お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

ワンピース ネタバレ 第856話 "ウソつき"

第856話 "ウソつき"

【鏡世界~ミロワールド~】

ナミ
「情報がないの!?鏡達~!!」

チョッパー
「ルフィも!?サンジも!?」

鏡達
「いないわよ?
 だいぶ前なら通ったがなァ」

キャロット
「サンジのお部屋にも!?」

鏡達
「代わりに変な奴が寝てるぜ」

ナミ
「城内じゃないなら
 心当たりがある…!!」

一同
「!?」

ナミ
「外だから鏡はないけど…
 今朝、ルフィとサンジ君が…
 戦った場所」

チョッパー
「え~っ!?
 ルフィとサンジが…!!
 ケンカしたのかァ!?」

号泣するチョッパー

ジンベエ
「サンジもヴィンスモーク家の立場上
 余程の理由でここへ来た筈じゃ

 そう簡単に連れ帰れは
 せんじゃろう…!!」

ナミ
「…」

ジンベエ
「しかし、連れ帰るなら急がねば…
 皆揃うてから話そうと思っとったが…

 実は明日、結婚式が開かれれば…
 ただの式じゃあ済まん」

一同
「え?」

ジンベエ
「お前さん達、
 ペコムズと一緒に
 ここへ来たな?」

チョッパー
「あ…ペコムズ!!
 無事なのか!?
 俺達はぐれちゃって!!」

ジンベエ
「まずは無事だと知らせておく…
 しかし奴はある陰謀に巻き込まれ
 サメ達のエサになる所じゃった
 わしらが気づかねば死んでいた…!!」

一同
「!?」

ペドロ
「…」



【スイートシティ】

雨が降り続けている
ザァアアアア…という音が響く


「ワン!!ワン!!」

町人達
「銃声…?さァ…雨が強いし…
 犬なら鳴いてる様だが」

ポタポタと血を流すボビンが
剣を杖にして歩いている

ボビン
「くそ…ハァ…ハァ…
 あいつら…」

視線の先には3人の人影

ボビンがそのまま力尽き、
街の広場に倒れてしまう

ボビン
「…」


「ワン!!ワン!!」



【6階バウム『客室』】

ヴィンスモーク家に
酒を飲ませていた女達だったが
酔い潰れて倒れている


「か…かいぶつなの?…
 あんたた…ひ…♡」

まだまだ平気な様子で
酒を飲むジャッジ達
樽で酒を飲んでいるヨンジ

ヨンジ
「情けねェな
 酒場の女が酒で潰れるなんて

 差し出すならあのサンジの仲間の
 女にして欲しかった」

ニジ
「わかるぜ、ナミって女だろ!!
 あの気の強さ、好みだ♡」

イチジ
「捕まってるらしい…
 明日【アレ】を貰えないか
 交渉してみよう」

樽の酒を飲み干すジャッジ

ジャッジ
「さて、酒は程々にしようか
 宴なら明日の夜だ!!

 【四皇】ビッグ・マムという
 バックを得て

 ジェルマが再び
 【北の海(ノースブルー)】の
 支配者となる

 明日こそ、その前祝いだ!!

