に】な!!
いいだろうパンクするまで食え!!

そしたら仲間にも
諦めがつくだろう」

ルフィ
「来てみろ!!
全部食ってやる!!

こんな所でおれは倒れねェ!!
サンジを連れて帰るんだ!!」


ワンピース ネタバレ 第840話 "鉄仮面"
ワンピース ネタバレ 第842話 "満腹の力"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。