 考えて見れば
 あの【出来損ない】も
 役に立った」

ヨンジ
「確かに!【生け贄】サンジで
 釣れた魚はでかい!!」

ニジ
「ジェルマの艦隊に
 ビッグ・マムの旗が踊れば
 敵も戦意を失う」

イチジ
「より強く海を制圧できそうだ
 サンジに感謝しよう」

一同
「はっはっは【出来損ない】に!!
 有益な【役立たず】に!!
 乾杯!!」

そんなヴィンスモーク家の様子を、
酒樽や壁のホーミーズが見ている



【ヴィンスモーク家~客室前~】

ジャッジ達の部屋の前には
たくさんの兵達が警備している

ジャッジ達
「わははは…」

外までジャッジ達の声が聞こえる
兵がモンドールと電話する

モンドール
『明日の茶会まで
 ヴィンスモーク家の者は
 誰にも接触させるな』

兵士
『了解、3階…長女レイジュ様のいる
 医療室にも兵は配備済みです

 ヴィンスモーク家はもはや…
 運命の時を…待つばかり…』

モンドール
『余計な事言ってんじゃねェ!
 バーカ』



ビッグマムは偽ブルックを
掴んだまま熟睡中

ジャッジも眠りにつく

3階の医療室のレイジュは
座りながら窓の外を眺める

レイジュ
「…」



【町の外れ】

ルフィの原がぐぎゅるるるるっと
鳴り続けている

サンジ
「…」

サンジがルフィに近付く

その時、しわしわのルフィが
サンジの弁当の匂いに気付き
鼻をひくひくっと動かす

ルフィがパチッと目を開けて
目の前のサンジを見る

ルフィ
「あ…ハンジ」

目をそらしているサンジ

サンジ
「おれは待ってろとは
 言ってねェ…」

サンジの脳裏にルフィとの
朝の喧嘩した場面が浮かぶ

サンジ
【早く消えろ!!
 おれの視界から!!】

ルフィ
【断る!!】

笑うルフィの側に
弁当を置くサンジ

サンジ
「食えるもんなら…食え…」

ルフィ
「!?メヒ…」

篭から弁当箱を
取り出すルフィ

ルフィ
「…え…(汗」

弁当を開けてみると
グチャグチャの状態

サンジ
「途中落としたし…
 潰れたし…雨にも濡れた…
 ひどい出来損ないだろ…」

骨付き肉を手に取るルフィ
持っただけでボロ…と崩れる

ルフィ
「…」

サンジ
「…」

ルフィがばぐばぐと食べ始める
サンジは少し離れた所に座って
ルフィに背を向けている

ルフィ
「…!!ん~うんめェ~!!」

サンジ
「!!」

ルフィ
「最高だこりゃ!!
 うめ”ェ!!」

どんどん弁当を食べるルフィ

サンジ
「…」

ルフィ
「これおれ達の…好物が…
 全部入ってんな!!
 うんめ!!んめェ~!!」

サンジ
「…ウソつけ」

全部食べ終えたルフィ

ルフィ
「は~うまかった!!
 乾涸びるとこだった!!」

サンジ
「…食ったら帰れ…!!」

ルフィ
「!?何言ってんだ!!
 一緒に帰ろう!!」

ルフィに背を向けたまま、
人差し指を立てるサンジ

サンジ
「1つ…!!

 遥々迎えに来てくれた
 己の船の船長を

 おれは侮辱し、無抵抗のお前を
 力の限り傷つけた!!

 だからおれは
 今更お前の船には戻れない」

ルフィ
「…!!」

サンジ
「2つ!!

 大恩あるクソジジイ及び
 おれが育った故郷…!!

 海上レストラン【バラティエ】を
 もしもの時の人質に取られてる

 だからおれは【結婚式】から
 逃げるわけにいかない!!

 3つ…!!

 血のつながった悪の家族が
 ビッグ・マムにハメられた!!

 数時間後全員が殺される!!

 何の恩もない、
恨みしかねェクズ共だが…

 …おれはあいつらを
 見捨てて逃げる事が
 できない…!!」

ルフィ
「…」

サンジ
「以上、3つの理由で…!!
 おれはお前らと…
 一緒には帰れない!!」

ルフィ
「…」

サンジ
「理解したら…消えてくれ…」

ムカッ…としたルフィが
サンジの正面に行く

そしてサンジの顔面を
思いっきりぶん殴る

サンジ
「!!」

勢い良く吹っ飛ばされて
瓦礫に突っ込むサンジ

サンジ
「ゲホ…ハァ…ハァ…」

ルフィがサンジの前に立つ
サンジが鋭い目でルフィを見る

ルフィ
「本心を言えよ!!」

サンジ
「!?」

ルフィ
「ハァ ハァ」

サンジの脳裏にルフィ達との
楽しかった冒険が思い浮かんで来る

ルフィ
【サンジ~!メシ~】

ゾロ
【早く作れ!!てめェ】

サンジ
【盗み食いした奴は誰だァー!!】

口いっぱいに詰め込んで逃げる
ウソップ、ルフィ、チョッパー

フランキー
【ぎゃはははは!!】

そしてジャッジ、ビッグマムの
顔も浮かんでくるサンジ

サンジ
「…ルフィ、おれァ…!!

 サニー号に…
 帰り”たい”…!!」

ボロボロと涙をこぼすサンジ

ルフィ
「!!」

サンジ
「…だがどうしても
 逃げ出す勇気がねェ…!!

 式が始まったら
 もうおれ一人じゃ
 何も止められねェのに…!!

 家族だとも思わねェあの【クズ共】を
 おれは助けたいと考えてる!!

 ウウ…!!!」

ルフィ
「…うん!!」

サンジ
「!?」

ルフィ
「…だって!それがお前だろ!!」

サンジ
「!!」

ルフィ
「おれ達がいる!!
 式をブッ壊そう!!」

サンジ
「!?」


ワンピース ネタバレ 第855話 "ぐぎゅるるる!!"
ワンピース ネタバレ 第857話 "ルーク"
最新ネタバレ  
« next  ホーム  prev »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。